« 【樹木葬】2006夏のしのぶ会(3)(BlogPet) | トップページ | 謎の白あんマフィン »

2006.08.08

夜行バス

今回、花巻で行われた数教協の大会の往復は夜行バスを利用した。
財政的に余裕がないのが最大の理由。
何と言っても新幹線で往復すると片道で(自由席を使っても)12900円だから、25800円なのに、夜行バスで往復すると13700円(ちょっと違うかも)だったのだ。
しかも、新幹線で行っても我が家からは片道4時間かかるから、朝10時につこうとするとうちを6時前(この時間だとまだ電車の本数も少ないから多分もっと早く)にでなければならない。
となると、うちを夜9時に食事とお風呂を済ませてから出るのと朝6時前に出るのとは大変さではほとんど変わらない。
問題はバスの中で寝られるかどうかと、ついてからあるいは帰ってくるときの余った時間をどう過ごすかだけ。

リクライニングしない普通の夜行バスで生徒と一緒に一夜を過ごした経験が何度かあるから寝られるかどうかはあまり心配はしていなかった。

で、結果としては予想以上に楽だった。
花巻に向かうバスではカーテンを開けているおじさんがいてちょっとまぶしかったけれど、それ以外は結構良く寝られた。

朝早く着いた花巻ではちょっと歩いてガストで朝ごはんをたべて、人のいない(まだ涼しい)イギリス海岸を散歩して時間をつぶした。

帰りのバスはというと、行きとはまったく様子が違って女性がすごく多い。それも若い女性からお年を召した方まで・・・中には(女性じゃないけど)小学生までいてびっくり。

もっとびっくりしたのは座席に着くとみんながいっせいに「シューシュー」とやり始めるのだ。みんな旅慣れていて、バスが発車した途端に眠りについて、ちゃんと目が覚めたのは明るくなってからだった。

さすがにバスのシートは布団とは違うから、じっとしていると体が痛くなるので、時々起きて寝相をかえる必要があるけれど、それ以外はもうぐっすり・・・
バスを降りてからの電車もまだすいていて、のんびりと家に帰って朝ごはん。
なんとなく、これですっかり味を占めた気がする。

バスの中でみんながシューシューやっていたのは空気枕。旅行の必需品だな。

|

« 【樹木葬】2006夏のしのぶ会(3)(BlogPet) | トップページ | 謎の白あんマフィン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/11332930

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行バス:

« 【樹木葬】2006夏のしのぶ会(3)(BlogPet) | トップページ | 謎の白あんマフィン »