« 言語道断なテスト | トップページ | ハリポタ大人買い »

2007.07.17

一番怖い想定以上のゆれ

今回の自身の伝わり方のアニメーションが東大の地震研究所で公開されている。
新潟県中越沖地震 - 強震動と長周期地震動 -のページの真ん中辺りにある「MPEG アニメーション(6MB)」をクリック。

これを見ると最初の一回が跳びぬけて大きい。


そのときにいろいろな事故が起こったのだろうが、今回の地震で柏崎の刈羽原子力発電所で起こった火事よりももっと怖いのがこの事実

時事ドットコム:設計想定超える地震加速度=刈羽原発1、5、6号機で-東電.

 東京電力は16日、新潟県中越沖地震で緊急停止した柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)で、耐震設計上の想定を大幅に超える地震の加速度を記録したと発表した。

つまり、耐震設計上ありえない地震が来たということなのだ。
どれほど「原発は安全」(もちろん原発に限らないのだが、致命的な事故が起こったときの怖さを考えると怖い)といってみたところで予想以上の出来事が起これば決して安全とはいえない。

その中でも

1号機で南北方向に311ガル(設計上の想定は274ガル)、東西方向に680ガル(同273ガル)を記録。

なんと設計の2倍以上のゆれ(といっていいのかな?)が観測されたのだ。

気象庁 | 震度と加速度.

実際の地震波はさまざな周期の波が含まれているので、震度7が加速度で何galに相当すると言えませんが、仮に周期1秒の波が同じ振幅で数秒間続くとすると、震度7の下限に相当する計測震度6.5以上になるためには、3成分の合成値で約600gal以上の加速度が必要です。これが周期0.1秒の波になると2700gal以上になります。

直接比較はできないし、周期がどれぐらいの波だったのかも分からないからなんともいえないのだろうけれど、今回の地震に限っていえば、決して安全ではなかったといえるかも。

|

« 言語道断なテスト | トップページ | ハリポタ大人買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15784432

この記事へのトラックバック一覧です: 一番怖い想定以上のゆれ:

« 言語道断なテスト | トップページ | ハリポタ大人買い »