« さくらさく | トップページ | 子どもの社会 »

2007.03.09

子どもだけ変えようとしても・・・

私立では学校が荒れていると死活問題だからそれなりに必死だけど、いじめがないなどとは誰も思っていないだろうなぁ・・・

asahi.com: <こども孤の時代>「まじうざい」「きもい」突然�-�教育.

 著書「教室の悪魔」で最近のいじめについて描いた山脇由貴子・東京都児童相談センター心理司は「いじめのない学校を探しても無駄」と指摘する。今のいじめは遊び感覚で始まることが多い。理由はあとから作られる。いじめに加わるのを断るとその子が標的になる……。「みんな必死。サバイバルゲームです」

なんだかんだ言っても大人の社会が
正しいことの通らない社会、
強いものに巻かれる社会、
陰で何を言われているか分からない社会
だものなぁ・・・・
子どもだけ変えようとしても無理なのかも。

社会・・・・・学校はその縮図かも。
学校が変わる・・・職員室が変わらないと外見だけが変わっても中身は何も変わらないからなぁ・・・

|

« さくらさく | トップページ | 子どもの社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14198518

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもだけ変えようとしても・・・:

« さくらさく | トップページ | 子どもの社会 »