« うまく出ない・・・ | トップページ | やっぱり停止命令 »

2007.07.18

活断層の上に原発?

想定値の二倍以上の加速度を検出した柏崎刈羽原発だが、今回の地震を起こした海底の断層の延長上にあるらしいことが分かった。

言い換えると今回の地震は原発の下でで起こっても不思議はなかったことになる。


asahi.com:原発直下に断層か、建設の前提に疑問 中越沖地震 - 社会.

 新潟県中越沖地震(マグニチュード〈M〉6.8)を起こした海底の断層は、東京電力柏崎刈羽原発のある陸地直下にまで及んでいるとみられることが、気象庁などによる余震分布の解析でわかった。同原発建設時の想定(M6.5程度)を超える地震を起こした断層が直下にあるとはっきりしてきたことで、運転再開に慎重な判断が求められるだけでなく、昨年改定されたばかりの原発耐震指針で十分かも論議を呼びそうだ。

(中略)

 陸側は深さ20キロ以上と深いため、原発の直下部分よりも、直下でない浅い部分のほうが揺れに大きく影響した可能性はある。「直下にあるから一概に危ないとはいえない」と防災科学技術研究所の小原一成・地震観測データセンター長は指摘する。

 ただ、原発建設は直下に活断層がないことを大前提にしてきた。同原発は未知の断層が直下にあったとしてもM6.5程度までの地震しか起こさないとの想定で設計されていた。建設の前提が揺らいだことになる。

正に設計段階の読みの甘さが出てしまったということになるのだろう。「M6.5まで」とした根拠はいったいどこにあるんだろう?

活断層の上にあって、なおかつ想定以上の規模の地震が起きてこの程度の事故で済んだのは不幸中の幸いかもしれない。

「直下にあるから一概に危ないとは言えない」・・・って、安全だということとはまったく違うし、「危険がない」と断言できるわけでもない。

活断層の上、しかも活発に活動している断層の上にある原発・・・「耐震性の評価」をしなおせばいいというものではあるまい。

今回の事故が実は運がよかっただけという可能性も否定できないのだ。
人間の尺度からいえば何年かに一度であっても、地質学的な時間の流れの中では間断なく地震がおき続けている土地でもある。

設計時には想定外であっても現実には危険のある場所であることが分かってしまったらどうすればいいのかは一目瞭然だろう。

今回の地震を越した断層についてはこの記事。

asahi.com:地震調査委、海底活断層による可能性指摘 中越沖地震 - 社会.

 政府の地震調査委員会は17日、臨時会を開き、中越沖地震について、付近の長岡平野西縁断層帯の活動ではないと断定、海底で見つかっている活断層による可能性を指摘した。今回の地震は、日本海東縁部のひずみ集中帯の一部が関係したこと、断層の破壊が新潟県柏崎市周辺に大きな被害を与えやすい形だったことも示した。

(中略)

 地震を起こした断層は、北東から南西方向に破壊が進んでいたことも解析でわかった。地震は、断層の破壊の進行方向で被害が大きくなることが知られており、南西の延長上にある柏崎市などで被害が大きくなったと考えられるという。

 指摘された日本海東縁部のひずみ集中帯は北海道の西沖から新潟沖に延び、南側は新潟―神戸ひずみ集中帯につながる地震多発域。新潟地震(64年)や日本海中部地震(83年)、北海道南西沖地震(93年)が起きている。

原発での被害はこの記事

asahi.com:柏崎刈羽原発、放射性物質は大気中にも 中越沖地震 - 社会.

 東京電力は17日、柏崎刈羽原子力発電所7号機(新潟県)の主排気筒から放射性物質が大気中に出たと発表した。新潟県中越沖地震の影響とみている。低レベル放射性廃棄物が入ったドラム缶約100本が倒れたり、消火用水配管から水が漏れたりするなど、同原発の1~7号機で計50件の機器の故障や破損が見つかったことも明らかにした。想定を上回る地震の直撃で、原発の思わぬ弱点が浮かび上がった。

|

« うまく出ない・・・ | トップページ | やっぱり停止命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15796540

この記事へのトラックバック一覧です: 活断層の上に原発?:

« うまく出ない・・・ | トップページ | やっぱり停止命令 »