« ロボットの時代 | トップページ | 夢の土地 »

2006.09.30

かうかうかう・・・・

東京駅の丸の内にたくさんの牛がいる。

カウパレードはまちのあちこちにいろいろと塗られた牛がたくさんいるのだ。
牛を見つけるのはそんなに難しくないのだが、信号のたくさんある丸の内で、一つ一つの牛を見ようとするとぐるっと回って信号を渡って・・・結構大変だった。

もうちょっと「現代美術」という感じかとおもっていたけれど、素直に塗られた牛たちがビルのあちこちにいた。

IMG_1807

Cosが見た中で一番気に入ったのがこの一頭。「かわいらしく飾りました」という感じの牛が多い中で光っているものを持っているように感じられた。

もうひとつはこれ。

IMG_1817

他の牛たちは最初のままの形の上にいろいろな菜食をしているのだが、これはもともとはプラスチックの牛だったのに金属を削ったような感触があって、他の牛とはかなり違っていて面白かった。

おそらく64頭のうち30頭ぐらいしか見ていないと思うのだが、ぐるっと回って信号を渡ったり、無駄な動きが多くてかなり大変な上に「これだ!!」という牛もそんなにいなかったので、途中でGiveUp

決してつまらないわけではないけれど、どうしても全部見たいと思うほどのものじゃないというのが正直な感想。

|

« ロボットの時代 | トップページ | 夢の土地 »

コメント

すみません。
「かうかうかう・・・・・」
がどーしても「からかうかう・・・」
と読めてしまいます。
だれをからかってる?
って何回も見てしまいます。

投稿: mako | 2006.09.30 20:47

「何をそんなに買いたいの?」
かと思ったのですが、
∥xx;∥☆\(--メ)

投稿: Cos | 2006.10.02 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12090741

この記事へのトラックバック一覧です: かうかうかう・・・・:

» カウパレード2006 [京の昼寝〜♪]
c o w p a r a d eT O K Y OIN MARUNOUCHI 2006 世界を廻った牛たちが、また東京に帰りたいとモウされまして。 はじまりは1998年の夏、スイスのチューリッヒでのことでした。地元のアーティストたちがグラスファイバーで作られた実物大の牛にそれぞれの自由な感性でペインティングしたオブジェが街中... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 00:22

« ロボットの時代 | トップページ | 夢の土地 »