« 五月の風 | トップページ | 42階 »

2007.04.28

社会の責任

昨日の高田馬場の火事はCosも知っているところ。
さすがにもう知っている人は住んでいたりはしないだろうとは思うけれど・・・・

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <マンション火災>1階店舗から出火 東京・高田馬場.

 27日午後4時15分ごろ、東京都新宿区高田馬場1の店舗兼マンション(鉄筋コンクリート地上14階・地下1階建て)1階にある日用品量販店「オリンピック早稲田店」(江口孝店長)から出火。黒煙と熱気が激しく消火活動は難航し、28日午前1時すぎ、約960平方メートルの店舗のうち約850平方メートルを焼いてようやく消し止めた。客や従業員計約35人は避難して無事だった。住民の29歳と33歳の女性がのどの痛みを訴え病院に搬送されたが軽傷。「男児が花火売り場を離れた直後に出火した」との目撃情報があり、警視庁戸塚署は放火の疑いもあるとみて調べている。【佐々木洋】  調べでは、入り口右手の花火売り場にいた男児が、現場を離れた直後に火の手が上がったのを女性客が目撃。出火直前にレジのそばのライター売り場でライターをいたずらしていた男児を店員が注意していた。男児は小学校低学年とみられるという。

火事のためにマンションに住んでいた人たちは店側の用意したホテルに避難したという。住んでいた人たちにとってはたまったものではないし、店にとっても店が焼けたことだけではなく、今後のことを考えても、もはや仕事を続けられるような状態ではないだろう。

この男の子が放火をしたのかどうかは調べを待たないと分からないけれど、小学校低学年の男の子がライター売り場をいたずらしていたと言うのは事実だろう。

そういえばCosのうちの横でも小学生がいたずらをして枯れ草に火をつけたこともあった。幸いにも燃え広がったりしなかったので「こどものいたずら」ですんでしまったのだが・・・・
子どもにとって火がつくのがおもしろいからやってみただけなんだろうけれど。

今回の件で店の責任は重い。もしもその男の子が放火をしたのであれば、両親の責任も重い。

でもラ子どもが店でライターを平気でいたずらできるような社会がおかしくないだろうか?
普段から店で商品に必要以上に触ってはいけないことが身についていればそんなことにはならないはずなのに。
いたずらをしていれば誰かが注意する(今回もいたずらしているのに気がついた大人がいたわけだし)なら、危険物に手を出すこともなかっただろうに。

スーパーで魚の切り身のパックを一つ一つ順に指で押している幼児を見かけたことがある。さすがにそのときには注意をしたけれどそれに気づいていた大人は誰も注意をしなかったのだ。
この子だって、お菓子売り場で箱入りのお菓子を触っていたとしたらたぶんCosも注意しないだろう。

小さな子どもにとって触っていいものといけないものの区別はどうやってつけるのだろう?
自分の子どもをしっかり見ている親ばかりとは限らないし目を離すことだってあるだろう。

何かが起こったときだけ、店の責任を追及し、親の責任を追及するけれど、大きな事件がおきなければそのままで子どもは大きくなっていくのだ・・・

なんていうことを考えているとますます鬱

|

« 五月の風 | トップページ | 42階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14870193

この記事へのトラックバック一覧です: 社会の責任:

« 五月の風 | トップページ | 42階 »