« 名誉王トレントの決断 | トップページ | 赤沢森林鉄道 »

2006.10.21

忘れている豊かな時間

どこかへ行くことではなくて、その「行く」という過程を楽しむ余裕がなくなってから久しい。
かつては(お金がなかったこともあるけれど)のんびりと鈍行に乗ってどこかへ行くのを楽しんでいたことも会ったのに、いつの間にか(お金はないのは相変わらずなのに)「どうやったら効率よく安く移動できるか」ばかりを考えるようになって来てしまっている。

たった1時間や2時間を節約するために特急に乗って移動。その1時間が貴重なことには変わりがないのだけれど、もっとゆったりとした時間を楽しむときがあってもいいような気がする。

7時間44分、北海道鈍行列車の旅 全国からファン集う.

 日本で最も長い時間をかけて走る鈍行列車が北海道にある。7時間44分。道央の滝川から、終着の釧路まで310キロ。JR根室線の一部をゆっくりと走る。のんびりと流れる時間と車窓を楽しもうと全国からファンが乗りにくる。

 9時38分。滝川駅の1番線ホームから、1両だけのディーゼル車両が、数人の客を乗せてゆっくりと動き出した。

 愛称はない。釧路行き。ただの「鈍行列車」だ。快速や夜行を除けば日本一の「長時間鈍行」が、毎日7時間以上の旅を続けている。

 列車は富良野を経て、十勝地方の広大な田園風景を抜け、釧路に向かう。滝川駅の駅員は言う。「釧路まで通して乗る地元の人はまずいないですよ」

 1時間ほどで富良野到着。ここで車両増結のため21分停車する。帯広でも44分と長時間の停車が多い。「急ぎの旅」とは無縁の世界だ。運転士も交代。終着まで4人がリレーで担当する。

きっとそんなに長い時間乗り続けていると、お知りもすっかり痛くなるんだろうけれど、のんびりと昼寝をしたり、車窓を楽しんだり、本を読んだり、普段の時間に終われる生活からはなれて、ぼぉっとしながら1日を過ごすことがあってもいいんじゃないかと思うのだが、現実にはそれだけの余裕があることはまずないし、そんなことをさせてもらえるような生活もしていない。

周囲の人たちはCosがそんなことを言い出せばちょっとおかしいんじゃないかと思うかも。

|

« 名誉王トレントの決断 | トップページ | 赤沢森林鉄道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12369094

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れている豊かな時間:

« 名誉王トレントの決断 | トップページ | 赤沢森林鉄道 »