« あたらなくてもいいから・・・津波警報 | トップページ | 寒い »

2006.11.18

いいなぁ

Cosの職場では情報以外でコンピュータを使っての授業をやれる教員はごくわずかだ。

生徒たちが使うことの出来るコンピュータも決して新しくはない(というよりかなり古い)ので使い勝手が悪かったり、フリーズしたりでなかなか思うように使えないうえにそのこともあって、情報科からはなかなか使わせてもらえない。

仕方がないので、生徒には使わせることなくえっちらおっちらコンピュータとプロジェクタと模造紙をもって教室へ。
いやなに、プロジェクタも授業用のはなくて、他の部署から借りてくるのだが、明るいところでも使えるものではなく部屋を暗くしないと使えないので、スクリーンが必要なのだが、職場にはスクリーンもなければそれを掛けるフックも教室にはついていない。
仕方がないので模造紙を貼って・・・_| ̄|●

そういう現状から見ると

全先生PC操作OK 東京・日野市の公立小中学校.

 東京都日野市の公立小中学校が8月末、島しょ部を除く都内で初めて「コンピューターが操作できる教員100%」を達成した。都全体では平均93%と全国平均の97%を下回っている。早く水準をアップするため、日野市がとった「秘策」とは――。

 10月下旬、日野市立潤徳(じゅんとく)小学校5年の理科の時間。児童がパソコンを使って翌日の天気を調べる方法を、班ごとに話し合っていた。

 授業を進める教職歴2年目の藤森大(だい)教諭(26)のわきでは、同市「メディアコーディネーター」の西沢庸(よう)さん(23)が、手元の書類をスクリーンに映し出す「書画カメラ」をパソコンで操作していた。

いや、世間ではコンピュータを使っての授業ではなくて、コンピュータを使って見せるための授業なんていうのもかなりあることも知っているし、コンピュータさえ使えばいいと思っていたりする人もいるらしいけれど・・・

翌日の天気を調べる方法が班ごとで話し合うような内容かどうかはべつとしてサポーターがついてコンピュータの操作に煩わされることなく授業が出来るだと・・・うらやましい限りだ。

 日野市は今年度以降5年間で約10億円の予算をかけ、公立小中学校のIT化を進める計画を立てている。具体的には、コーディネーターの採用のほか、全教職員1人1台のパソコン配備や小中学校全校への校内LAN設置などを予定している。

そういえば、教職員一人1台という話は何度も出ているけれど、いつの間にか消えているなぁ・・・
校内LAN・・・やれば簡単だろうけれど・・・・

それ以前に授業で使える教員なんて1割もいないなぁ・・・

|

« あたらなくてもいいから・・・津波警報 | トップページ | 寒い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12733916

この記事へのトラックバック一覧です: いいなぁ:

« あたらなくてもいいから・・・津波警報 | トップページ | 寒い »