« 何が足りないのか? | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »

2006.10.31

解釈の相違

もともとは情報で扱うようなプログラムは数学の教科書にあったわけだし、明確に区分するのは難しい。実際の問題としてプログラムを考えることは試行の方法が数学の問題を解く事と同じ部分がとても多い。

リンク: 新潟県立26校で科目振り替え 情報を数学や理科にし.

 必修科目を新潟県立高校が「読み替え」という手法で別の科目の授業に充てていた問題で、新潟県教委は30日、中高一貫校を含む26校が、情報や理科総合などの必修科目の授業時間に、数学や化学など大学受験で出題される科目を教えていたと発表した。教委は「関連科目を採り入れたもので、未履修にはあたらない」と説明している。一方、複数の教諭は朝日新聞の取材に「受験対策の授業ができた」と証言している。

どう扱うかによって同じ受験数学でもプログラムの考え方を取り入れてしまえば情報。そうでなければ単なる受験対策ということなのだろうか?

ただし、この読み替えを認めないとすると・・・・すごい数になるだろうなぁ・・・

|

« 何が足りないのか? | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12497823

この記事へのトラックバック一覧です: 解釈の相違:

» 遂に開きなおった新潟県教育委員会 [辰己丈夫の研究雑報]
アサヒコム10月30日22時25分配信の記事によれば、 燕高や村上中等教育学校は、コンピューターの活用法などを学ぶ「情報」の年間時数のすべてで、新潟高や長岡高 [続きを読む]

受信: 2006.10.31 10:53

« 何が足りないのか? | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »