« 横山の道 | トップページ | 何が足りないのか? »

2006.10.30

未履修問題

何年も前から単位の読み替えというのはあったし、あちこちの学校で同じようなことをやっている。
だから正直なところ、なぜいまさらこんなに大きな問題として取り上げられるのかそっちのほうがずっとふしぎ。
何を教えているのか、県などの監査のときに気をつければすぐにわかることだし、教育委員会が黙認していれば、どこの学校だって問題なしと判断するはず。
他の学校が黙認されているのに自分のところだけは規則どおりやる・・・
そうしたくても生徒や保護者から他では融通を利かせているといわれれば難しいだろうし、それだけの理念を持って教育に当たっている学校なら、逆に学校独自の理念に基づいた教育があるからそっちの方向で単位の読み替えがあってもふしぎはない。

しかも今回の未履修として大きく取り上げられているのは世界史。

もっと受験に必要がない、情報、家庭科、体育(保健)、芸術科については家庭科がちょっとでたことはあってもそれ以外の教科についてはまったく問題視されていない。

本当に世界史を未履修にしているところばかりなんだろうか?
なぜこの時期に世界史の未履修が問題になるのか?

教育委員会や文部科学省の責任についても少しはいわれているが、一方的に問題視されているのは各高校。

これを契機に世界史が必修からはずされ、学校の裁量余地が少なくなるのかもしれない。

|

« 横山の道 | トップページ | 何が足りないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12484942

この記事へのトラックバック一覧です: 未履修問題:

« 横山の道 | トップページ | 何が足りないのか? »