« 定員割れ | トップページ | 雲に隠れたブラックホール »

2007.07.31

鉛筆と黒鉛の旋律

線の迷宮<ラビリンス>Ⅱ―鉛筆と黒鉛の旋律
2007(平成19)年7月7日(土)~9月9日(日)
目黒美術館

その前から行くつもりはしていたんだけど、土曜日(か日曜日)に「絶対にCos向けだよ」といわれてその気になって大急ぎで今日行ってきました。
(さすがに昨日は月曜日だから休みだし・・・)

いやぁ、よかった!!

久しぶりにどきどきする絵と対面して来た。
こんな絵
鉛筆で書かれたたくさんの絵、
どうやったら鉛筆でこんなものがかけるんだろうという疑問がないわけではなかったけれど、そんな疑問に浸っていられないほど、柔らかな鉛筆の黒のかもし出すしなやかな世界に圧倒されて来た。

中でも、篠田敦夫の繊細な、見慣れたようでシュールな絵は見れば見るほどこことは違う世界を思わせるような絵。
どうやったら鉛筆で描けるのかが不思議。
見慣れているはずの海辺の岩が、砂浜が、見つめている人が他のものに変わっていく・・・という感じかな。

そして、関根直子
いかにも鉛筆でたくさんの線を描いて重ねていってできた抽象画。柔らかな鉛筆の短い線がたくさん重なってひとつの絵を作っている。

中にはためし書きをするときのようなくるくるとまわした線で絵がかかれたものも・・・

今回の一番のお気に入り。

木下晋。
大きな画面いっぱいに年老いた人たちの表情を捉えている。その絵の前に立つと彼らの人生の深さに姿勢をただ図に入られない漢字。

他の人たちの絵もそれなりによかったのだけど、この3人の絵はそばを立ち去りがたいよさがあった。

メゾチントのどこか硬い繊細さとは違う鉛筆のやわらかい繊細さもまたいいなぁ・・

|

« 定員割れ | トップページ | 雲に隠れたブラックホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15965608

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆と黒鉛の旋律:

« 定員割れ | トップページ | 雲に隠れたブラックホール »