« 教師の仕事? | トップページ | が書きました(BlogPet) »

2006.11.22

本当のリサイクル

今までのペットボトルのリサイクルは本当にリサイクルなのかどうかかなりの疑問があった。まあ、中国への輸出はそのままの形で再利用するわけだからリサイクルにはなっているのだが、粉々にして他の製品に作り変えたときにはその製品が1回使われるだけで、そのままごみになったり、土の中に埋めてあったりで、何度でもリサイクルすると言うわけにはいかなかったのだ。つまり、一回だけの利用ではなくて、2回だけの利用に変わっただけという形だから、2回で使い捨てという使い捨ての構造自体には何も変化がなかった。もちろんそれでも何もしないよりはましなのだが、「リサイクル」という掛け声の割にはお粗末な使い方でしかない。

結局のところはサイクルが長くなるだけで使い捨ての構図は変わらないのにガラス瓶などのリユースと同じような印象をもたれて、一種の免罪符にもなっているだけような感じも否定できない。

が、こんなやり方なら、本当の意味でもリサイクルになりそうな気がする。

<ペットボトル>電子レンジで高速分解 崇城大助教授ら開発 .

 電子レンジを使い、ペットボトルを元の原料に高速分解する方法を、崇城大(熊本市)の池永和敏助教授(高分子化学)らが開発した。原料に戻して再利用すれば「ごみの山が宝の山になる」といい、21日、財団法人化学技術戦略推進機構(東京都千代田区)の研究発表会で実演した。他の加熱分解方法に比べ、エネルギー使用量も約4分の1で済むという。  実演したのは、ペットボトルの破片に水酸化ナトリウムとアルコール類を加え、レンジで1分半加熱するだけの簡単な方法。すると、ペットボトルの破片は原料のエチレングリコールとテレフタル酸に分解した。  電子レンジのマイクロ波の働きで、ペットボトルの化学物質が分解されるのだという。  池永助教授によると、ペットボトルは約6割が資源ごみとして回収されるが、中国などへの輸出や、洗浄・粉砕してシートや衣類の素材などに使う方法がほとんどで、原料に分解して再利用する割合はまだまだ低い。

この原料に戻しての再利用だったら、100%ではない西tも何度もリサイクルが可能になるわけだ。、まだ、技術として完成されたわけでもなければ実用化もしていないのだろうけれど、地球温暖化の防止にも多少の効果はあるのかな。
そうだとするとありがたいことだ。
何と言ってもガラス瓶のリユースはビンだけでも重いし、持ち運びも不便。水筒を持って歩くのもかなり面倒だし、今のペットボトルの便利さはそのままで、本当のリサイクルになるなら、願ってもないことなのだが・・・どうだろう?

|

« 教師の仕事? | トップページ | が書きました(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12775431

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のリサイクル:

« 教師の仕事? | トップページ | が書きました(BlogPet) »