« 小さな氷河の融解 | トップページ | ここだけ見ると理科立国 »

2007.07.22

3年目の雨2007/07/22

降りしきる雨の中樹木葬地である天徳寺に行ってきた。

Img_4561

天徳寺の樹木葬が始まって3年。父がなくなってからも3年。
この樹木葬地は企図しての父の年と一緒なのだ。
そしてこの一角はもう木々がすっかり育って林のようになってきていた。

亡くなった父もこの地にすっかりなじんで根を下ろしたかのように思えてきてなんだかうれしくなった。
これまでは「苗を植えた」という感じがしていたのだけれど、木が育ってきて少しずつ里山に近づいてきて、林が育っていく・・・自然にかえっていく・・・という感じかな。


雨が降っているけれど、住職は今日の納骨の準備に草刈。
樹木葬地の様子のビデオ
今回のビデオは鳥の鳴き声ではなく、エンジンカッターの音。
住職が一生懸命に働いているのだ。
これだけの広さの樹木葬地を手入れするのはとても大変・・・
この前に来たときにも、草刈をしている草のきれっぱしが全身についていて本当に大変そうだった。

雨が降りしきる天徳寺ではいろんな花が咲いていた。
Img_4545

これは水かんなの花。
池に生えているかなり背の高い草。
この池には運がいい年にはほたるがくることもあるとか。
ため池じゃなくて湧き水なのかな?

Img_4594

これはなつすいせん。
葉っぱがなくて、花だけが咲いている。
ちょうどヒガンバナと同じような咲き方かな。
まだ咲き始めでもうちょっとするとたくさんのなつすいせんがいっせいに咲いてきれいだと思う。
あと1,2週間かな。


Img_4600

この花はなんと言う名前だか分からなかった。
秋になると黄色いミニトマトのような形をしたもうちょっと小さい実がたくさんなる。
広場を覆いつくすようにたくさん咲いていた。

今日は千葉では雨が土砂降りで傘を差しながら写真を撮ったので、うまく取れなかったのだけれど、ノカンゾウやコスモス、あじさいも咲いていた。

今はHPには書かれていないようだけれど、
「花でいっぱいの
人々が行き来をするお寺にしたい」
という住職の言葉どおり、いろんな花が咲いていて、こんな土砂降りの雨にもかかわらずCosたち以外の方もおまいりに来ていたし、少しずつ住職の希望通りのお寺になっていってるのかも・・・

父たちの木も育ち、お寺も宗派にこだわらず樹木葬の木々に会いに来る人たちに囲まれたあたたかいお寺に育っていくといいなぁ

Img_4582

これは住職が作ったペットボトルを使って水を撒くときに使う板。
ここにペットボトルを逆さに立てて、夏の日照りのときにも水不足で木が枯れないようにするのだとか。
うまく行くといいなぁ・・・

これ以外の写真はこちらから

|

« 小さな氷河の融解 | トップページ | ここだけ見ると理科立国 »

コメント

いつもお邪魔させていただいているのですが、
コメントは初めてです
6月に主人をなくし、今お墓の事でとても悩んでいます
とにかく、自分はもとより
親類他みなさんに賛同してもらうのはとても難しいことですね
一度、天徳寺にお邪魔したいと思っております
これから、又お邪魔しますと思いますので
宜しくお願いいたします

投稿: kikikibi | 2007.08.19 12:25

やっぱり、親戚の方たちの理解が一番大変かもしれません。
ぜひ一度天徳寺にいらしてください。

8月の見学会はお休みです。
9月7日(金曜日) 11時30分より
10月16日(火曜日)11時30分より
11月14日(水曜日)11時30分より

だそうです。
気さくな住職ですから、入る入らないにかかわらずいろいろと相談なさってみるといいと思います。

投稿: Cos | 2007.08.20 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15845756

この記事へのトラックバック一覧です: 3年目の雨2007/07/22:

« 小さな氷河の融解 | トップページ | ここだけ見ると理科立国 »