« よろこんでいいのか・・・ | トップページ | 早かったテレビ »

2007.07.15

ウェブ社会をどう生きるか

基本的にCosにとっては本屋は鬼門。

何も買わずに出てくることはまずありえない。
ところが疲れて思考能力が麻痺してくるとついふらふらと入ってしまうのだ。

というわけで仕事が一段落して、何の気なしに入ってしまった本屋で買ったのがこの本。

ウェブ社会をどう生きるかウェブ社会をどう生きるか
西垣 通

岩波書店 2007-05
売り上げランキング : 1073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本を読むには

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まるウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング : 144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
を読んでからのほうがいい。

何しろちょっと読むとこのweb2.0に対する反論という感じもするけれど、実際に書かれている内容はweb2.0に対する盲信の戒めみたいな感じ。

さすがに教師が書いただけあっていろいろな裏づけや話題の深さがまるっきり違う。読んでいて、「ほぉ~、そうなのか面白そうだなぁ・・・」と思うところも何箇所かあったし、知らない言葉もたくさんあった∥^O^∥

たとえば、Cosの知らない「オートポイエティック」とか「アロポイエティック」なんていう言葉も出てきてかつては機械と人間はまったく相容れないものであったはずなのに、いつの間にか融合しつつある・・・混同している部分を作者は批判しているけれど・・・融合しつつあるのかもしれないけれど、本質的には違うものである・・なんていうことを考えさせられた。

「ウェブ社会をどう生きるか」というよりはどうwebとかかわっていくのかを考えさせる一冊かもしれない。

それにしても批判の仕方がなかなかおもしろかった。

○○は××であると考えられる。もしそうだとしたら××であることは間違いだから○○も間違いであるという感じの論法を所々で使っているような気がした。
(もちろん、いろいろな言葉をかぶせてあってこんなに単純に表現はしてないけど)
○○が××でなければ成り立たないのだなぁ・・・

|

« よろこんでいいのか・・・ | トップページ | 早かったテレビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15769127

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ社会をどう生きるか:

» [BOOK]ウェブ社会をどう生きるか [【邪魔なプライド】]
昨年は「Web 2.0」に始まり、「mixi」(上場)と「YouTube」(買収)。 今年は「Second Life」「Twitter」「モバゲータウン」。 (ケータイも含めた)インターネット上の流行やバズワードのようなものは、それこそもの凄いスピードで現れては、定着するもの消えていくもの様々あるが、それはこの産業のこれからの大きな変革からしたら、まだ本当に小さなことで、全く持ってまだまだ過渡期なのだということの証左だろう。 そもそも今までだって、ずっとそうしたことの繰り返しだった。 ... [続きを読む]

受信: 2007.08.24 20:26

« よろこんでいいのか・・・ | トップページ | 早かったテレビ »