« さくら 定点観測2007.03.29 | トップページ | 受胎告知 »

2007.03.30

土星のヘキサゴン

六角形は平面を充填するのに効率のよい図形・・・材料が少なくて構造的にしっかりしている・・・だが、それとは無関係な気がするのがこの土星の六角形

この写真では中心は四角形のように見えているが他の写真では必ずしもそうではないし、動画を見ると同心円的に回転しているようにも見える)

Gomi2_12

NASA - Cassini Images Bizarre Hexagon on Saturn

This nighttime view of Saturn's north pole shows a bizarre six-sided hexagon feature encircling the entire north pole. The red color indicates the amount of 5-micron wavelength radiation, or heat, generated in the warm interior of Saturn that escapes the planet


土星の北極点の周りにできている六角形。
六角形の(たぶん厳密には外接円の)中心が極点でそこを中心に回っている動画がリンク先の下のページにある。

自然は六角形が好き(ハチの巣とか、たくさんの泡の中の形とか)だけど、この六角形は同じ理由ではないような気がする。

Kevin Bainesは

"We've never seen anything like this on any other planet. Indeed, Saturn's thick atmosphere where circularly-shaped waves and convective cells dominate is perhaps the last place you'd expect to see such a six-sided geometric figure, yet there it is."

こんなものは他の星では見たことがない。こんな六角形の形を見ることができるのは土星の濃い大気によるもの
(とか何とか書いてあると思う・・・日本語に直せないところもあるけど∥^O^∥・・・)

といっているのだそうだ。
大気の重さと対流が自然に作っていると言うことなんだろうけれど、なんだか不思議。
たくさんの六角形が集まっていれば見慣れた形だけどひとつだけと言うと自然界ではどんなものがあるんだろう?

この形自体は26年前のボイジャーのころからあったとか何とか書いてあるような気がするけれど、確かではない(読みこなせなかった)

|

« さくら 定点観測2007.03.29 | トップページ | 受胎告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14456296

この記事へのトラックバック一覧です: 土星のヘキサゴン:

« さくら 定点観測2007.03.29 | トップページ | 受胎告知 »