« 春休みの終わり・・・ | トップページ | 代返可能? »

2007.04.06

暴行をする子ども

相手に怪我をさせると言うのは犯罪になるのではないだろうか?
たとえそれが事故であっても相手が納得しなければ事故と言うことにはならないと思うのだけれどどうなんだろう?


そして、学校はどうやって再発防止をするんだろう?

この子のやっていることを見るととても学校だけで対応しきれるものではないと思うのだが・・・

asahi.com:同級生暴行で集団欠席の構え 教委が防止策で回避 東京 - 教育.

 「教室でけがをさせられたのに学校は何もしない」と、東京都中野区立啓明小学校の4年生の男児2人の保護者が3学期末、区に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。それから2週間足らずの4日、区教育委員会は再発防止を約束した。保護者は5日午前、訴えを取り下げた。2人に加え、提訴に同調する保護者の児童5人も問題解決まで登校しない構えだったが、6日から始まる新学期に集団欠席が続く異常事態は避けられることになった。

 訴状によると、原告の男児2人は昨年4月から、同じクラスの男児2人から繰り返し暴行を受けた。1人は7月、休み時間中にわざとぶつかられて、左足をギプスで固定するけがを負い、後遺症が残るおそれがある。もう1人は同月、図工室の机の間に体を挟まれたという。

(中略)

 保護者たちは繰り返し、担任や校長に訴えた。教育委員会が視察に来たこともあった。しかし、その後も乱暴は続いたという。「子どもたちを守るためには、これしかなかった。ここまでしないと学校は変わらない」と口をそろえる。

ギブスで固定をするような怪我をしたときに親はどうしたんだろう?

自分の子どもがこういうことを日常的にしていることを知らないんだろうか?

おそらく実際には知っているのだろうけれど、放置しているか、放置せざるを得ない状況にあるのかもしれない。
そういう子どもをどうしたらいいのか、親がどうにもできない(しない)なら学校だけでどうにかできるものなのか?
学校でどうにかしようとしてもそのために割ける人手はあるのか?
あったとしてもどうやって?

親としてこういうことが起こっているような学校に自分の子どもを行かせたくはない。
誰もがそう思うはずだけど、学校に訴えても教育委員会に訴えても状況が変わらないから訴訟を起こした。そうやってことを大きくしないと動かないと言うのも問題。
公務員に限らずあちらこちらで事なかれ主義が大手を振って歩いている。
その行き先は訴訟社会かもしれない。

対応しない(あるいはできない)学校の責任も見逃せないけれど、実は本当の問題は学校にあるのではなく、そういう風に育てた親の責任だと思うのだけど、それは問題にならないのかなぁ

|

« 春休みの終わり・・・ | トップページ | 代返可能? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14575066

この記事へのトラックバック一覧です: 暴行をする子ども:

« 春休みの終わり・・・ | トップページ | 代返可能? »