« 難しい・・・ | トップページ | 暖かい冬? »

2007.01.07

リベンジ御岳山

前回、御岳山に行こうとして母の調子が悪かったので、今日がそのリベンジ(^^;

早い時間がいいというので、仕事でもないのにがんばって早起き・・・準備に時間のかかるCosなので、時間節約のために近くの駅まで来てもらう。

必死の思いで何とか時間ぎりぎりに行ったら母のほうも気を使ってくれて一台遅い電車できてくれた。
朝早いといっても普段仕事に行くのよりは30分早い程度だから、たいしたことはないのだが、それでも休みの日だけあって道はかなりすいている。
気持ちよく・・・・最後で道を間違えはしたけれど・・・目的地に到着したのは9時過ぎぐらい。

ケーブルカーの滝下の駅の駐車場に車を置いてケーブルカーで上まで上がる。バスで後からついた人たちも乗ってケーブルカーは満員。
今日は天気もよかったこともあって、普段は1時間に1台か2台のケーブルカーが10分おきに臨時便を出している。お客の少ないときには運行せずに、多くなるとせっせと臨時便を出すのはケーブルカーならではかも知れない。・・・

当初の予定ではそこからさっさと歩いて下まで降りようということになっていたのだが、やっぱり上まで上ってみると展望台に行きたくなる。
場合によってはケーブルカーで降りてもいいから、もうちょっと行ってみようという事で、ケーブルカーを降りてからも急な坂道を御岳神社のほうに進む。

いやはや、本当に急な坂道で、一歩一歩踏みしめてあがらないとあがっていけない感じ。
ほとんど普段着で来たCosたちと違ってしっかりと登山スタイルで着ている人たちが力強く上っていく・・・
Cosは「母が大丈夫だろうか」と心配し、母は「こんな急な道で大丈夫だろうか?」とCosを心配する∥^O^∥

母は御岳神社ではなく、父と何度かきたことのある長尾平に行きたかったのだ。

Img_2606

昨日の雨と今日の強風とで、空気がすっかり澄み切っていて、途中から見える山々はこんな感じ。
ちょうど写真を撮っているあたりがヘリコプターの着陸上になっている。
山の上まではほとんど車が入れないから、万が一のときの手段はヘリコプターということなのかも。
(実際には軽自動車なら通れる)

風が冷たくて顔は痛いくらいだったけれど、それこそ「りん」とした山の澄み切った空気がとてもうれしかった。
長尾平には人もまだ来ていなくて、母と二人だけで奥多摩の景色を堪能した。


Img_2610
この写真を拡大するとちょっとわかるかもしれないけれど、空気がすんでいたこともあって、長尾平からは(多分)新宿の高層ビルも見えた。

「生きていたときに『ここに一週間もいればどんな病気でも治っちゃう』といってたよ」という父の言葉を何度となく繰り返す母・・・・

父が生きているときには何度も夫婦でこの地を訪れているのだ。
父が亡くなってからは「一緒に行ったところだから行きたくない」といい続けていたのだが、秋に赤沢森林公園のヒノキ林を歩いてから、「ヒノキの森林浴に行きたい」と思い始めて、やっとこの地にくる勇気が出た・・のだと思う。

が、そのヒノキの森林浴が大騒ぎ・・・∥^O^∥
「サワラだ、ヒノキだ」
「どれがサワラだ?ヒノキだ?」
「全部サワラか?」・・・・・

なかなかヒノキとサワラの見極めがつかない・・・
道で専門家らしい人に出会って、「この辺にはヒノキが多いですよ」といわれてほっとしたものの、不安が残る母・・・

ヒノキかサワラかといいながら、ケーブルカーに乗らず下まで歩いて降りることにする。

Img_2624

さすがに長尾平らに行った後で降りるのはきつかったみたいだ。途中で足が痛くなって休憩もしたけれど、何とかしたまでたどり着いて一安心。

ただし、
「川のほうを散歩する?」と聞いたら、
「とんでもない!!無理!!」という返事は返ってきたが・・・∥^O^∥

そんなに遠いところではないので、また一緒に来たいなぁ・・・
こまめに来ていればそれこそ母の足も強くなるだろうけれど、それほどは近くないのが残念・・・
学校があるときにはそうそうはこれないだろうけれど、梅の咲くころにでもこれるといいな。

|

« 難しい・・・ | トップページ | 暖かい冬? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/13371983

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ御岳山:

« 難しい・・・ | トップページ | 暖かい冬? »