« やっぱり停止命令 | トップページ | ウソツキクラブ »

2007.07.19

Free Mind

Cosは時々Flashを作ったりもしているのだが、このFlashのスクリプトは普通にずらずらとプログラムを書くんじゃなくて、一つ一つの部品の上にスクリプトを載せているから、きちんと覚えていないと何がどうなったかさっぱり分からなくなりかねない。

普通にプログラムを書くときにはサブルーチンで飛んだりはするけれど、うえから始まって順に実行していくからどういう手順で何をどうするかが分かっていればいいのだが、FlashのActionScriptはそういう形でまとまって見ることができないのだ。
(もしかしたらできるのかもしれないけれど、Cosにはわからない・・・)

で、Cosが欲しいなと思っていたのはアクセスのクエリみたいなもので、あっちとこっちを同時に見ながら関連付けたりできるようなもの。

以前はアイデアツリーを使っていろいろなことを考えたりもしたのだけれど、これも基本的には一列に並んだ構造だから、あっちこっちと飛び回るのにはむいてない。

どうすればいいのか分からなくてずっと探していたのだが、ひょんなことからMindMapというものがあることを知った。
どちらかというと学習方法というか発想法というか・・・そんな感じのものにしか見えなかったのだけど、次々に「線でつないでいく」というところに惹かれてちょっと調べてみた。

マインドマッピング - Wikipedia.

表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで、発想を延ばしていく図解表現技法。この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めている。

Cosが知ったのも「学習法」のひとつの形だったので当初は余り関心を持たなかった(色を使ったり絵を描いたりするのは余り惹かれない)のだが、うまく使うとFlashを作るときに役立つのではないかと思ったのだ。

ところがこのMindMapはPC用のソフトもあるのだが、何万円もするのでとてもじゃないけど買う気になれなかった。
もちろん使ってみての体験版などもあるけれど、試用期間が限られているし、どっちにしてもそんなことのためにお金を使う余裕はCosにはない。

で、見つけたのがこのFree Mind
おそらく機能的には何万円もするソフトに比べれば脆弱なものなのだろうけれど、Cosが使おうとする程度なら何とかなるんじゃないかと・・・

Mind Mapは線の上に文字を書いたりイラストを多用したりしなくてはいけないらしい(記憶を助けるというのだが、そんなものの必要はCosは感じない)から厳密な意味ではMind Mapとは違うのかもしれないけれど、使ってみた感じとしては結構見やすかった。

Mindmap
出来上がったものはこんな感じ。
使い方はまったく知らないし、初めて作ったものだから後になってみればひどいものだろうと思うけれど、この図の左側のカラーの部分がそれぞれのレイヤーに対応している。
右側に置いたもので自分のやりたいことを書き出してみた。
それを実行するのが左側に置いた4枚のレイヤーというわけだ。

内容も単純なものなので他のレイヤーとの兼ね合いは考える必要がなかったけれど、これなら構造が見やすいかも。

とちょっと期待中。


|

« やっぱり停止命令 | トップページ | ウソツキクラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15805697

この記事へのトラックバック一覧です: Free Mind:

« やっぱり停止命令 | トップページ | ウソツキクラブ »