« 点数化できない | トップページ | さくら 定点観測2007.04.10 »

2007.04.10

ぜひNASAへ

この新聞の記事は先月の終わりにNASAのwebsiteに出ていたものとおなじ。

asahi.com: 太陽が2つの惑星多い? 銀河系の観測で発見 米大学 - サイエンス.

 地平線に沈む2つの太陽-。こうした状況はSF映画だけでなく、実際に宇宙の数多くの惑星に出現している可能性が高いことが分かった。米アリゾナ大などの研究チームが9日までに、米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡(赤外線天文衛星)を使い、銀河系の連星を観測した成果を米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに発表した。


画面を開いて最初に気がつくのが見覚えのある写真。

最初に読んだときには(当然Cosじゃ詳しく正しい内容は理解しきれていないのでいい加減だけど)
これが現実にありうるのだと・・・・・

こんな景色を自分の目で見ることはまずないのが残念だけれど、いつかは人間がその目で見ることも可能になるんだろうなぁ

まだまだこの世は不思議でいっぱいだ。

|

« 点数化できない | トップページ | さくら 定点観測2007.04.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14629312

この記事へのトラックバック一覧です: ぜひNASAへ:

« 点数化できない | トップページ | さくら 定点観測2007.04.10 »