« 恩師の死 | トップページ | 大学生を誘拐(BlogPet) »

2006.07.03

2台のパイプオルガン

先週末は東京芸術劇場でKAY合唱団の定期演奏会でモーツアルトのレクイエムを聴いてきた。

と言ってもレクイエムだけじゃなくて、
バッハのプレリュードとフーガがパイプオルガンの独奏・・・
ここで使われたパイプオルガンは昔ながらの音がちゃらちゃらしているというか一つ一つの音に飾りがついているというのかよくわからないけれど、昔ながらのパイプオルガン。

(なんとなくどこかで微妙にずれている音があるような気もしたけれど・・・)

このほかにモーツアルトのレジナ・チェリ
これはオルガンはついてなかった。

そして最後にレクイエム。
驚いた事にこのときのパイプオルガンはいかにも現代的なオルガンで、古典的なオルガンと違って音がすっきりとした装飾のない音をしていた。

パイプオルガンといえば古典的なものしか見たことがなかったのでびっくりしてしまったけれど、あんまりパイプオルガンらしくない音でそれなりに面白かった。

特に今回はピアノ(小さい音の意味のピアノ)で歌う声が透明感のある細いながらもすっと通っていく音でとてもよかった。

この合唱団には目の見えない男性が一人、階段を上るのもおぼつかない老婦人が一人いらっしゃる。
そして、前回まではいらしていた体の不自由な男性と老紳士の姿が今回はなかった。どうなさったんだろう。

|

« 恩師の死 | トップページ | 大学生を誘拐(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/10769527

この記事へのトラックバック一覧です: 2台のパイプオルガン:

« 恩師の死 | トップページ | 大学生を誘拐(BlogPet) »