« リスーピアの数学 | トップページ | 7%の差は? »

2006.09.22

指導力不足の教員

 指導力不足の教員はどこの学校にもいるんだろうと思うし、Cosのところでももちろん例外ではない。
ただ、公立に比べれば少しはましなのかとも思うけれど、実際のところはわからない。

「指導力不足」教員、05年度は506人 72%は男性.

 授業内容や子どもとの接し方に問題があるとして「指導力不足」と認定された公立学校の教員が05年度は506人で、2年連続で500人を超えたことが22日、文部科学省の調査でわかった。最多だった前年度と比べて総数で60人減った。このうち教壇を去った教員は111人で、過去最多の前年度よりも1人減だった。

 今年4月1日現在で、全国の小中高校や養護学校などの教員約90万人について調べた。

 指導力不足と認定された教員506人のうち、05年度の新規認定者は246人。教壇を去った111人の大半は、学校現場への復帰に向けて研修を受けたものの、最終的に依願退職した。職務を続けるのに支障があると判断されて分限免職となった教員も6人いた。一方、現場に復帰したのは116人。残りは研修を継続したり、休職したりしている。

 認定者の72%は男性。年代別では40代が45%と最も多く、50代の37%、30代の17%と続く。在職年数20年以上が59%と最も多く、続いて10~20年未満の35%。学校種別では小学校が50%、中学校が26%、高校が15%などとなっている。

「指導力不足」ということの具体的な判定基準がわかってないので、なんともいえないけれど、全国でたった506人というのはかなり少ない人数のような気がする。おそらくこの人数だとCosの職場にいるような人たちは入っていないだろう。実際にはここの基準がわかっていないのでどれほどの人が指導力不足と認定されたのかはわからないけれど、認定されなかったからと言って指導力があるということにはつながらないような気がする。

また、72%が男性というのもちょっと意外な気がした。
Cosの職場などの雰囲気から言うと、どの生徒もとりあえず体の大きな男の先生には一目置くけれど、小さい女性の先生に対しては最初からタイトが違っていたりする。だからなんとなく女性のほうが「指導力不足」と認定されやすい気がしたのだが、実際にはそうでもないということなんだろうか、それとも男性のほうが重症のものが多いということだけなんだろうか?

どこまでを指導力というのかよくわからないけれど、内容はどうあれそれなりに教室運営ができて、教科の指導もできるなら指導力不足と判断されないのかもしれない。
何とかならないのかと思えるような人もいたりするんだけどなぁ・・・

なぁんて言っていたら自分の首が絞まっていたりして・・・∥^O^∥

|

« リスーピアの数学 | トップページ | 7%の差は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/11998230

この記事へのトラックバック一覧です: 指導力不足の教員:

« リスーピアの数学 | トップページ | 7%の差は? »