« ライラックがちょうど朝をつけていた(BlogPet) | トップページ | 名誉王トレントの決断 »

2006.10.20

もうすぐ透明人間?

透明人間になると食べようとしたりんごは口のところまで見えて、口に入れた瞬間に見えなくなるのか、それとももぐもぐ食べているのが見えるのか悩んだのは小学生ぐらいのころだっただろうか.

服だけが見えているから本当に透明になるのには素っ裸にならなければならないのに、少しずつ姿が見えてきたり、さわられたりしたら困るだろうなぁ・・・
なんて思っていたのだが・・・

ハリー・ポッターで有名な透明マントの実用化が夢ではなくなってきている。


透明マント実現できる? 「見えなくする」理論確認.

 かぶれば姿が見えなくなる「透明マント」実現の第一歩?――米デューク大など英米の研究グループが、特殊な微細構造の金属素材で物体を囲うことにより、物体に当てた電磁波を反射させずに裏側へ迂回(うかい)させる実験に成功した。ものが見えるのは、電磁波の一種である光が当たって反射し、目がその反射光をとらえるからだ。この反射がなければ何もないように見えるはず、という発想を確かめる試みだった。19日発行の米科学誌サイエンスに論文を発表する。

見えなくなる?仕組み


 実験の基となった発想は、欧米の別の研究グループが今年5月、「理論的には物体を見えなくする素材は作れる」と同誌に発表した。物体から反射光が返らないと、目が物体の存在を認識できず、あたかも物体が透明になったようにみえる、との理屈だ。

電磁波を100%迂回させることは不可能だろうから、ほのかに見えるのかもしれない・・・実際に見たわけではないからなんともいえないけれど、「錯視」などを考えてみると「見えている」というのも実際にはかなりいいかげんな思い込みが主体になっていたりするのだから、「見えてない」と思い込むように仕向けることは難しいことではないはず.

が、実用化されたら危ないだろうなぁ・・・もはや人間の目は信用できなくて、もしかしたら底に何かがあるかもしれないという不安があったりする・・・・・怖いだろうなぁ

|

« ライラックがちょうど朝をつけていた(BlogPet) | トップページ | 名誉王トレントの決断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12349127

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ透明人間?:

« ライラックがちょうど朝をつけていた(BlogPet) | トップページ | 名誉王トレントの決断 »