« 一週間 | トップページ | ゼロトレランス »

2007.01.14

英語の勉強をしようか・・・

今から勉強したからといってバイリンガルになる可能性はかなり低いのだが・・・


認知症の発症、バイリンガルは4年遅い : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 【ワシントン=増満浩志】2か国語を自在に操る「バイリンガル」は、1か国語しか話さない人より、認知症の発症が約4年遅いという分析結果を、ヨーク大学(カナダ)などの研究チームが発表した。

ここで言うバイリンガルとは日本語と英語ということではなくて、フランス語と英語といったある程度共通性の高い言語(あくまで日本語と英語に比べればということで、当人たちにとっては共通性が高いとは思ってないかもしれないけれど)でもかまわないということになりそうだ。

もしかしたら標準語と方言のバイリンガルでもいけるかもしれない・・・∥^O^∥

もともとバイリンガルで生活するということは両方の文化圏に属しているのだから、頭のいい人が多いという気もするけれど、記事のこの一文

 高学歴の人は、認知症の発症が遅い代わりに、症状の進行が速いと言われている。しかし、今回のバイリンガル93人は1か国語の患者に比べ、公教育を受けた期間がむしろ短く、発症後の悪化の速さに差は見られなかった。バイリンガルだと認知症の発症が遅くなる理由は、今のところ不明。

を見た限りでは必ずしもそうとはいえないらしい。

この文章からはバイリンガルだと、症状の発症が高学歴並に遅くなり、高学歴よりも症状の進行が遅いといえるのかなぁ?

現実にはそこまでの有意差はないんじゃないかと思うけれど・・・
こんなところでもデータの解釈の仕方がどうだったのかによって結果が変わってきそうな気がする。

いずれにしても、せめて英語の文章があまり苦労なく読めて、話せるようにはなりたいものだ・・・・

(そうなりたい割には勉強していないというのが現実・・・_| ̄|● )

|

« 一週間 | トップページ | ゼロトレランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/13486073

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の勉強をしようか・・・:

« 一週間 | トップページ | ゼロトレランス »