« 家庭生活にも脚光 | トップページ | かうかうかう・・・・ »

2006.09.29

ロボットの時代

いつか、ロボットが身の回りにいて人間の相手をしたり世話をする時代が来るに違いない・・そう子どものころから思い続けていたのだが、そう早い将来にはそんな生活がきそうもないことには変わりがないものの、ちょっと期待が持てたニュース。

二足歩行ロボ、世界初の公道歩行実験 福岡.

 福岡市博多区で26日、商店街を2本足の人型ロボットが歩く公開実験が行われた。ロボットは早稲田大学の高西淳夫教授の研究室とテムザック(本社・北九州市)、シンクフリー(同)が共同開発した。高西教授によると、このタイプのロボットが公道を歩いたのは世界初という。

ロボットが歩く姿なら、アシモが歩いたり、ダンスをしたり、階段を登るところを見ているけれど、それはあくまでそのために設営してある会場でのことで普通の道を歩いているロボットは見たことがない。

ただし、写真の路面を見た限りではでこぼこのまったくない平らな地面のように見えるし、どの程度歩けるのかはわからない。

しかし、骨盤を揺らして人間と同じように足を伸ばして歩くのだそうだ。
アシモのへっぴり腰とはちょっと違うのかもしれない。

2年間の実験で、点字ブロックや道路の段差でも安定して歩けるように研究する。

ということだから今の段階では平らなところしか歩けなくて、でこぼこがあるとだめということかな?


|

« 家庭生活にも脚光 | トップページ | かうかうかう・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/12079049

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットの時代:

« 家庭生活にも脚光 | トップページ | かうかうかう・・・・ »