« 4日間 | トップページ | きのう(BlogPet) »

2006.09.20

食塩水の濃度

高校の数学の教科書で扱うような範囲ではないのだが、食塩水の濃度の問題になると出来がすごく悪い。
濃度をちゃんと理解していないと解けないような問題ではあるのかもしれないけれど、手を出そうともしない生徒が大半を占めるのだ。

2次関数の導入部分の
「yをxの式で表せ」というタイプの問題で
一度目は
「10%食塩水500gに水xgを加えたらy%の食塩水になった」というもの。
まあ、これは当初からみんなができるとは予想していなかったし、予想通り正解者は各クラス1割以下だった。
で、今週
「5%の食塩水200gに10%の食塩水xgを加えたらy%の食塩水になった」を出題したのだが、これの正答率がそんなに上がっていなかった。

あちこちで話をうかがってみると、どうもこの「濃度」自体がわかっていないらしい・・・と言うことはCosがどこかで解説をしなくては生徒たちはわからないままで終わってしまう。

Cosは他の人よりも授業の進度が遅いので時間の余裕はないのに、ますますこれで遅れてしまう事になるけれど、やらないとなぁ・・・

|

« 4日間 | トップページ | きのう(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/11967349

この記事へのトラックバック一覧です: 食塩水の濃度:

« 4日間 | トップページ | きのう(BlogPet) »