« 信じたいものを信じるのだ | トップページ | 余裕がある? »

2007.07.08

宇宙飛行士のblog

あぁ、宇宙へ行くのだって一種の旅行には違いないけれど、
「どちらへお出かけですか?」
「ちょっと宇宙ステーションまで」なんていう会話が交わされるようになるころまではCosは生きてないだろうなぁ・・・

時々覗きに行く5thstar_管理人_日記を知ったとき、宇宙飛行士という人種(人種なのか?>自分) というのが雲の上の人などではなく、雲の上に上ろうとしているけれど、Cosたちとそう大きくは違わない生身の人間だと実感してとてもうれしくなった。
その5thstar_管理人_日記: 星出ブログ始まるの記事を見たときにはますますうれしくなってしまった。

メディアを通じてではなくblogを通じての(一方的ではあっても)つながりはますます宇宙飛行士という人種が近く感じられる。
子どものころからの宇宙への憧れを実現しようとしている人がそこにはいて、その彼を見て子どもたちが宇宙にあこがれるんだろうなぁ・・・

はじめまして: 星出宇宙飛行士ジャーナル"Tsukuba, Station, S/G1" - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA.

これからSTS-124/1Jミッションまでの訓練や生活など、皆さんにお伝えできればと思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

とのこと。Cosは宇宙人が連れて行ってくれない限り宇宙に行くことなんてないだろうけれど、やっぱりわくわくする。

『私を月まで連れて行って』だな。

|

« 信じたいものを信じるのだ | トップページ | 余裕がある? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15695729

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙飛行士のblog:

« 信じたいものを信じるのだ | トップページ | 余裕がある? »