« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

数字の上でだけ増やしても・・・

授業時間数と言うのは不思議なものだ。
1時間分の50分を毎日10分ずつとっても一週間で1時間分増えると認定される。
朝、学校で10分間朝読書をすればそれも授業時間にカウントされたりもする。

かつてはどちらも授業時間になんかカウントされなかったし、読書は宿題にこそなれ中学で読書の授業の時間なんかなかった。


asahi.com:中学授業も週1コマ増、総合学習は減 学習指導要領案 - 教育.

 文部科学省は31日、学習指導要領改訂に向けて中学校の教育課程の枠組み素案を中央教育審議会(文科相の諮問機関)の中学校部会に提示した。国語、社会、数学、理科、外国語、保健体育について授業時間の増加を求める一方、「総合的な学習の時間」(総合学習)は減らす内容。この結果、各学年とも週1コマ(50分)程度増える。また、選択教科を減らし、カリキュラムの共通性を高める。

(中略)
 素案では、中学校の各教科について、(1)国語は3年を中心に授業時間を増やす(2)社会科は近現代を中心とした歴史や法に関する学習や宗教指導の充実のため、3年を中心に増やす(3)数学はつまずき、嫌いになる生徒を出さないよう丁寧に指導するため1、2年を中心に増やす(4)理科は学年が進むにつれて学習が深化するため2、3年を中心に増やす(5)外国語は文法指導や習得すべき語彙(ごい)数を充実するため、全学年で増やす(6)保健体育は3学年を通じて増やす――としている。これらの合計で週2コマ程度増やす方針だ。

 一方、各学年で必修となっている総合学習は、「考える力」の育成が他の教科でも充実できるとして、各学年で週1コマ相当減らす。選択教科も減らし、必修を充実させる。

 この増減の結果、合計で週1コマ程度増える計算になる。週5日制を変えずに、これを達成するためには小学校と同様、週の授業時間の純粋増に加え、早朝や放課後に読書活動やドリル学習をして授業時間に算入することや、長期休業の短縮が考えられるとしており、具体的には教育委員会や学校の裁量にゆだねる。

6つのことをやって週2こま増やすって・・・・単純に計算すれば、一週間に100分の時間を使って6つのことをやるのだからひとつあたり17分程度?

一体全体どういう割り振りをするんだろう?
ドリルにしても読書にしても授業時間に入れると言うのは単なる名目上の時間数の増加のような気もするのだが・・・・

まあ、長期休暇の短縮であればそういう問題は起こりえないけれど、この夏のように暑いときにクーラーのない教室で勉強と言うのもなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産科不足

救急車に乗った妊婦の方が受け入れ先の病院を探しているうちに交通事故にあったりして結局流産してしまった事件で、余力があったにもかかわらず受け入れを拒否することになってしまった病院を問題視するよりも

奈良・妊婦搬送中流産:4病院、産科医足りず--受け入れ不可能9施設中-医療:MSN毎日インタラクティブ.

 奈良県橿原市の妊婦(38)が大阪府高槻市の病院へ搬送中に救急車内で流産した問題で、受け入れを不可能とした9施設のうち、4病院が当時、わずかな人数の産科医で分娩(ぶんべん)などに追われている状況だったことが29日、毎日新聞の調べで分かった。全国的に問題とされている産科医療の体制不備には、分娩の取り扱いをやめたり、制限する産科が相次ぎ、分娩を続ける病院に負担が集中しているという実態が背景にあることが改めて浮き彫りになった。

こっちのほうがずっと大きな問題だし、この状況は奈良に限ったことではない。
産科だけでなく、小児科も同じような状況にある。

誰だって負担が耐え切れなくなればやめてしまうだろう。
それが病院の産婦人科や小児科だってない袖は振れないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年代を測る

夏休みの終わりにもう一度歴博へ。

前回行った時にも見た企画展「弥生はいつから」をもう一度。

弥生がどこからなのかは前回見て分かったような気がするけれど、なんとなく消化不良・・・・
図録(と言うのかどうか分からないけれど)があるのでそれを見るとかなり雰囲気が違うような気もしてずっと気になっていた。

えっと・・・「バーチャル土器回し」もやってみたかったし・・・∥xx;∥☆\(--メ)

確かに前回行ったときには歴博にしては人も多く、じっくりと考える余裕はなかったような気がするので今回は夏休みの終わりの平日に。

歴博に入るとまっしぐらに企画展へ。
さすがに空いている。

前回は人だかりがしていてほとんど見なかった入り口のところに大きな屋久杉の断面。
この屋久杉の年輪を利用して時代測定をすることができる
企画展示室入口~第1部「プロローグ」.

屋久島(鹿児島県)の屋久杉年輪デスク(森林総合研究所)です。とても大きいですね。これらの樹木の年輪から「標準パターン」を作り、年代不明の木材の年輪と照らし合わせて年代を測定します。

この屋久杉がじっくりと眺めていると1500年近くも生きてきたその歴史の長さに感動を覚える。
年輪も素直にバームクーヘンのように丸くなっているのではなく、傷があったりずれていたり、波打っていたり。
一つ一つの年輪の幅はごく狭くて数えるのもすごく大変そうに見える。
この狭い年輪の一つ一つに一年が閉じ込められているのだ。

年輪の一つ一つの中に閉じ込められている環境変動を測って指標にしていくらしい。
だからこの一本の屋久杉では1500年しか測れないけれど、その情報を元にいくつもの木の年輪を積み重ねて正確な年代を測定していくのだと言う。

そのために使われた木は杉とヒノキ。

年代の分かっているものを使って分かっていない木材の環境情報を比べることで年代を出すといった方法じゃないかとCosは理解したのだが、その積み重ねで紀元前500年ぐらいまでがわかるようになったという。

年輪による年代測定のコーナーでは「樹皮直下」の年代と言う言葉が使われている。
樹皮があればその年まではその木は生きていたのだからそれによって年代が決められるわけだ。

そして前回も見てきたC14による年代測定。
有機物が地上の大気中で生きている間はそのときの大気中のC14と同じだけれど、活動をやめるとそこからは5730年の半減期にしたがって減っていく事を利用している。

C14による年代測定には有機物が必要だから、測定技術の進歩によって土器についたすすから年代を測定する。

このC14による年代測定と年輪による年代測定の両方から弥生時代の年代を測定したのだ。

建築物に使われた木、煮炊きに使われたすすのついた土器、
どちらもそんなところに年代を判定することができるものが隠れているなんてかつては誰も思わなかったことだろう。

まるで推理小説みたいに「見えているもの」は変わらないけれど「読み取れるもの」が時代とともに変化していく・・・・

歴史というよりも考古学のおもしろさにつながるのかもしれない。

で、楽しみにしていた「バーチャル土器回し」・・・
画面上を指でドラッグすることで土器を回すことができるのだが、正四面体の問題などで遊んでいるCosの関心は当然・・・
・どんな画像を組み合わせているか
・指をどう動かすと土器はどう動くか
・画像と画像の境目はどうしているか
なんていうところにあって・・・・どう見ても立体としての土器を回すことには関心がなかったような気がする(爆)

あぁ・・・画像と画像を切り替えるとき以外のドラッグに対応する動きはどうやっているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.30

安心できる環境を・・・

産科や小児科の病院が減っていること、救急でなかなか受け入れてもらえないことを何度か書いてきたけれど、

asahi.com:11病院拒否 搬送3時間 奈良の女性流産 - 社会.

 お産の医療現場で悲劇は繰り返された。29日朝、陣痛を訴える奈良県橿原市の妊婦(38)が相次いで病院に受け入れを拒まれ、途中で交通事故にも遭った末に流産した。同県内では昨夏にも受け入れを拒まれた妊婦が死亡したばかり。行政が産科医療の受け入れシステムを主導していたが、機能しなかった。関係者は「一刻も早く解消を」と訴えた。

本当に病院が満床で受け入れられなかったのかと言うとそうではなかった。

もちろん病院を非難すれば済むことではないし、今の医療のシステムがそうなっていると言うことであって、病院の努力で解決する問題でもない。

医師、特に小児科医や産婦人科医の過労や夜勤の多さについても問題にされているくらいだから、どんな状態でも受け入れて行けるような余裕のある病院なんてほとんどないに違いない。

■拒否2病院、空きベッド

 消防は県のインターネットシステムも使って受け入れ産科を調べたが、県内の医療機関はいずれも「不可」だった。

 このうち、大阪府和泉市の府立母子保健総合医療センターは高度医療を行う「総合周産期母子医療センター」で、一般救急は原則として受け入れていない。このため、深夜に電話交換を受託している業者の職員が「紹介型病院なので、一般救急は受けていない」と答えた。

 しかし、当時、同センターには空き病床があった。牧野幸雄・事務局次長は「救急搬送を受け入れるかどうかは最終的には当直医の判断。消防側からどうしても、と強く言われて電話をつなげば、受け入れられた可能性もある」と話した。

 奈良県には、救急が一般の救急患者の受け入れ先を探すシステムと、医療機関がハイリスクの妊婦を別の医療機関に搬送する「周産期医療システム」がある。「周産期医療」では、県立医大などが窓口となって受け入れ先を探すため、比較的受け入れ先が見つかりやすい。だが今回は、医師からではなく、救急からの通報だったため、「ハイリスク」患者と認識されず、消防が単独で受け入れ先を探すことになった。

 一方、最初に受け入れを求められた奈良県立医大病院の産婦人科にも、空きベッドがあった。別の妊婦の診察中だった当直医が「後にしてほしい」と答えたのを、事務担当者が受け入れ拒否と受け止め、救急隊に回答したという。

拒否をした11病院のうち、実は空きベットがあった病院が2箇所あった。

病院のシステムに非があるのかもしれないけれど、救急を受け入れるかどうかを決めているのは事務職員なのだ。

個別の対応ができる立場ではなく、フォーマットがあればそのフォーマットにしたがって答えるしかない。
おそらく今回の責任を追及されるのだろうと思うと一方的に非難できる状況ではないような気がする。

そして、11病院のうち9病院は受け入れることが本当にできなかったのかもしれない。
「救急」病院になっているはずなのに・・・

そういう余裕のなさが続く限り、子どもを生むことがリスクにつながるような状況は続くのだろうな。

それでなくても、子どもを生むことが社会での生活にいろいろな不便をももたらす。子どもがいないときと同じように行動はできなくなる。

子どもを生むことが不便とリスクを招くのなら、生まない選択も必然かもしれない。

それでも子どもを生む人たちがたくさんいるのはそうした不便とリスクを補って余りあるものが子どもの存在にあると考えたり感じたりしていると言うこともあるのだろう。

子どもを生むことがマイナス要因になる社会なのか・・・・

せめて物理的な安全は確保して欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.29

異業種交流

Cosの周囲には熱心に異業種交流の会をやっている人たちが結構いる。

普段の生活は学校だけだから他のところを知らずに狭い世界の中だけで生活を送ることになるのだが、かつて、生活のすべてが直接身の回りに限られていた時代と違って、今は家の中にいても世界とつながることができるようになっている。

Cosも自分の机に向かいながらそうした世界(と言うほどは広くないけど)につながっていて、身近な世界ではとても接するチャンスがないような方たちといろいろな話をさせていただいている。
本当にCosと話してくださる方たちは千差万別。
エリートサラリーマンもいれば、同業者もいれば、主婦もいれば主夫もいる・・・

同じ一つのものを見てもその見方は人によってさまざまで固定概念にとらわれない見方を経験させてもらうこともできるのが本当におもしろい。

そのおもしろさが仕事によっては自分の仕事につながっていく・・・と言うよりも本来の異業種交流はそういう意味合いもあるはずなのだが・・・

そんな異業種交流の中から生まれた商品がこれ。

asahi.com:アイスにかける醤油が人気 カラメル風味に - 暮らし.

 猛暑は一段落したもののまだまだ残暑が続く中、岐阜市の老舗(しにせ)しょうゆ醸造会社が売り出した「アイスクリームにかける醤油(しょうゆ)」が人気を広げている。アイスの種類やかける量によって様々な味が楽しめ、消費者から「トーストにも合う」などの声も。1月に発売後、気温の上昇とともに売れ行きは伸び、今月下旬に累計5000本を超えた。

 アイスにかける醤油は、手のひらに収まる70ミリリットルの小型瓶で350円。バニラアイスに控えめにかけると、カラメルのような風味。たっぷり染み込ませると、みたらし団子のような味がする。

(中略)

 「しょうゆを主役に」と山川社長が思いついたのが、しょうゆ味アイスだった。異業種交流の会合で、「乳製品としょうゆは意外に相性がいい」と聞いたのがヒントになって思いついた。

こういう違う発想から見ることは(仕事に結びつくかどうかは別としても)本当におもしろい。
Cosの場合にはそれがお金につながることはなさそうだけど・・・・

いろいろな仕事があって、いろいろな立場があって、それぞれの見方を語り合う時間の楽しさは何物にも変えがたいものがある。

そうした付き合いをしてくださっている大勢の方に感謝m∥_ _∥m

それにしても・・・・
「しょうゆ味のアイスクリーム」たべたい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名誉毀損の横行?

 今はいろいろな映像をだれでもが簡単にweb上で見せることができる。

「だれでも」ということは他社の権利を尊重しない人ももちろんできるわけだからこういうことがあとを絶たないのは当然かもしれない。


担任教師の映像をネットに投稿したフィンランド少年有罪に | Reuters .

担任教師の映像を米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)傘下の動画サイト「ユーチューブ」に投稿したフィンランドの少年(15)に対し、当地の裁判所は24日、損害賠償として800ユーロ(約13万円)、罰金90ユーロを支払うよう命じた。

 この少年は、担任教師が5月に学校のパーティーで歌っていた様子を撮影し、この映像に英語で「精神病院でのカラオケ」という説明を付けてユーチューブに投稿。この教師は少年を相手取り、名誉棄損による損害賠償2000ユーロを求める訴えを起こしていた。

フィンランドでさえ、名誉毀損による訴訟を起こさなければならないわけだし、気がつかなかったらそのまま流れっぱなしになってしまう。

映像をアップするのは10分もあればできるけれど、訴訟を起こして・・・となるとどれだけ簡略化されていたとしてもそこにかかる時間や手間を考えるとたまったものではない。

だからといって内容で許可をするということになるとそれはそれでまた問題だし・・・

これからはこういうこととも折り合っていかないといけないし、以前問題になっていたようにいじめのひとつの形態としてwebの利用も進んでいくんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.28

いずれ主流になるのかな?

 たぶん、生徒が驚くような派手な実験のほうが生徒にとってはおもしろいのだろうけれど、小さな実験のほうがどう見てもやりやすいだろうな。


マイクロスケール実験:小さな実験、広げよう 教育現場で手軽に-科学:MSN毎日インタラクティブ.

 化学の実験を、小さな装置でなるべく少ない試薬を使って実施する「マイクロスケール実験」が教育現場で広がり始めている。実験で出る廃棄物の量を大幅に減らせ、有害物質を扱う実験でも、量がわずかなため危険が少ない。日本化学会も実験手法を開発したり理科教師向け研修会を開くなど、普及に乗り出した。

そういう実験の仕方であれば、特別な実験用の教室ではなく、普通の教室の授業の中でできるかもしれない。
目を離すと何をするか分からないような生徒がいても、目を離さずに実験ができるかもしれない。

どういう実験をするのか見たことがないのでなんともいえないけれど、(Cosのところでは)ほとんど実験をしない授業が自由に実験ができる授業に変わるのなら、いいなぁ・・・

って、Cosが実験するわけじゃないけど、実験は好きなんだ\∥^O^∥/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲の向こうで・・・

このところずっと暑くて雨が降らなかったのに今日になって土砂降り。

皆既月食は雲の上の星空で・・・・
まぁ、人生なんてそんなものさ・・・

涼しくなるのはうれしいんだけどさ・・・・

と思うけれど、一応・・・

2000年の月食のときの写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海 わた 綿・・・?

昨日ふと気になったのが「わだつみ」と言う言葉。
子どものころから、「きけわだつみのこえ」という本があるのは知っていたし、全部は読んでいないけれど先の戦争中に死んでいった若い人たちの残していった言葉としていくつかは読んだこともある。

が、ここに出てくる「わだつみ」と言う言葉はいったいなんだろうと気になって一緒にいた人に尋ねてみると辞書を引いてくれて、
「海神、綿津見 うみのかみさま」と言うことが分かったのだが、それ以上のことは(辞書を引かないと分からなかったくらいだから、辞書に出ていないことは当然分からないのだから)分からなかった。

で、家に帰ってから(当然)Wikipediaを調べたら

ワタツミ - Wikipedia.

「ワタ」は海の古語、「ツ」は「の」、「ミ」は神霊の意であるので、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味になる。また、海の別名としても用いられる。

イザナギが黄泉から帰って禊をした時に、ソコツワタツミ(底津綿津見神)、ナカツワタツミ(中津綿津見神)、ウワツワタツミ(上津綿津見神)の三神が生まれ、この三神を総称して綿津見神と呼んでいる。元々は一柱の神であったのを上中下の三神に分けたものと考えられている。綿津見神の子のウツシヒカナサク(宇都志日金析命)が阿曇連の祖神であると記している。

なのだそうだ。

海といっても底の海、中の海、上の海と分けることができるのだから大海原全体を指す言葉ではなく、何か特別な意味のある海なんじゃないかという気がするけれど、「わた」と言う言葉がどこから出てきたのか、他(万葉集にはあるのだが同じ意味かどうかは分からない)ではどんなところに使われているのかは分からない。

万葉集にあるのは柿本人麻呂の

楽浪の 志賀の大わだ 淀むとも 昔の人に またも逢はめやも(『万葉集』巻一-三一)

この「志賀の大わだ」は
志賀海神社 - Wikipedia.

志賀海神社(しかうみじんじゃ)は、福岡県福岡市東区志賀島の南側に位置する神社。龍の都とも呼ばれ、表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)・仲津綿津見神(なかつわたつみのかみ)・底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)の三柱を祀る。全国の綿津見神社の総本宮である。代々阿曇氏が祭祀を司る。

と関係がありそうだし、おなじ「海神神社」として出てくる兵庫の海神社 - Wikipediaの項には

海神三座[1](伊弉諾命の子) 上津綿津見神(うわつわたつみのかみ):海上=航海の神 中津綿津見神(なかつわたつみのかみ):海中=魚(漁業)の神 底津綿津見神(そこつわたつみのかみ):海底=海藻、塩の神

と言う解説もあった。

大伴家持の


わが行きは 久にはあらじ 夢のわだ 瀬にはならずて 淵にしあらなも

も関係があるのかもしれない。

今はおそらく使われていない「わた わだ」・・・・どんな海なんだろう?どうしてそういわれるんだろう?


なんていうことを疑問に思ったりするのはしばらく前に読んだ

日本の神話・伝説を読む―声から文字へ
4004310784佐佐木 隆

岩波書店 2007-06
売り上げランキング : 97335

おすすめ平均star
star新鮮で目を洗われるよう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の影響だろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.27

Google Earth Sky

やっと時間ができてGoogle Earth Skyを楽しむ余裕ができた。
縛り付けられていた地面から離れて宇宙にいけるのはとてもうれしいのだが・・・・・
細かい説明文が英語・・・_| ̄|●

英語が多少は読めないことはないけれど、たくさんの文章を読もうとするとかなり大変だし、意味もかなりいい加減にしか分からないのが悔しい。

もうちょっと英語が読めるといいのになぁ・・・
(そういえばハリーポッターもまだぜんぜん進んでないし・・・∥>_<∥ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えやすいのに効果がない?

習熟度別にすると対象となった生徒たちのレベルがそろってくるから教えやすくなる。
個人的にはレベルがそろうことが必ずしもいいとは思っていないけれど、きめ細かな指導はできるだろうなと思うのだが・・・

asahi.com:習熟度分けても英語成績伸びず 和歌山の県立高校 - 教育.

 理解の度合いに応じて生徒をグループ分けする「習熟度別授業」を英語の教科に導入したが、いずれのグループも成績の伸びはみられなかった――。卒業生のほぼ全員が大学に進学するという和歌山県立高校の教諭が、全教などが主催する教研集会でこんな報告をした。

 全国模試の平均偏差値でみると、03年度は上位、下位とも大きな変化はなかった。04年度は7、11、1月の3回受け、上位が「48.7→48.0→47.7」、下位が「46.1→44.5→45.6」と推移し、やはり目立った伸びはみられなかった。

成績がちょっと目には下がっているようにも見えるけれど、こればかりは誤差の範囲かもしれないからなんともいえないのだが・・・・

2クラス80人を3つに分けて上位2クラスと下位1クラス(20人)としたと言うのだが、単純に考えてもそれまで2人で指導していたのを3人に増やして効果が出ないと言うことはどういうことなのか・・・

これは、生徒の人数を減らして授業をしても必ずしも効果があるとは限らないと言うことにつながらないだろうか?

人数を減らしたのになぜ効果が出なかったのかの検証も大事だろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実践演習 プラレール

個人的にはプラレールよりもLEGOの汽車セットの方がすきなのだが・・・・

asahi.com:新幹線の安全、プラレールで訓練 「状況把握しやすい」 - 社会.

 最新技術を乗せて超高速で走る新幹線。その安全を守るためにJR東海が実施している訓練で、対象年齢3歳以上の鉄道おもちゃ「プラレール」が使われている。安上がりで、全体状況を把握しながら効果的な訓練ができる。なにより、「なごめる」と乗務員にも好評だ。

模型を使ってシュミレーションをすること自体は珍しくもおもしろくもないんだけど、「プラレール」と聞いた瞬間にほのぼのとするのは、子どもが小さいときに遊んでいたからかもしれない。

この訓練を受けている人たちはやっぱり鉄道がすきなんだろうから、きっと子どものころに遊んだに違いない。

一生プラレールとともに歩むのもいいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験料補助・・・目的は?

大学を受験するときの受験料は決して安いものではない。
親としても子どもが受けたいところを全部受けさせてやろうとするととんでもない金額がかかることに驚く。

それを考えると学校による受験料補助と言うのはすごくありがたいことだし、学校側としてもいわゆるいい学校に受かれば合格実績を上げることができる。

asahi.com:受験料補助、新たに8校で計56校に 私立高・本社調査 - 社会.

 補助制度の是非について択一式で聞いたところ、全体の約63%にあたる232校は否定的だったが、首都圏、関西の計49校が「制度は問題ないが、方法に問題があった」を選択、35校は「私学経営上やむを得ない」と答えた。

学校の合格実績を上げるためだけに受験料を負担する・・・というよりも合格実績のためだけに受験させることが問題なのでは?
受験料の問題ではないような気がするのはCosだけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.26

理解の仕方

このところよく分かってないことを使おうとして悪戦苦闘を続けていた。
理屈としては分かっているつもりだったのだが、いざ実際に使ってみようとして実は分かってないことに気がついてしまったのだ。

「点AをOBの周りにθだけ回転した点P」を与えるコマンドがGRAPESの3Dタイプ(今のところ試作品)のものにあるのだが、使ってみるまではどういうことなのか分かっているつもりでいたのだが、実際に使ってみるといったい点Pがどこに行くのかほとんど分かってないのだ_| ̄|●
どこへ行くのか、予想を立てるのだが、それがこっちの思うようなところには行かないのだ。

Gomi2

(具体的にはGQの周りに30度回転させるとG(重心)を外接球の中心とする正四面体ABCDはどう移動するかを考えるのだが・・・
紙に書いて考えると大体分かるけれど、どういう風に動くのかのかさっぱり分からなかったのだ・・・
_| ̄|● )

(こたえは「続きを読む」から・・・)


まあ、それが分かるようになるまでには試行錯誤でいろいろとやってみてやっと「わかった」状態にはなったのだが、その分かったことを言葉に表すと最初とかわらない。

理屈が分かっていたことが感覚的にも理解できたと言うことなのかなぁ・・・

「わかった」と言うけれど、やらせてみるとぜんぜんできない生徒の理解の仕方が少し「感覚的に」分かったかも。

続きを読む "理解の仕方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊の脅威

つい最近、アフリカに旅行に行った友達の「虫除け装備」をみて持っていく種類と量の多さに驚いた。

しかも、野外であったときにはしっかり腰に携帯用の電気蚊取り器(っていうのか?)を下げていたので、みんなで笑ったりしていたのだが、それが笑い事じゃなくなるかもしれない。

asahi.com: 西ナイル熱、日本の蚊も媒介力 ウイルス実験で確認 - サイエンス.

 西ナイル熱は、ウエストナイルウイルスに感染した野鳥の血を吸った蚊が、人間や馬などの哺乳類を刺すことで広がる。

(中略)

 同チームは「日本にウイルスが入れば、野外で日本の蚊が鳥類から哺乳類へ媒介させてしまう可能性が示された」と分析している。

 米国では昨年、4000人以上が西ナイル熱を発症、177人が死亡。99年にニューヨークで流行したときはパニックも起きた。日本国内での感染例はないが、05年、米ロサンゼルスで蚊に刺されて感染したとみられる川崎市の男性が発症している。

そういう危険がもうすぐそこまで近づいている。
完全に防御するのはどう考えても難しいだろうし・・・

そういえば、庭に出るたびに一箇所か二箇所刺されてかえってくることを思うとCosも外に出るときには十分防護したほうがいいかもしれない・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の夜の楽しみ

夜更かしをしなくても、月が出たときから始まっていると言う皆既月食


asahi.com: 28日に皆既月食 全国で観察6年半ぶり - サイエンス.

 月が完全に地球の影に入る「皆既食」は午後6時52分から午後8時23分まで。この間、月は真っ黒になるような気もするが、そうはならず赤黒く見える。太陽の光が、地球の大気で屈折・散乱してわずかに月を照らすためで、月食ごとに変化することが知られている。

 国立天文台によると、早い時間帯から観察する場合、東から南東が開けていて地平線近くまで見通せる場所が適している。肉眼でも十分観察できるが、双眼鏡や望遠鏡を使うと、部分食の様子がよく見えるという。

この記事を見ると「月が見えなくなる」のではなくて、ほのかに見えるらしい。
ほのかな明るさがどの程度見えるのかは分からないけれど、楽しみ。

東から南東が開けているところかぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

Google Sky

Google Earthに「お空」モードがついた。

Google Earth.

Google Earth の Sky で遥か彼方の銀河系の旅をお楽しみいただけるようになりました。

どの程度のものなのか楽しみだけど・・・これから仕事_| ̄|●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王星の輪

天王星にもリングがあるけれど、それを見ることはめったにない・・・と習ったような気がする。
はっきりとリングが見える土星と違って、発見された当初は本当に存在するかどうかも怪しまれたのだそうだ。

NASA - Hubble Camera Snags Rare View of Uranus Rings.

The view, tilted edge-on to Earth, was photographed on August 14, 2007. Earthbound astronomers only see the rings' edge every 42 years as the planet follows a leisurely 84-year orbit about the sun. However, the last time the rings were tilted edge-on to Earth, astronomers didn't even know they existed.

Gomi2

が、この画像を見てもとてもリングには見えない・・・
1年おきに撮った写真をみると今回は真横からとったんじゃないかと思うけれど・・・・
もしそうなら土星の輪の厚みが薄いのに比べて、天王星の輪は濃度は低いけれど厚みは厚いということ?

もともと天王星はガスと氷からできている天体らしいから、そこにあるものが噴出していたりするのかなぁ?
おそらく真横から見ていることになるのだろうと思うけれど・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.24

立体なのに・・・

立体を立体に見せるのは難しい。
いくらソフトがあってもそれをうまく動かさないとそれらしくは見えない_| ̄|●

以前、Pov-Rayで作ろうとしたときには画像を作る段階で挫折したのだから、それに比べればましなんだけど・・・
正四面体の外接球のふらっしゅ。

まだまだ気に入らないけれど、とりあえずできたところまで・・・∥>_<∥


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐竜3Dぬり絵

子供向けの企画なんだろうけれど・・・

恐竜3Dぬり絵.

今回は、ステゴサウルスの生きていた姿を想像しながらパソコン上でぬり絵を行っていただき、それが立体画像となって、当館に展示されているステゴサウルスの復元骨格と重ね合わせて見られる、というプログラムを実施します。

実際にやってみると向きを変えてみることができるのでかなり楽しい。

GRAPESもそうだけど、こうやって3Dで向きを変えて見られるようにいろいろなものがなってくるんだろうなぁ・・・

がこの塗り絵、よく考えてみたら体の右と左では模様が同じになるしかないぞ・・・∥^O^∥

と言うわけでメディア教育開発センター 近藤智嗣研究室のサイトで作ってみたが、アクセスが集中しているのか重くてどうにもならない・・・

Gomi4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

常設展の楽しみ

東京八重洲のブリジストン美術館に行く楽しみの一つがモネの「黄昏 ヴェネツィア」を見に行くこと。

ブリジストン美術館の平日はそんなに人も多くなく、静かな空調の音だけが聞こえることも少なくない。
すわり心地のいい椅子に座ってぼぉっとこの絵を見ていると絵の中に入ってしまうような、何も考えていないような、それでいていろいろな想いが浮かび上がってくるような静かな時間が流れる。
絵の中にすべての想いが飲み込まれていく。
そのまま絵の向こう側に行ってしまうと言う選択もできそうな気がしてくる。

そうした貴重な時間を楽しむことができるのが常設展の楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報と数学

情報五輪でメダルを獲得したうちの2人が数学オリンピックでもメダルを獲得していた。

情報五輪、日本の高校生が金・銀・銅 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 文部科学省に22日入った連絡によると、クロアチアの首都ザグレブで開かれていた「第19回国際情報オリンピック」で、日本代表の片岡俊基さん(三重・高田高3年)が金メダルに輝いた。


 同オリンピックは、世界の高校生らがコンピューターのプログラム作成技術を競う国際大会。片岡さんのほか、吉田雄紀さん(兵庫・灘高3年)が銀メダル、松元叡一さん(東京・筑波大付属駒場高2年)が銅メダルを、それぞれ獲得した。

このうち、片岡さんと吉田さんは数学五輪でもメダルを獲得している。
「プログラム」の根底に流れるものの考え方は数学だからある意味で当たり前なのかもしれないけれど・・・・

それでいいのだろうかという疑問がわいてきたのだが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.22

ルドンの黒

ルドンの黒 目を閉じると見えてくる偉業の友人たち

Bunkamuraで2007年8月26日まで

岐阜県立美術館が所蔵しているルドンの作品を展示したものだから、ある程度は岐阜県立美術館へ行けば見ることができるのだろうと思う。

メゾチントもそうだし、目黒美術館で見た鉛筆画もそうだけれど、どうして「黒」に惹かれるのだろう。
華やかな色彩のモネやクレーにも惹かれるけれど、「黒」には緊張感がある。

ルドンの黒には色の持つ緊張感だけではなく、題材の持つ緊張感・・・「異形」とは言っているけれど、そうでない題材でも厳しい緊張感がある。

眼窩のない目玉、植物から生えてきている顔、背景の中に飛んでいる鳥・・・

エドガー・ポーの挿絵も書いているし、絵の持つ雰囲気もそんな感じ。

黒を絵がいる時代の色のついた風景画などの油絵は孤独感にあふれていて、彼の絵の持つ寂寥感の原点がそこにあるのかもしれない。

そして、彼の描く悪魔、地獄に落とされんとする人の表情が諦めと平和に満ちているのに対して、天井の天使たちの表情からは平和も満足もうかがえない。
見ているうちに地獄に落ちるのも彼にとっては満足につながっているのかもしれないと思えてきた。

ボードレールの「悪の華」の挿絵も描いているのだが、今一度読んでみたい気がしてきた。

4087601978悪の華 (集英社文庫)
シャルル ボードレール 安藤 元雄

集英社 1991-04
売り上げランキング : 51409

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電力不足

多少はためておけると言うものの、長期にわたって備蓄することが難しい電力。
この暑さじゃクーラーなしで我慢するにも限度があるから、もうどうにもならない。

asahi.com:電力需給が窮迫 東電、塩原発電所を緊急稼働 - 暮らし.

 新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原子力発電所が全面停止し、電力の供給余力が少なくなっている東京電力は22日、同日午前の最大電力(電力需要)の伸びが予想を超え、自社の供給力を上回る恐れが出てきたとし、「随時調整契約」を結んでいる顧客の一部に対し、午後から電気の使用抑制を求めると発表した。緊急時だけ使用が認められている栃木県の塩原発電所(水力)も午後1時過ぎに稼働させた。

明日の東京は天気が悪いらしいから大丈夫だろうけれど・・・この夏は電力不足で停電なんていうこともあっても不思議じゃない・・・・

自家発電するところが増えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかえりなさい

ハリケーンが来ているので帰還を早めたエンデバーが戻ってきた。

エンデバーには一千万個のバジルの種を積んでいる。地球に持って帰ったあとみんなで発芽実験をやるのだそうだ。
(日本だったらかいわれかな?)

これを楽しみに待っている人たちも大勢いるんだろうなぁ
こうやって少しずつ宇宙が身近になってきている。

asahi.com: スペースシャトル・エンデバーが帰還 - サイエンス.

 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・エンデバーは米東部時間21日午後0時32分(日本時間22日午前1時32分)、ケネディ宇宙センターに帰還した。超大型ハリケーン・ディーンの影響を避けるため、国際宇宙ステーション(ISS)離脱を1日早めて戻ってきた。

(中略)

 しかし、今回の打ち上げでは、外部燃料タンクから断熱材の小片がはがれ落ち、機体底部の耐熱タイルにあたって損傷。NASAは影響の解析に1週間近く費やした。

 NASAは「帰還時の安全を脅かすものではない」と判断し、修理せずに帰還したが、昨夏以降の4回の打ち上げでは、こうした断熱材の剥落(はくらく)による機体の損傷は発生しておらず、今後に課題を残した。

これが一番心配だったけれど、実際のところどうだったのかは調査を待ってみないと分からない。

ほんののちょっとしたタイルの剥落が命にかかわるかもしれない・・・宇宙服の手袋の傷が死を招くかもしれない・・・

宇宙はまだまだ危険に満ちている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.21

NTTのICC

NTTのICCなんて書くとなんだかふざけているようにも見えるし、何のことだかさっぱり分からない気もするけれど、
NTTのインターコミュニケーションセンター

どっちかって言うとコンピュータを使ってさまざまな形でコンピュータや人間とのかかわりを楽しむみたいな展示が多い。

ある意味でヴァーチャルとリアルが混在しているから、本当はその区別のつかない年齢の子どもにはふさわしくない気がするけれど、逆に一番楽しんでいるのがそういう子どもたちだったりした。

Cosが行ったのは土曜日だったからかかなりの人がいて、一つ一つの展示を楽しむ余裕が余りなかったのが残念だけど、
「これはこういう処理をしているんだろうなぁ」なんて思いながら見ているととても楽しかった。

ちょうど今「立体視」に関心があるせいかもしれないけれどファースト・パーソン・スペースがとても印象的だった。

頭にゴーグルのようなもの(ディスプレイと説明しているがともかく覗き込む感じのもの)をつけてあっちを見たりこっちを見たりすると3Dの映像がその向きに合わせて変化するのだ。
見ているディスプレイだけではなくその部屋全体にその同じ景色が広がっている。

覗き込んだ先は異空間・・・そこでひとつ間違うと奈落のそこに落ちていくσ∥>_<∥・・・自分の足元がなくなるような気がして・・・

異空間自体もどこか不条理な感じがする場所で、どう動いていいのか分からない。
見た方向に進むというわけでもなさそうで、どう操作すればいいのか、でも見た方向には視界が広がる。

ICC Online | オープン・スペース | アート&テクノロジー.

また,この作品で描かれるストーリーは,非人間的な秩序が支配する無生物世界のファンタジーです.再帰関数によって生成する自己相似構造をもつ無機生命体(ナノマシン)が成長・暴走し,世界を美しく作り変えてゆく様子が描かれています. さらに今回の展示のため,映像ストーリーの根幹をなす自己相似構造という題材を共有する音楽が新たに作曲されました.

と言うことらしいのだかわけの分からない状態にはまってしまったCosは音楽にも気がつかず・・・∥^O^∥

9月2日までの展示と言うことでもう一度行って覗いてきたい気がするのだが・・・いけるかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なダークマター

ダークマター・・・宇宙の暗黒物質の存在自体も不思議なのに、今までの理論から外れた形で存在するダークマターが見つかったのだ。

時事ドットコム:暗黒物質と銀河の分布、一致せず=奇妙な現象発見-米加チーム.

 銀河の形成には謎の暗黒物質が関与していると考えられているが、米航空宇宙局(NASA)のX線衛星「チャンドラ」や国立天文台のすばる望遠鏡(米ハワイ島)などの観測で、暗黒物質の分布と銀河の分布が一致しない奇妙な大銀河団が見つかった。NASAが20日までに発表した。

実際にはこの記事は8月16日になっている。
Cosは・・・英語で読んだんだけど意味がよく分からなくて記事にできなかったのだ∥;_;∥

Gomi4

NASA - Dark Matter Mystery Deepens in Cosmic 'Train Wreck'.

"These results challenge our understanding of the way clusters merge," said Dr. Andisheh Mahdavi of the University of Victoria, British Columbia. "Or, they possibly make us even reexamine the nature of dark matter itself."

ダークマター自体を再びテストする可能性もある
とあるのだけど・・・・よく分からない。

ダークマターの分布の3Dイメージはこの記事。NASA - Hubble Maps the Cosmic Web of 'Clumpy' Dark Matter in 3-D.

3Dイメージと言うから思わず立体めがねが必要かと思ったらそういうのとはちょっと違うみたいだ・・・∥^O^∥

Gomi3

本来はこんな風にノーマルマター(左)とダークマター(右)が重なるように分布している。

ところが今回発見されたところではダークマターが極端に少ないらしい。この解説が上の写真のところに書いてあるのだがCosには難解_| ̄|●

こういう英語が自由に読みこなせる力があったらいいのになぁ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

ナイトミュージアム

ナイトミュージアム・・・行きたいなぁ・・・

あっ、映画じゃなくリアルなミュージアム・・・

asahi.com: ナイトミュージアムで恐竜観察 愛知 - サイエンス.

 愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園内にある市自然史博物館で19日夜、夏限定の「恐竜ナイトツアー」があった。親子連れ約120人が、静まりかえった博物館の暗がりの中でライトアップされた恐竜を見上げた。

できれば、親子連れと一緒じゃなく、一人か数人だけで真っ暗な博物館を歩いてみたい・・・

それも科学博物館がいいなぁ・・・

ふと思った・・・職員ならそういうことも可能なのかな?
それとも機械警備で追い出されちゃうのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

センター試験

 大体、数学の試験、それも教科書レベルの問題を考えたときに過去問を除外して考えるなんてほとんど不可能だし、今までも表現の多少の相違はあっても似たような感じの問題が出題されていたセンター試験。

作るほうも大変だっただろうなぁ・・・

センター試験、「過去問」出題を解禁へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 大学入試センター(本部・東京都目黒区)は、毎年1月に実施している大学入試センター試験について、過去に出された問題(過去問)を今後出題する方向で最終的な検討に入った。


 これまで出題を控えてきた、教科書に掲載されている題材も出題対象にする。出題の範囲を広げることで、良質な問題を作成する狙いがある。

 同センターは、文部科学省や国立大学協会などと協議した上で、今年度中にも過去問の活用を宣言する方針で、早ければ2010年1月のセンター試験から、過去問が登場する可能性が出てきた。

「問題を解いたことのある人とない人で不公平が生じることを避ける」と言うことで過去問の出題をしてこなかったそうだが、さすがに「去年と同じ問題」じゃまずいだろうけれど、同じものを出さないなんてどう考えても不可能・・・

と言っても数学以外ならば題材を他からとってくればいいということなのかもしれない。

センター試験の過去問をやることがその教科の大切なところを復習することにつながるなら、過去問をやったら有利であってもかまわないと思うし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

卒論かいてもらう?

Cosの場合には大学の時には卒論はなくて、ゼミだったんだよなぁ・・・
卒論書くよりはその方がらくだと思ったけど・・・

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 料金は1文字5円程度。納期は卒論で1週間以上、リポートでは2、3日以上が多い。テーマや内容、分量、納期などを指定のメールアドレスに送り、その後のやりとりで合意すると正式契約となる仕組みだ。こうした業者のHPはネット上で少なくとも三つ確認されたが、個人レベルで請け負っているケースもあると見られる。

 このうち、昨年4月から事業を始めた業者が読売新聞の取材に応じた。これまでに300件近い問い合わせを受け、実際に100件以上を請け負ったという。2万字程度のリポートで10万円、発表会のための個別指導を含む卒論執筆だと35万円からという料金設定にしている。

一番大きな疑問は卒論ってそんなに簡単に書けるものなの?
納期が一週間以上と言うことは10日もあればできちゃうと言うこと?
いくら知識と経験があってもそんなに簡単なものだとは思わなかった・・・

そんなものでかけるのなら、表に出てないだけで結構あるんだろうなぁ・・・

ある意味で大学教育の質が問われている気もするけど・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.18

仕事が・・・

夏休みじゅうにあとどこへ行けるかなぁ・・・なんて美術展を調べながらうきうきしていた。
学校にも行かなきゃならないし、香川の丸亀美術館にはちょっといけそうもないなぁ・・・

なんて考えていてふと気がついた
「仕事!!」
例年になく夏休み中にやることがたくさんあってさっさと片付けているはずだったのに・・・
やらなきゃいけないのはわかっていたけれど、ここ一週間ほどボーっとしていて仕事が何も手につかなかったのだ・・・
パソコンに向かってグラフや立体を書いて遊んでいる分には少々暑くても集中してできるのに「仕事」と名前がついた瞬間に心ここにあらず状態に移行してしまうのだ∥>_<∥

日数を数えたら遊びにいくどころの騒ぎじゃないことに気がついた・・・・∥;_;∥
う~ん・・・困ったなぁ

遊びたい盛りだし∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教科の内容が減っていく

言語力を高める必要があることについては何の異存もない。子どもにとどまらず大人の言語能力・・・どこまでを大人と言うかも問題だけれど・・・はかなりひどいものがある。

生徒たちも、文章を読まない。どれだけ長くてもたかが知れている数学の文章題も内容が難しいかどうかではなく「文章」だから飛ばす。

それがいいのかどうかというと、どう考えたっていいわけがない。

今の生徒たちはある意味で文章で表現されたものよりもビジュアルに表現されたもの方がよく理解している。

ビジュアルに表現すると言うのはいいことのようにも見えるけれど、実は普遍性がない。
文章で読んだものは文章で表現できるけれど、目で見たものはどうやって表現すると言うのだ?
言い換えるとビジュアルに受け止めたものと言うのはあくまで受動的なままでとどまり、そこからの発展性が極めて限られてくるのだ。

文章で書かれていればそれをナ自分なりに書き直すことも可能だから、主体的にかかわることが可能なのだ。

だから有識者会議の考え方はとてもいいと思う。


asahi.com:全教科を通じ「言語力」育成 文科省の有識者会議 - 教育.

 「言語力」の育成に関する文部科学省の有識者会議は16日、都内で会議を開き、小中高の全教科を通じて、言語力の育成を目指すことを求める報告書を大筋で了承した。同省は現在、改定作業が進んでいる学習指導要領の柱に言語力を置いており、この報告書を元に各教科で具体的な検討が進む。

 報告書は国際的な学力調査等で日本の子どもの読解力の低下が指摘されているほか、いじめなどの人間関係をめぐる問題もあり、言語力の必要性が高まっていると指摘。次期の学習指導要領では「言葉」を重視すべきだとして、国語や外国語に限らず、全教科で横断的に指導することを求めている。

でもその分の時間はどこからも生まれてこないんだよね。
今ある時間を削って回すしかないんだよね。

そうやって、「やるべきこと」を増やしていくと今に日本の義務教育はほんとうに「読み、書き、そろばん(計算)」だけになりそうな気がしないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できちゃった回転

画像を作るまでは悪戦苦闘だったのに、ふらっしゅにするのはかなり楽だったので拍子抜け。
クリックする場所が分かるようにボタンをつけたほうがいいし、もっと小さくてもいいから画像の枚数を増やしたほうがきれいだな・・・

試作品と言うことでこちらへ

でもとりあえずできたので\∥^O^∥/



本来のサイズは「続きを読む」からどうぞ

続きを読む "できちゃった回転"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだといいな

どうも、「安全」と言う言葉に信頼が置けなくなっているのかもしれない。

一番最近の例では賞味期限を勝手に延長していたとか・・・
まあ、これは命にかかわるわけじゃないけれど。

だからと言ってデータを見せられて「ほら大丈夫だろ」と言われてもそのデータを解析できないんだから同じことなんだけど・・・

asahi.com: 耐熱タイルの傷は「修理不要」 NASAが結論 - サイエンス.

 米航空宇宙局(NASA)は16日、スペースシャトル・エンデバーの耐熱タイルの損傷について、「修理は不要」と結論づけた。地上で解析した結果、地球の大気圏に再突入する際、損傷部分の温度が危険領域にまで上昇しないと判断した。

手袋の穴が見つかった後だし、
何も起こらずに無事に帰ってこれますようにm∥_ _∥m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでどうだ!下から

立方体を回転させた図・・・なかなかうまく行かなくて悪戦苦闘。

とりあえずこれでふらっしゅ用の画像ができたような気がする。

Image20_3


下から見たのはこっち。
Image43

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

本当?

天気予報によれば明日は雨で、猛暑が収まるとのこと
ほんとう?

素直には信じられない暑さにも負けたCosがここにいる∥^O^∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極も暑い・・・

埼玉と多治見で昨日は40.9℃を記録したけれど、今日も暑くなりそうだが、暑いのは日本だけではない。

もしかしたら、世界のどこかで「冷夏」になっているところがあるのかもしれないし、日本が暑いからと言ってそれだけで「温暖化」と決め付けるわけには行かないとは思うけれど、


北極海の海氷、衛星観測史上最小に…予想超す温暖化進行 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構は16日、衛星による観測で、今夏の北極海の海氷面積が史上最小を記録したと発表した。


 15日に観測した海氷は、530・7万平方キロ・メートルで、2005年9月の過去最小記録(531・5万平方キロ・メートル)を下回った。

 これは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が第4次評価報告書の中で予測した約30~40年後の北極の状態に近く、温暖化の速度が従来の予想をはるかに上回っている可能性があるという。今夏は、海表面の水温も、氷点下0・8~0・6度と、2000年以降では最高を記録した。

 海氷の減少は9月中旬まで続き、海氷面積はさらに減り続ける見通し。

確実に地球は暑くなっていて、それは予想を上回っている。

10年後の地球にかいたこの温暖化が加速している可能性があると言うことなのだ。
次の世代の問題であったはずのことが実は自分たちの問題になりつつあると言うことなんだろうな。

IPCC第9回第3作業部会会合及び第26回全体会合 参加報告書(pdf)が多分もとの内容だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.16

宇宙からの授業

普段、熱心に授業をするときには「髪を振り乱して」教えているのだが・・・・
ここでもまた髪を振り乱して・・・と言うよりは髪を思いっきり逆立てての授業が行われた。

宇宙からの授業(ビデオがスタートします)

低重力の中でのいろいろなものの動き・・・
のんびりゆっくり回るボール、宇宙ではどうやって物を飲むかをいろいろと実演して見せたりして、とても楽しかった。

唯一の難点は英語なのであんまり何をしゃべっているか分からなかったことかな∥>_<∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避暑に行く?

昨日、今日と「避暑」に行った人がCosの周囲では目に付く。

まあ、
「デニーズに避暑に」とか
「マックで・・」とか
かわいいものなのだが、コーヒーいっぱいで粘られるお店のほうも大変だろうなぁ・・・
一人で店に入っている人のうち「避暑」に来ている人はどれぐらいなんだろう?

なんてバカなことを考えていたら・・・
asahi.com:多治見、熊谷で40.9度 最高気温記録を更新 - 社会.

 気象庁によると、16日午後2時20分、岐阜県多治見市で気温40.9度を観測した。同42分には、埼玉県熊谷市でも同じ40.9度を観測した。

うちの近所がどうだったのかは考えたくない。
だけど日の差さないクーラーがついていない部屋でも机は熱くなっていた。
自然発火とかしないか心配になったりして・・・
∥xx;∥☆\(--メ)

午後になって暗くなったと思ったら「バラバラッ」と降ってきたので期待したけれど、空くにやんでしまったから、外は蒸し暑くなっただけに違いない・・・

今日も一日鬱々悶々として何もしないうちに一日が終わりそうだ・・・
写真とグラフでちょっと遊んでは見たんだけど・・・それしかしてない気がする_| ̄|●

う~む、こんなことでいいのか?>自分?

だって暑いし、つい余計なことばかり考えちゃうのがいけないのだ。考えてもどうにもならんのに∥>_<∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

上から、下から

上から見た図としたから見た図、図を見ただけでどうやったら分かるのかだんだん訳が分からなくなってきた・・・

Image01Image02



右の図は下から見上げているのだが、どうやってもそう見えない∥;_;∥

仕方がないのでこんな風にしてみたのだが、これでちゃんと見えるだろうか?

Image03Image04



う~ん・・・どうやったら「下から」に見えるんだろう??

やってで段々自分でも訳が分からなくなりつつある・・・・・

どっちにしてもどうしていいのか分からなくなっているかも知れないが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月に願いを

コンデンサが逆につけられてしまったために打ち上げを延期していた「かぐや」の打ち上げが決まった。

月についてどれぐらいのことが分かるのか・・・予定したことがどの程度できるのか楽しみ。

世界の約41万人の人たちの名前・メッセージを刻んだネームシートも一緒に月に行く・・・願いがかなうといいなぁ・・・

JAXA|かぐや/H-IIA13号機 打上げ特設サイト.

9月13日(木)10時35分47秒に種子島宇宙センターより打ち上げる予定です。 打上げ時にはライブ中継も予定しています。ぜひご覧ください。

ライブ中継を見る余裕があるかどうかは疑問だけど、この特設サイトはちょっと覚えておこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日

この日が来るともう亡くなられてしまった方たちのことを思い出す。
(皆さんにかわいがっていただいたなぁ・・・)

Cosの両親よりも上の年代の方たち・・・・それぞれの場所で第2次世界大戦を体験された方たち・・・
海軍の船に乗っていて船が沈没し「古式泳法を知っていたから助かったんだよ」とおっしゃった方、
フィリピン(?)の自動車部隊にいて「部品も何もないのにどうやって修理しろっていうんだとおもった」とおっしゃる方、
フランスで「特に差別されることもなく普通に教えていた」とおっしゃる尼僧の方、
アメリカにいて通訳として進駐軍と一緒に日本に来た方
逓信省(かな?)にいて無線傍受関係の仕事(よく覚えてない)をやっていらした方・・・・

第2次世界大戦当時大人として戦争にかかわっていらした方たちの話をずいぶんうかがった。
それなりに不思議でひきつけられるお話が多かったのだが、最前線で戦われた方のお話は直接うかがったことがない。

大戦当時大人だった方で存じ上げていた方は他にもいたのにそういう話は出てこなかった。
そのことの意味を考える日。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.08.14

禅、漢字と・・・

足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展
東京国立博物館 平成館 2007年7月31日(火)~9月9日(日)

このところ、「漢字は苦手、歴史は嫌い」と言うCosを捕まえて、「歴史もおもしろいですよ。」とおっしゃりながらチケットを下さる方がいて(正しくは「くれ!」と言ったのはCos・・・)確かに食わず嫌いはよくないと、見に行ってきた。

日本の歴史もちゃんと分かってないし、まして「禅」なんてぜんぜんわからない。
見ては来たけれど、「おもしろいものはあったか?」と聞かれれば「?」で返すしかない・・・
よく分からないのだ・・・・

が、会場の広さもあるのだろうけれど、入ってから出るまでになんと3時間半もかかったのだ∥>_<∥

当初の予定では芸大美術館の
金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―
2007年7月7日(土)-9月9日(日)

も見るつもりだったのにそんな時間はまるっきりなくて、国立博物館で同時開催されていた常設展の
特集陳列・親と子のギャラリー博物館のおもちゃ箱
本館14室 2007年7月3日(火)~2007年9月24日(月・休)
を見るだけで手一杯になってしまった。

なにしろ、絵の具がひび割れていたり、薄くなっていたり、絵がない部分があったりすると
「これを修復するのは大変なんだろうなぁ」と一つ一つじっくりモノクルで見るし、
「顔の表情が・・・」と書いてあるとやっぱりじっくり見るとおもしろいのである。
絵が面白いというよりは細部まで見えるのがおもしろいのだ。

と言うわけで、じっくり親父たちの顔を見てきたことになる・・・・

これで漢字が読めたらもっとおもしろいんだろうなぁ・・・

仏像の中の「釈迦如来坐像および十大弟子立像」は木が白く変色(カビ?)したり、表面が膨れ上がっていたりする部分もあったりして、見ていると痛々しい感じがする。

作られた当時は極彩色だったのだろうと思わせる色が残っていたりするけれど、その顔は病魔に冒されているようでまるで殉教者の一群のようにも見えた。

この10人の弟子はそれぞれにいろいろな動作している瞬間を捉えたような感じの像だけに、余計そう感じるのかもしれない。

すごく大きなファイルですが、博物館ニュースの2ページ右の真ん中辺りにある横を向いた像が弟子の一人の迦旋延(旋の字が違う気がする・・・)。

「ん?なに?」と言っているようにも見える。


そして、雪舟の絵・・・やっぱりどこか漫画∥^O^∥
観音図が2枚あるのだが、一枚は画面の下のほうでもどしている人を見て眉をひそめているのだ。
並んだもう一枚と観音様の表情はほとんど変わらないのに、「いやぁねぇ」と言う感じがはっきり出ていてなんだかおかしかった。

相国寺の本尊のなかの阿難尊者の表情もすごくよかった。

こうやって思い出してみると楽しかったものはいくつもあるのだけれど、「帰る前にもう一度見たい」と思うほどのものはなかった。
どうしてだろう?

でも、京都に行きたくなった・・・秋になって涼しくなったら、祖母の墓参り(Cosはまだ行ってないのだ)と称して行ってこようかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちからじゃ無理

「はやおき」じゃなくて「夜更かし」して見えそうだったら近くの丘に出かけようと思っていたのだけれど、この暑さでへばっていて結局外に出られなかったのが残念。


asahi.com: ペルセウス座流星群、各地で観察 - サイエンス.

 夏の夜の風物詩、ペルセウス座流星群が12日ごろから14日にかけて国内各地で観察された。今年はピークの13日が新月で月明かりの影響がなく、観察には好都合。例年より多くの流星を観察できた所も多かったようだ。

今夜も夜更かししてがんばってみようかなぁ・・・∥xx;∥☆\(--メ)
このところ空気も澄んでいるし見たい気はすごくあるんだけれど、「飛ばないかもしれない」と思うとつい気分が萎えてしまうのだ。

流れ星が落ちる前に願いことをすればかなうと言うから、それにかけてみるのもいいかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.13

もうすぐ200000

もうすぐ20万アクセス・・といってもページビューだからそんなにたいしたことはないのだが、今現在0199815アクセス。

今日中には難しいかもしれないけれど、明日には達成できるだろうな。

切り番をとった人は申告してください・・・といっても気がつかないだろうなぁ・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.08.12

裏サイトか

いろいろな形で生徒にもそして教員にも規制がかかっていくんだろうけれど、学校側が規制したところでどうにかなるものではないだろうな。

学校裏サイト:陰湿化深刻 いじめや脅迫、彼女の裸写真も-教育:MSN毎日インタラクティブ.

 中高生がインターネット上で情報交換する「学校裏サイト」で、いじめや問題画像の流出が問題化している。「裏サイト」は学校が公的に作るサイトとは別に、生徒個人が立ち上げている掲示板で、特定の生徒の写真が張り付けられ「きもい」「死ね」「消えて」の文言が並ぶこともある。頻発する人権侵害に、親や教師たちは困惑している。

もともと「裏サイト」というのだから、誰が作っているのか誰が書き込んでいるのか特定するのはプロバイダの協力なしにはできない。

が、たかが学校に言われたからといってプロバイダが協力するとは思えないし、そんなことをしても他へ流れていくだけのことでそういうサイトが(減りはするだろうけれど)根絶することは難しい。
かえって陰湿になっていく可能性もある。

こうしたことは形を規制するだけでは決してなくならないし、子どもにとどまらず根本的に社会のあり方自体が変わらない限りどうにもならない。

逆にそういう負の情報、怖さだけがアピールされて、「そういう場所である」と認識していたりするともっと厄介だ。匿名だからあることないことスリリングなことを書いたり読んだりする場所などと子どもが考えるようになってしまっては怖い。

実際には確かに負の部分もたくさんあるけれど、それ以上に正の部分、得られる部分のほうが多い。

本来は負の部分があるからといって規制するのではなく、正の部分をうまく使えるようにして行くのには正の情報がうまく使えるような場所を考えて行かなければいけない。

それはまた、教員側に過大な負担を強いることになる。
学校内のSNSを立ち上げて運営することで、子どもたちに安心して本来の掲示板(ここでは日記だけど)の使い方を教えた例がある。

一旦web上に出ると年齢や経験にかかわらず、ありとあらゆるサイトが待ち構えている。
それは学校にいてもいなくても変わらないし、逆に学校を出て大人になってから始めてそんな中にほおりこまれたらどうなるのか、火を見るより明らかだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メルティングポイント

東京オペラシティアートギャラリーで
2007年7月21日から10月14日まで
Melting Point

昨日までの講習会の疲れがないわけではなかったけれど、一日中頭をしっかり使う時間をすごしたせいもあるのだろうけれど、家にいて暑さに負けて鬱々としているのがいやになったせいもあるのだろうけれど、心にゆとりが欲しくて出かけてしまった。

今回は3人の作品。

最初はジム・ランビー
最初の部屋全体でひとつの作品という感じ。
部屋に入った途端に動けなくなってしまうほどの強さ。床もひとつの作品になっていて、その床が他の作品を際立たせている。

床に映った作品の影がまたひとつの作品になっているのもおもしろい。

2番目が渋谷清道
彼のところでは靴を脱いで真っ白な空間に入っていく。
茶室の入り口のような小さな入り口を入ると中は白一食で、天井には明かりの変わりに円形の窓のようになっていてそこには・・・・・内サイクロイド(スピログラフでかいたような花)のたくさんの真っ白な花・・・・昨日の記憶が鮮明によみがえってきてしばし呆然・・・∥^O^∥
Default2_2Default3_2


真っ白なこんな感じの花が天井の大きく空けられた丸い明り取りから見えている。

Cosがその中に入ってしまうという・・・なんとも暗示的な状態。

そして最後がエルネスト・ネトの作品。
大きないくつもの穴の開いた伸縮性のある、丈夫なストッキングみたいな感じの布が上と下に2枚ちょうど背の高さよりもちょっと低いぐらいのところに張り巡らしてある。

そこにはいくつもの穴が開いていて下をくぐってその穴のところから周囲を見ると、そこには非現実的な世界が見えてきてしまう。

このネトの作品が一番よかった。
まるでそこだけが異空間。下側をくぐって顔を出すとそこではまるで自分が巨大になったかのような錯覚をおぼえ、外の見えない丸い切り込みでは閉鎖感におそわれる。
そしてなんといってもこれを外側から見るといかにも「傍観者」の気分。

香川で同じ時期に個展をやっているらしいのだが・・・行くのは無理だろうなぁ・・遠すぎ_| ̄|●


同時開催の収蔵品展「いのちの宿るところ」もとてもよかった。ここの作品はCosの琴線に触れるものがおおい。
これだけを見てもいい感じ。

と、何のことはない、昨日と違う世界を訪れたつもりだったのに、結局は昨日とつながった今日になってしまった。
極めつけは出口でスピログラフを使って模様を書いていた子どもたち・・・

Cosだってスピログラフは持っているぞ。100円じゃなくてちゃんとしたのを・・・
あぁ・・・何回も使ってないけど・・・・∥xx;∥☆\(--メ)
Img_5142


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

使い方が難しい

 ASTER画像公開システムの仕様版が公開された。


asahi.com: 地球の凹凸全部見せます ネット公開 経産省とNASA - サイエンス.

 経済産業省と米航空宇宙局(NASA)は08年12月、人工衛星から撮影した全地球の3次元地形データを無償で公開する。測量ができない地域の詳細な地形図作りや、火山や土石流など自然災害の被害予測にも使える。全地球的なデータを公開するのは世界初。10日、日本列島だけの試用版をインターネットで公開する。

 公開するのは、全地球の30メートル四方ごとの標高データ。NASAの人工衛星テラに搭載され、経産省が開発した地球観測センサー「ASTER」が赤外線で撮影した。

 地球上のどの地点のどの方向からも鳥瞰図(ちょうかんず)を作ることができる。フリーソフトを使ってデータを加工し、鳥の目や飛行機からみたような動画も作れるから、パソコン上で地球上のどこでも遊覧飛行ができる。

というわけで早速行ってみることにしたASTER:画像公開システム・・・・

最初の難関・・・・Opera使いのCosにはよくあることなのだが、Operaでは使えない。サイトを見るとIEでなければだめと書いてあるではないか・・・
やっぱりなぁ・・・_| ̄|●

仕方がないのでIEを立ち上げて入ってみた。

で、どうやって使うのかの説明は一応ある。
が、GoogleMapに慣れてしまった身にはとても使いにくい。

鳥瞰図を作ることもできるというけれど、それ以前に自分が欲しいデータを見つけるまでが一苦労かもしれない。

Cosが見たのはどれも解像度がGoogleよりもずっと低くて具体的にどこなのかよく分からなかった。

普段そういうものと接していないからかもしれないけれど、いろいろと書いてあってうまく使うといろいろな使い方が可能なのだろうと思うけれど、今のCosではなかなか難しそうだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.10

講習会

9日と10日はGRAPESの講習会。

普段の授業でも使っているのに、講習会に出るのは今回がはじめて・・・
今までも何度となく出たかったのだが、会場が「大阪教育大」・・・・遠いし・・・

が、ちょうど1年ぐらい前に友田先生と直接お目にかかってから「来年こそ行くぞ」と思っていたら、友田先生のほうから東京に来てくださった\∥^O^∥/

春に他のスタッフの方ともお目にかかったので、今回はいろいろなことを学ぶだけじゃなく、友田先生をはじめそうした方々とお目にかかるのも楽しみの一つ。

やっぱり皆さんすごいなぁ・・・と痛感する一日だった。

明日、もう一日講習。まだ教えてもらえることがあるのもやっぱりうれしい。
ちゃんと消化できるかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.09

大きな惑星

子どものころから「太陽系以外の惑星は光を放たないから見つけることは難しい」と聞いてきたけれど、少しずつ他の太陽系での惑星も見つかるようになってくると、夢も広がってくる。


asahi.com: 太陽系外「最大の惑星」発見 従来理論で説明つかず - サイエンス.

 米ローウェル天文台(アリゾナ州)など米欧の観測チームは6日、これまでに見つかった太陽系外惑星の中で「最も大きな惑星」を見つけた、と発表した。直径が太陽系最大の木星の約1.7倍のガス状惑星だが、重さは木星の8割ほどと推計され、従来理論では説明がつかないという。

 この惑星はヘルクレス座の方角にあり、地球から約1400光年離れている。惑星が周回する恒星の前を横切る際、恒星の光を遮る度合いを複数の望遠鏡で観測し、大きさを割り出した。

重さに比べて大きすぎるということで説明がつかないとしているのだが、大きさについてどの程度確定できているのかも分からないし、従来の理論は見えているものからだけから作られているのだから説明がつかないものがあっても不思議はない。


それにしても「恒星の前を横切る際」・・・・星がどれほど小さく見えているかを考えるとすごいことだ。
人間の目では月が太陽の前を横切るときぐらいしか分からないのになぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.08

比の感覚・・・こんな感じ?

どんな風に図を見ているのかをFLASHにしてみた。

を考えるときの頭の中はこんな感じかな。


比の感覚のFLASH

PQの長さは実際には数字が見えているわけではなく、変化しているということを認識している程度かな。


続きを読む "比の感覚・・・こんな感じ?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

縄文時代の木

5000年前というとちょうど縄文時代のころ。

asahi.com:中越沖に浮上の古木は5千年前のもの 山形大教授ら分析 - 社会.

 新潟県中越沖地震の発生後、日本海の震源地付近の海域で発見された大量の古木は、約5000年前のものだったことが、山形大学の桜井敬久教授(宇宙線物理学)らの測定調査でわかった。木の種類は不明だが、泥などに長年埋もれていた古木が、地震に伴う海底の液状化現象で浮き上がっているとみられる。

5000年前の出来事を直接知る方法はないから、年代が確定しているものが見つかるのは考古学的には有意義なことなんじゃないかと思うけれど、実際にはどうなんだろう?

4500年から5400年前(C14の測定方法からこういう半端な年代になるのかな?)の古木が何トンも見つかったというのだからどこかに保存しておく価値があると思うのだが、どうなるんだろう?

 桜井教授は「古木の年代や種類を知ることは、浮き上がってきた原因を調べる上で有効だ」と話している。

う~ん・・・そういう見方しかないのかなぁ?
当時がどうだったか知る上で貴重な資料ナンじゃないかと思うのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.07

感覚的数学

Cosの授業は感覚的な部分がかなりある。
というか、理詰めで話をしてもすんなり分かってもらえないからなのだが・・・

他の場所で数学の感覚の話をしていたら学生だったころのことを思い出した。

大学に入って今まで思っていた理詰め、証明の数学ではない数学に出会ったときのことを・・・
Cosは大学に入るまでε-δ論法を知らなかったのだ。
いくら説明されても、本を読んでも納得できなかった上に先生が
「これは理屈じゃない。感覚的に理解できるものなのだ」といわれてものすごく驚いた。

といわれたって、「はいそうですか」と納得できるわけでもなく分からないままに時間が流れた。
が、あるときすーっとε-δの図が頭の中に浮かんで動き始めた。
図としては教科書や先生の説明にあったものと同じなのだが、それが動いてすんなりと感覚的に納得できたのだ。

たぶん、これがCosの理詰めだけではどうにもならない数学との最初の出会いだったのだろう。

それから先は感覚的に理解したことを証明で埋めていくみたいな形の勉強をずいぶんやったような気がする。

いつの間にか、そんな風に考えていた比があったことを忘れてしまっていた。

証明は数学的感覚の正しさを示す道具にしか過ぎないのかも。

数学的感覚・・・・たとえばこんな問題
Gomi2


AD//BC AD=5,BC=8の台形で
AB、DCを2:1に分ける点をP、Qとするとき、PQの長さを求めよ。

これを感覚的に考えるなんていうのもそうなのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぬりかべ」はこんなやつ

妖怪「ぬりかべ」・・・いまや知らない人はいないんじゃないかと思われるほどポピュラーな妖怪だけど、江戸時代には名前や容姿は伝わっていてもどんなものとされていたのかその絵は今に伝わってないと思われてきたのだ。

というかCosなんかには絵がなかったということのほうがなんだか不思議な気がする。
妖怪の絵というのは楽しくて好きなんだけど・・・


asahi.com:ゲゲゲの「ぬりかべ」、こんな姿? 江戸期の絵巻に登場 - 文化・芸能.

 二つの絵巻の出あいが今回の「発見」をもたらした。一つは川崎市市民ミュージアムの湯本豪一学芸室長が8年ほど前から所有し、もう一つは米国ブリガムヤング大の図書館に64年か65年に寄贈されたもの。いずれも縦約40センチ、横15メートル以上で、35体の妖怪が同じ画風の肉筆で描かれている。

 湯本さんのもとに、今年1月、日本の幻想文学を研究するニュージーランド・オークランド大のローレンス・マルソー准教授が訪れた。5月にはマルソーさんが提供した米国の絵巻の画像データを湯本さんが自身の絵巻と照合。米国の絵巻には、湯本さんの絵巻には書かれていない妖怪の名前が絵の横に書き込まれていた。正体不明として湯本さんが注目していた1体の妖怪に「ぬりかべ」の名があった。

この出会いからいつかは川崎市民ミュージアムで一般公開されることもあるんじゃないかなぁ
と楽しみにしておこう。

ぬりかべの絵はこれ。
といっても新聞だからいずれリンクが切れてしまう・・・・のが悲しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トプカプ宮殿の至宝展

友達から分けてもらった特別招待券で夜の美術館へ。

Img_5074


2007年9月24日まで東京都美術館でやっている
トルコ・イスタンブール歴史紀行
トプカプ宮殿の至宝展
オスマン帝国と時代を彩った女性たち

もちろん入場したときにはまだ明るかったのだけれど、会場内もかなり暗く、宝石の光を輝かせるためにか普段よりももっと暗かったように思う。
そのおかげでスポットライトを浴びて光り輝いていたわけなんだけど・・・

「至宝」というだけあって宝石で飾り立てられたものが光り輝いている。
宝石もガラスだまも区別のつかないCosにはちょっともったいない気もするけれど、宝石をふんだんに使った物を見るのもなかなか楽しかった。

本当にオスマンって金持ちだなぁと変なところに感心したり、宝石をちりばめた金のゆりかごを見たら「金がかかっている割には成金趣味になってないなぁ」とやっぱり変なところに感心したり・・・∥^O^∥
きれいなんだけど・・・

いいなぁと思ったのは(もちろん読めないけれど)それだけで芸術になっているかのような文字と花押。
「花押」と書いてあるから「花押」なんだろうと思うだけで、ただの文字だといわれたら「ああそうですか」と納得してしまいそうだ∥^O^∥

そして七宝とそこへの鍍金。
ちょっと見るといかにもトルコという感じなんだけど、よく見ると七宝の絵柄はヨーロッパの様でもあり中国の様でもあり(互いに影響しあっているから当たり前だろうけど)、両方の文化をつなぐところなんだなぁと感じてみたりもした。

中でも気に入ったのはくすんだピンクと薄い青でできた七宝装飾つりランプ。
こんな色使いもするのかとびっくりしてしまってしばらくそばにたたずんでしまった。

オスマン帝国の文化、どんな国だったんだろうとスルタンにハーレムにちょっと思いをはせては見たものの・・・これ以上歴史に深入りするのはやめようと思いなおしてかえってきた∥^O^∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

ゲームの時代

Cosはゲームは好きだからゲームが悪いなんて思ったことがない。

でも、ゲームでできることって学校の授業でやることなんだろうか?


asahi.com:英語や物理の授業でDS 試行で効果アリ 大阪電通大 - 暮らし.

 大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)が、年内をめどに、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を授業に本格導入する。1、2年生の必修科目のうち、英語、物理、力学などで全学生にDSを貸与する。数学の基礎などを学べる独自ソフトの開発にも乗り出す。私立大は受験生の減少などで経営環境が厳しい。「ゲーム」で独自色を出し、できれば収益源にして、受験生らにアピールする構えだ。

もちろん、学校側が推奨して、自由に使えるようにしておいて好き勝手に学生がやるのであればなんとも思わないけれど、
必修科目の授業で使うとか、数学の基礎が学べるとか?

そんなのだったら学校で勉強する必要がないのでは?
本質的なところが違っているような気がするけれど・・・

まあ、Cosたちが基礎学力をつけるために「課題」と称してやらせている問題に点数をやっているのと同じ発想なのかもしれないけれど・・・
う~む。

そういう時代なんだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

フェニックスの打ち上げ

ケープカナベラルからフェニックスが打ち上げられた。

NASA - Phoenix Mission .

10ヶ月ぐらいかけて火星へ行って土を掘り返してくるのだ。
何か見つかるといいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ物・・・

今日は神田へブルースとゴスペルのライブ。
神田の駅に行くのは何年ぶりだろう。駅の向かいでははなまるうどんの店ができかかっていたし、こっち側にはうなぎの登り亭もあった。

神田に着く前に「わかりづらいから」という案内のメールをもらったおかげで迷わずにお店にいけたのだが、話を聞いて見ると他の人にはメールできなかったとのこと。

あわてて、他の人たちに電話して・・・ついでに出席確認∥^O^∥
ブルースもというのはCosともう一人だけだった。

出席確認が済んだらとりあえずビール!!
いやぁこの暑い日のビールのおいしかったこと\∥^O^∥/

第一部はブルース・・・
しっとりと歌い上げるのがブルースだと思ってたけれど、元気のいいのりのいいグループで思わずリズムを取りたくなる。
もちろん2杯目のビールの効果も大きいのだが・・・

普段と客層が違うのだろうなぁ・・・どこか緊張しているメンバーを見ていると、生徒たちや若い人たちのライブと重なって見えてきた。
ちょっとロックっぽい感じもあったし、生徒と同じ年代のお客さんもいたし・・・


そして第2部がCosのお目当てのゴスペル。

中学の音楽の時間に習った「黒人霊歌」・・・

奴隷として厳しい労働を強いられ、キリスト教を強いられていた黒人たちが自分たちの表現としていつの間にか、自己の信仰を表明するだけではなく、自分たちの心の開放でもある曲になっていった。
と習った記憶がある(違うかもしれないけど・・・それを表現しろといわれたのだ・・・英語だけで十分難しかったのに・・・)

生き生きと歌っている人たちを見ながら、音楽を楽しみながらワインを飲みながら、そんな話を思い出した。

知っている曲、知らない曲、いろんな曲があったけれど最後のメサイアは毎年恒例で聞いている(クラシック)コーラスのメサイアと同じ曲のアレンジで、すごくおもしろかった。

確かに同じ曲で、同じ歌なんだけど、意図するところも多分同じなんだろうけれど、一方は賛美の曲でもういうっぽうは喜びの曲という感じかな?

そんなこんなで終わったあとも最後まで居残っておしゃべりをしたり、ワイングラスを落としたり(もちろんσ∥>_<∥ )・・・
それでも気が済まずにみんなでお茶・・・・
(日曜日の神田で開いている店を探すのはなかなか大変だった)
何しろ先週のお泊りで一緒だった人もいて、いくらおしゃべりしても話は尽きない。
ようやっとのことで店を出て、神田駅で
銀座線へ
京浜東北線へ
山手線へ
中央線へ
とそれぞれの方向に分かれた。

ちょっとアルコールが入って気分がよかったCosも「楽しかったなぁ」なんてほんわかした気分でいたのだが・・・・

ふと思い出した・・・
久しぶりにのぼり亭のうなぎを買って帰ろうと思ったことを・・・_| ̄|●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

2.5?5?

地球の大きさはたしかに小さかったらしい。

asahi.com: 地球は5ミリ小さかった 国際機関が赤道直径を解析 - サイエンス.

 地球の大きさを精密に測定すると、赤道の直径が従来より約5.1ミリ小さいことが分かった。

これって前に読んだ

Earth Is Smaller Than Thought, New Measurements Show.

New measurements reveal that Earth is smaller than was previously thought—though not by much.

If you're a planning a trip around the world, you may be pleased to hear that you have about 0.1 inch (2.5 millimeters) fewer to travel.

とはニュースの出所が違うのだろうか?
一挙に2倍縮んだわけだからその差は大きい・・・


それとも7月9日から8月4日まででさらに縮んだのだろうか?

いずれにしても航空運賃は変わらないけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒る女性は不利

女性のいかりは「ヒステリー」という印象が強いのだろうか?

職場での怒り表現、女性の場合は不利に働く傾向=米調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters .

 米エール大学の研究者ビクトリア・ブレスコル氏は3日、職場で怒る態度を見せることについて、男性は称賛されることがある一方、女性の場合は「自制心がない」とみられる傾向があるとの調査結果を発表した。

(中略)

調査では、同僚が会議に遅刻したことで顧客を失ったという設定の男女それぞれの怒る様子と悲しむ様子のビデオを被験者に見せ、それぞれの男女の態度を評価し、それに準じた給料を決定するという手法が採られた。

 それによると、最も評価が高かったのは怒った男性で、悲しんだ女性や悲しんだ男性がそれに続いたが、怒った女性はかなり大差が開いた上での低い評価となった。給料評価では、怒った男性が平均で約3万8000ドル(約450万円)だったのに対し、怒った女性の方は平均で約2万3500ドル(約280万円)だったという。

男女を問わずヒステリックに怒っている人間に対しては評価が低くなるけれど、怒り方によっては感銘を受けることもある。

このビデオって言うのはどんなビデオだったか見たい気がする。
こういう感情に関することというのはちょっとした表情、態度だけでずいぶん受け止め方が違うし、同じ怒る・悲しむでも「どんなふうに」というのがポイントになっているだろうなぁ・・・

ただ、やみくもに怒ってばかりいる男性とやみくもに怒ってばかりいる女性どちらがよりいやかということになると男性のほうがあしらいやすいかも知れないという気はしてくる・・・
どうしてだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.03

当然だろうな

原発で実験などして欲しくないのは当然だろう。
しかもどういう立場の人かを考えると自分の立場を分かってないんじゃないかとしか思えない。

あるいはこういう人を座長にする必然性があるのかもしれない。

asahi.com:地震は原発に「貴重な実験」 発言の技術委座長が辞任 - 社会.

 「新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」座長の宮健三・法政大大学院客員教授が、中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発に2日に立ち入り調査した後の記者会見で、地震は同原発にとって「貴重な実験だった」と発言した。宮氏は3日、「一身上の都合」を理由に、座長と委員の職を辞任した。

(中略)

 報道陣に「安心したか」と尋ねられると、「安心した。何というか、代え難い実験だったんですね。歴史的な実験かも知れない」と答えた。

 同委員会は、同原発などで発覚したトラブル隠しをきっかけに、県が03年2月に設置。原子力や地震工学などの専門家を集め、宮氏は発足当初から座長を務めていた。

誠心誠意原発にとって良い方向になるように舵取りをしたことには間違いなさそうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ふぅ、疲れた

今日は一日母のお手伝い・・・のはずなのだが、どう見ても母よりもCosのほうが数倍忙しい・・・
なんか癪に障る∥^O^∥

明日はもう一日お手伝いをして、あさっては遊ぶぞ!!\∥^O^∥/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しはきれいになった?空

かつてはスモッグに覆われているかのような印象さえあった東京の空も少しきれいになったらしい。
(実際には局地的に空気の悪いところがあってそういうイメージになってしまったのだが・・・)

東京の空のすすが半減、ディーゼル車規制効果か : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 東京都内の大気中に含まれるディーゼル車から出る有害な黒いすすの量が、2003~05年の調査と比べて今年は半減したことが、東京大学先端科学技術研究センターの調査で2日明らかになった。


 国や東京都のディーゼル車の排ガス規制による大気汚染の改善効果とみられている。

 ディーゼル車から出る黒いすすは、燃料の不完全燃焼によって発生する炭素の微粒子で、人の呼吸器に悪影響を与える。発がん物質のベンゾピレンなど有害な化合物を含み、太陽光を吸収する温室効果を持つ。

(中略)

 東京都は03年10月から、乗用車を除き、粒子状物質の排出基準を超えるディーゼル車の都内走行を禁止している。また、国では05年10月から、ディーゼルのトラックやバスの新車を対象に、粒子状物質を約85%減らす排ガス規制(新長期規制)を実施している。

これで温室効果も減って少しは涼しくなるといいけれど・・・
Cosのうちの近所は規制対象範囲外・・・
車はそんなに多くないけど、トラックは多いからだめかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

パイロットになりたい

「将来の夢は?」ときかれて「パイロット」と答える生徒がたまにいる。
不可能ではないけれど、狭き門だよなぁ・・・

大変なことには代わりがないけれど、これで少しは門戸が開かれるのかなぁ?

asahi.com:法政大がパイロット養成コース 操縦実習は福島で - 社会.

 法政大学は2日、08年度に新設する理工学部にパイロット養成コースを設けると発表した。実際に飛行機を操縦する実習は、福島県の福島空港で行う。パイロット養成コースは東海大学などにもあるが、操縦実習は米国で行っており、国内空港での実習は航空大学校を除いて初めてという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇なとき

明日から2日ほど母の手伝い。
何しろ、「Cosの暇なとき」にあわせて予定を入れているから仕方がないのだが、暑いだろうなぁ・・・

まあ、数学遊びにいけなくなったのは仕方がないけど・・・
今日は早く寝なくっちゃ・・・_| ̄|●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

800万年前の木

800万年前の木が残っていた。

ハンガリーで石炭ではなく茶色の石炭?を掘っている時に見つけられた木は高さが4~6mで周囲が1.5m~3mぐらいで写真を見る限りちょっと換わった感じがする。


Photo in the News: Rare Fossil Trees Found in Hungary.

The eight-million-year-old swamp cypress forest was found recently near the village of Bukkabrany in northeastern Hungary, officials announced today (map of Hungary). Miners uncovered the unusual find while digging for lignite, or brown coal.

しかもどうやら、石にならずに木のまま残っているらしい。

年輪とかあるんだろうか?
考古学の年代測定に使えたりするんだろうか?

写真を見た限りでは掘り出したら出てきたらしいのだが、今ひとつ自信がない∥^O^∥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.01

でたでた

ちょっと見ると普通の朝顔のように見えたのだが、よく見るとこんな花・・・
Img_5003

横から見ると朝顔らしい感じもするのだが・・・

Img_5009


| | コメント (4) | トラックバック (0)

雲に隠れたブラックホール

子どものころから不思議だしあこがれ続けた(どうあこがれたのかは自分でもよく分からないのだが)ブラックホール。

見えないものを見つけるのは難しい。
(過去の出来事を調べるのとどっちが難しいんだろう?)

asahi.com: 新型ブラックホール、衛星「すざく」が発見 - サイエンス.

 銀河の中心には、太陽の100億~100兆倍のエネルギーを放射する巨大なブラックホールがあり、活動銀河核と呼ばれる。中に落ち込む物質が放射するX線を観測することによって、ブラックホールの存在を知ることができるが、これまでは1万電子ボルト以下の低エネルギーのX線しか観測できなかった。

 NASAの天文衛星「スウィフト」は、20万電子ボルトまでの高エネルギーX線を観測でき、新たに約200個の天体を見つけられた。そのうち、八分儀座の方向にあるESO005―G004(地球から8000万光年の距離)など二つを「すざく」で詳しく観測した。ブラックホールを囲む濃いガス状の分子の「雲」が巨大なドーナツ形に広がり、特別に分厚いために、ブラックホール周辺にある光や低エネルギーのX線を吸収してしまっているらしい、という。

雲の中に隠れていて見つけることができなかったブラックホールを見つけることができるようになった、それだけを聞くとたいしたことはないような気にもなるけれど、もともと見ることのできないブラックホールは間接的な証拠でしかその存在を知ることができない。

雰囲気としての方向性は逆だけど、過去の事実を探るのとちょっと煮ているかも。

そういえば子どものころ、「マイクロブラックホールのお茶漬けを食べる」という話の出てくるSFを読んだ記憶がある。
そんなことが可能なのかどうか一生懸命頭をひねったのだが・・・・

そんな小さいブラックホールって存在できるのだろうか?とか
かなりの室労があるはずだけど、お茶漬けにできるのだろうか?
とか・・・

あれはいったい何の本だったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »