« さくらふらっしゅ | トップページ | 公立の二極化? »

2007.04.01

やさしいことと迎合すること

やさしくすることと迎合することはまったく違う。
やさしくするように見えていて実は迎合しているだけなら何の役にも立たない。

asahi.com:高校教科書、二極化 学力格差浮き彫り - 社会.

 高校の主に2、3年生が来春から使う教科書の検定結果が30日公表され、広がる学力格差に対応せざるを得ない状況が浮かび上がった。小中学校の復習をより重視した版が出る一方、「下げすぎは意欲を失わせる」と揺り戻しの動きも。難関大学を目指す生徒向けには、最新のノーベル賞を題材にする教科書も出てきた。

 ●苦手な生徒へ「工夫」、マンガいっぱい・分数を復習

 高校用では、もともと難易度に差をつけた教科書を出す出版社が多い。3種類が主流の数学IIでは、新興出版社啓林館が今回、さらに内容を易しくした4種類目を出し、合格した。

 183ページ中、半分以上にイラストがある。うち20ページ弱には吹き出しつきのマンガが載る。「数学が苦手な生徒に入り口のドアをノックしてほしい。マンガやイラストは思わず開いてみたくなるように使った」と担当者。学習指導要領の範囲を超えて学べる「発展」は、もちろんない。 

検定申請時には合格本の3倍以上のマンガを盛り込んだ。だが、「学習内容との関連が不明確」などの意見が大量についた。同様にマンガを入れて1年前に合格した数学Iに、教師から「かえってポイントが絞りづらい」との指摘が寄せられたこともあり、大幅に減らした。ちなみに文部科学省は「マンガがダメなのではない」と説明している。

 易しい教科書には工夫が随所に見られる。啓林館や数研出版などでは、小学校で習う分数の計算を復習用に載せている。「発展」の逆の発想もある。東京書籍は、やや高度な内容に「チャレンジ!!」の印をつけ、省略が可能なことを暗に示している。

 教科書編集に携わったことがある山形県立山形東高校の長澤義博教諭は、ゆとり教育による授業時数の減少で、高校によっては計算力が定着しないまま入学する生徒がいることを実感している。「高校で一気に内容が進み、ついていける生徒とそうでない生徒でさらに差が開く」と話す。

「入り口のドアをノックしてほしい」か・・・・ノックした後はどうするんだろう?漫画やイラストを使って面白そうに見えても、形だけで中身がおもしろくなければ変わらないんじゃないかな。

外側が面白そうに見えても実は表現として迎合しているだけなら、一旦は食いついてもすぐに離れていくような気がする。
(そうかどうかは実際に見てみないとなんともいえないけど)

実際にはそういう人たちが「おもしろい」と感じる授業ができるかどうかなんだけどなぁ・・・

といいつつ、そういう人たちに最初から切り捨てられていたらどうにもならないことを考えると
迎合しているだけのように見えてもそれはそれで価値があるのかもしれない。

とりあえず教室に座ってこっちを向かせることができれば、少しは食いつかせることができる(こともある)けれど、教室に座らなかったらどうにもならないものなぁ・・・

やりたくない人に
「さぁさぁ、見てごらん、
こんなにおもしろいよ~」
「まあ、いいからやってみない?」
「小学校の内容?でもちゃんと高校の教科書に出てるよ。だからやろうね」
か。

「やっていただく」なんだなぁ

この教科書でも全部が終わらなくて一部しかできない学校もあるんだろうな。

学校によっては欠席者が多いから同じ授業を2度3度やらないと生徒がついてこれない
なんていうところもあるし・・・

|

« さくらふらっしゅ | トップページ | 公立の二極化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14478232

この記事へのトラックバック一覧です: やさしいことと迎合すること:

« さくらふらっしゅ | トップページ | 公立の二極化? »