« スパムを規制できなくなった | トップページ | でた »

2007.07.26

想定の範囲

柏崎刈羽原発は結局1年以上使えないことになった。
東京電力はここが使えなくなったので、電力供給能力が減ってしまったために夏の電力需要期を迎えて他の電力会社に剰余電力をまわしてもらうように要請しているなどといったニュースを聞く。

地球温暖化を考えると電力の供給が減ったらそれにあわせたライフスタイルにするのが一番いいのだが・・・・・

じゃ、それができるか、クーラーなしの生活に耐えられるか・・・・・
う~ん、疑問だ・・・・


中越沖地震:柏崎刈羽原発の運転再開まで1年以上-事件:MSN毎日インタラクティブ.

 班目教授は「想定以上の揺れが来たらB、C級の機器は壊れても仕方がないという考え方で作られているが、壊れた個所を全部修理し、安全基準を満たしているか判断する必要がある。今後、委員会で被害状況を調べるが、常識的には1、2カ月で終わるはずがなく、来年の夏の(電力の)心配をしなければならない」と述べ、7基ある原子炉の一部再開にも最低1年以上はかかるとの認識を示した。

 さらに、班目教授は「地震動の想定を1000ガル(ガルは加速度、現在は450ガル)程度に引き上げる必要があるかもしれない。耐震設計に見直すべき点がないかどうかも委員会で議論したい」と語った。

耐震設計の見直しは必要だろうと思うのだが。

今回だって誰も断層の上に立てているなんていうことは考えなかっただろうし、そこに断層があるのかないのか調べることがどの程度できるかはわからない。

事前調査が不十分だった可能性もあるけれど、調査し切れなかった可能性もある。

他の建築物と違って、最大の事故が起こったときにどれほどの被害が起こるか、人類の生存すら不可能にする可能性も常にある建物となると、たとえ震源地の真上になってもそうした事故を起こさないだけの設計でないとまずいと思うのだが・・・

|

« スパムを規制できなくなった | トップページ | でた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15903727

この記事へのトラックバック一覧です: 想定の範囲:

« スパムを規制できなくなった | トップページ | でた »