« 早春の天徳寺 | トップページ | ハーブランドのお昼 »

2007.02.13

台所事情はどこも同じ

ここ何年か、
大学入試が簡単になってきている。
大学に入ってから必要な教科であっても入試科目になかったり高校での履修を求めなかったりする結果、大学に入ってから必修教科として勉強させたりもしている。

必修教科だから必要とする単位数に含まれることになり、高校で履修してきた学生とはこの段階で学習内容が違うことになってしまう。

同じ学部、同じ学科を卒業していても、必修として履修したものが違っているということは卒業の際にその差が必ずしも埋まっていないことを意味する。

あるいは、学校によっては「どうしてこの生徒が?」と思うような生徒も入学していく。

なんていう状況は日本だけかと思ったら

留学生の3割、英語力に問題=収入減恐れ甘い指導?-豪 .

 【シドニー13日時事】オーストラリアのモナシュ大学はこのほど、同国の大学の留学生の約3分の1が英語力が不十分なまま卒業しているとの調査結果をまとめた。少子化が進む中、留学生は各大学の大きな収入源となっており、大学の厳しい台所事情が少なからず影響しているようだ。  留学生の一部は卒業後、豪政府の試験を受け、合格すれば永住権を取得する。試験結果を分析したところ、34%が学位だけでなく、入学に必要な英語力すら備えていなかった。調査を行ったボブ・ビレル教授は「留学生の3割は英語で日常生活は可能だが、国内で仕事に就く水準にはない」と断じた

この豪政府の試験というのは必修ではないようにも思えるのだがどうなんだろう?
もしもこの34%というのが希望して試験を受けた人間の中での34%であれば、最初からあきらめている留学生はこれ以外にたくさんいるんだろうなぁ・・・

オーストラリアで永住できるなんて、Cosから見たらすごくうらやましい。
何年もオーストラリアにいてどうしてそれだけの語学力を身につけることができないなんて、なんともったいないことか。

いや、入学に必要な英語力さえないなんて、何のために留学しているのか・・・

そういえばCosももっと英語が自由に使えるようにしておかないとなぁ・・・・
言葉が自由だということは行動の自由の必要条件だもの。

|

« 早春の天徳寺 | トップページ | ハーブランドのお昼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/13891401

この記事へのトラックバック一覧です: 台所事情はどこも同じ:

« 早春の天徳寺 | トップページ | ハーブランドのお昼 »