« 菩薩半跏像 | トップページ | すべては化け物だった »

2006.11.03

海の幸が消える?

養殖以外の魚が食べられなくなる日が来るのかもしれない。

海産物、40年後になくなる? 国際研究チームが警鐘.

 海の汚染や乱獲をこのままの状態で放置しておくと、約40年後には食卓から海産物がなくなってしまうかもしれない。そんな調査結果をカナダや米国などの国際研究チームがまとめ、3日発行の米科学誌サイエンスに発表した。ただ、漁獲制限など必要な対策を今すぐに始めれば、こうした事態が避けられる可能性が高いこともわかったとしている。

でも良く考えてみると陸上の動物に関してはとっくに狩猟でまかなうことは不可能になっている。養殖というか、飼育されているのでない肉を食べた記憶はほとんどない。それを考えると海からは飼育するのではなく、狩猟をしたものを食べているのだから、そのことだけでもすごいような気がしてくる。

もしかすると40年後には魚も同じように飼育されたものだけを食べるようになっているのかもしれない。
いま、しかの肉とかウサギの肉とか熊の肉とかを食べることがほとんどないのと同じように「天然もの」の魚もめったに口に入らなくなるとしたら、それはそれでいいような気がする。

飼育されたものだけを食べて、自然は自然のまま、あるがままにしておくのもいいな。

|

« 菩薩半跏像 | トップページ | すべては化け物だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12542997

この記事へのトラックバック一覧です: 海の幸が消える?:

« 菩薩半跏像 | トップページ | すべては化け物だった »