« 母の日 | トップページ | 失敗を恐れずに »

2007.05.14

利口なカラス

カラスは利口だとよく言われるけれど、それが確認された。

asahi.com: 「賢いカラス」脳地図で証明 慶応大グループ - サイエンス.

 ほかの鳥類は視聴覚などをつかさどる中脳が比較的発達しているのに対し、カラスは思考力や学習能力、感情などをつかさどる大脳が、中脳を覆う形で発達していた。大脳には、「巣外套(そうがいとう)」「高外套(こうがいとう)」と呼ばれ、高度な情報処理ができる人間の「連合野」にあたる領域があるが、この領域がハトなどに比べ、多くを占めていた。

 伊澤准教授は「脳内の領域分布や大脳の大きさは鳥類としては異例。脳の機能を調べれば、人間とのかかわり合いなどカラスの生態を解明できるかもしれない」と話している。

生息地域が人間と重複している上に頭がいいからこそ人間を困らせるわけで、イルカのように住んでいるところが違っていれば「頭がよくてかわいい」と言うことになるんだろうなぁ

かといって「飼育している」と言う人の話は聞かないから、ペットにもならないんだろうし・・・

でも、カラスと共存してともに生きる世の中ってどんなのだろう?
空と陸と海と・・・それぞれの領域で異なった生物が文化を築くとおもしろいのになぁ

|

« 母の日 | トップページ | 失敗を恐れずに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15064415

この記事へのトラックバック一覧です: 利口なカラス:

« 母の日 | トップページ | 失敗を恐れずに »