« さくら 定点観測2007.03.22 | トップページ | さくら 定点観測2007.03.23 »

2007.03.23

調べてなかった副作用・・・タミフル

言語道断としか言いようがない厚労省・・・死亡例が出ているのに死亡例以外は調べずに「因果関係はない」としていたと言うのだ。

asahi.com:タミフルと異常行動の関係、「否定的」を撤回 厚労省�-�暮らし.

 インフルエンザ治療薬「タミフル」を服用した患者に異常行動が相次いでいる問題で、厚生労働省は22日、服用との因果関係に否定的だった、これまでの見解を撤回した。死亡例以外にも多数、飛び降りたり転落したりする異常行動が明らかになったうえ、こうしたケースの内容を調べず、判断材料にもしていなかったことを重視した。今後、すべての転落事例などを調査して、新たに判断し直すという。

 見解の撤回は、辻哲夫事務次官が記者会見で述べた。同省は近く、タミフルの副作用を評価するため、これまで死亡例しか諮っていなかった薬事・食品衛生審議会で、01年2月の発売以降に報告されている約1800件の副作用報告を議論してもらう。因果関係を「否定的」としていた死亡例も再評価する。

(中略)

 同日の会見で公表した2件の飛び降り事故を受けて、初めて調査したところ、死亡例以外にも、飛び降り・転落の事故が多数あることを知ったという。服用との因果関係について、辻次官は「今後、検討する中で、判断が変わる可能性がある」と述べた。詳しい分析をしなかったことには、医薬食品局の黒川達夫審議官は「副作用の情報は膨大なので、死亡例に重点を置いて調査していた」と説明している。

「副作用の情報は膨大」・・・副作用としての死亡例が疑われているようなものも膨大なのだろうか?

もしそうなら、それはそれでどれほど恐ろしい薬がたくさん出回っているかと言うことに他ならないし、もしそうでないなら、死亡例があったにもかかわらずそれ以外のもを調べなかったのは怠慢だと言うしかない。

うがった見方をすれば「誰かが」調べる必要を認めなかったのかもしれないし、厚労省の体質がそうなのかもしれない。

どの可能性をとっても救いようがない。

|

« さくら 定点観測2007.03.22 | トップページ | さくら 定点観測2007.03.23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14358088

この記事へのトラックバック一覧です: 調べてなかった副作用・・・タミフル:

« さくら 定点観測2007.03.22 | トップページ | さくら 定点観測2007.03.23 »