« 変声期 | トップページ | 朝顔の記事 »

2007.05.21

銀河とダークマター

ちょっと古くなるけれど、自分から光を出さないし反射もしない宇宙の暗黒物質ダークマターの記事。

asahi.com: 「暗黒物質の輪」とらえた NASAなど発表 - サイエンス.

 宇宙全体の重さの4分の1を占めるとされ、正体が不明の「暗黒物質(ダークマター)」。それが「輪」のように広がっている様子を、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた。米航空宇宙局(NASA)などが15日、発表した。暗黒物質の存在領域を輪のような明確な形でとらえたのは初めて。正体解明の重要な手がかりになりそうだ。

Gomi2_22

NASA - Hubble Finds Ghostly Ring of Dark Matter.

Hubble Finds Ghostly Ring of Dark Matter 05.15.07

The most common substance in the universe is called dark matter. It doesn’t shine or reflect light. We can’t even see it.

このリンク先の記事の中にある写真をクリックすると写真が大きく表示される。そこには、このダークマターの向こう側にはたくさんの銀河があるのがはっきりと写っている。
銀河の渦の巻き方ひとつとってもいろんな種類があるし、真横(に近い角度)でみえているもの、渦が丸くなっているもの、ひげのようになっている渦・・たくさんの個性豊かな銀河たちを見ていると時間の過ぎるのを忘れるほど。

青いところと白っぽいところでは見え方が違うかと思って目を凝らして見たけれど・・・・
まるっきり同じように見えてしまう・・・重力レンズの効果の度合いから判断すると言うのだが、人間の目で見て分かるものでもなさそうだ。

それにしても、「ダークマター」「暗黒物質」、どちらもかっこいいけれどどうも負のイメージでとらえたくなる・・・実際にはごくありふれた(ただこっちには認識できないけど)物質なのだが・・・やっぱり、宇宙は黒い雲を蔓延させるダークマター族でいっぱいだからだろうか・・・∥xx;∥☆\(--メ)


|

« 変声期 | トップページ | 朝顔の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/15148142

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河とダークマター:

« 変声期 | トップページ | 朝顔の記事 »