« そんなつもりじゃなかった | トップページ | 文章の責任 »

2007.02.23

ウルセーだった・・・

10時前に会場に着いたのにもう「大変混雑してます」の表示があったオルセー美術館展

一瞬、入るのに躊躇したのは事実。でもせっかく早く家を出てきたのだからあんまり混んでいたらざっと見るだけでもと思い直して入場。

中にはいるとたくさんの人。
人のにおいと化粧品のにおいとサロンパス(!!)のにおい、楽しそうに大声で語らいながら絵を鑑賞しているのだろうと思うことにした人々。

普段、Cosが楽しんでいる美術館とは大違い_| ̄|●。

もちろん、Cosはいくつもの頭越しに絵を鑑賞することになる。

どうしてみんな順番に歩きながら(他の事をしゃべりながら)鑑賞するなんていうことができるのかすごく不思議。
「いいなぁ」と思う絵の前ではじっくりと鑑賞したいCosとは動きが違うので、絵の前に立ちはだかる人たちのずっと後ろから見ていても、通り過ぎようとする人がぶつかる。

もしかしたらこういう見方が間違いなのかもしれない。
一列に並んで順序良く「止まらないでください」というのが日本の美術鑑賞の正しいあり方なのかもしれない。

とすれば、Cosのほうが礼儀知らずなんだろうなぁ・・・

静かに見たい絵をじっくりと見るような見方は推奨されないのかも。
(経営的にはそういう状態にすると利益が出ないということはあるかもしれない)

日本で見ようとするからこんなに混んでいるので、現地に行けばのんびりゆったり見られるのは分かっていても先立つものはないから混雑も我慢するしかない。

が、我慢できなかったのは会場の作り方。
人がこんなにいなければ問題はなかったんだろうけれど、人の流れが考えられていないから、会場内の狭くなっているとこで、二方向に進む人がすれ違う必要があったりする。
そうなると人が多いからどうやっても人と人が必然的にぶつかる。

あるいは途中に映像のコーナーがあって、その脇を通らないと次へ進めないのに、そのコーナーのところが人でいっぱいで通れなくなっていたり・・・

本当に見たい絵だったら混雑も我慢しよう。
ダリにせよエッシャーにせよどれほど混んでも見に行くのは間違いないCosだから。

でも会場設営が悪くて混雑が助長されるのは我慢できない。

いくつかいい絵を見てきたけれど、この規模の展示にしてはあまり時間をかけずに1時間半ほどで出てきてしまったが、会場の入り口には大勢の人が並んでいて、「入場まで25分」という入場規制をしていた。

それでも見たい人がこんなに多いんだろうか。
もちろんCosもその一人になるわけなんだけど・・・

|

« そんなつもりじゃなかった | トップページ | 文章の責任 »

コメント

私も日本の美術鑑賞は違うと思いますよ。
混んでるときはさっさと見て、
出口付近から無理やりにでも逆行して、見たい絵を立ち止まって見て、帰ります。

投稿: わに庭 | 2007.02.24 22:46

そうだよねぇ・・・
逆行すると早い時間だと見たい絵がまだがらがらだったりするし・・・

それにしても本当に混んでます。
このところ空いた美術館ばかり行っているので余計そう感じるのかもしれないです。

東京だからいろんなところから人が集まってくるということもあるのでしょうけれど・・・_| ̄|●

投稿: Cos | 2007.02.25 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/14015290

この記事へのトラックバック一覧です: ウルセーだった・・・:

« そんなつもりじゃなかった | トップページ | 文章の責任 »