« 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡 | トップページ | 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡(BlogPet) »

2006.05.01

消防博物館

東京の地下鉄丸の内線、四谷三丁目から0分のところに消防博物館がある。もともとは四谷消防署があったところ(今も、2回は四谷消防署でちゃんと消防署としても機能しているのだが)に10階建てのビルを建てて、消防博物館としたものだ。

Img_0468

地下鉄から地上へと上がる階段の途中に消防博物館の入り口がある。雨にぬれずには入れるというのはありがたいところだ。

しかも入館料は無料。ただし、住所と氏名の記入を求められる。

博物館としては決して大きくない。実際、中に入ってみると一つ一つのフロアはかなり狭い感じもする。消防博物館は地下一階と地上一階(2階は消防署)、3階から5階までと6階にホール、10階には展望室兼無料休憩所があるといった構造になっている。

Cosが関心があったのは5階の江戸時代の消防と火消しのコーナー。火事になって逃げるときに着る女性の装束・・・(とっさのときに間に合うのかどうか疑問だが・・・)の展示があって、「高貴な身分が直ちに分かるように」と真っ赤な着物に、紋が入っているのだ。実際に使ったのかどうかは分からないけれど、草した衣装を必要とするほど、江戸は火事が多かったのかもしれない。

そして、4階の明治から昭和にかけての消防も面白かった。消火玉(投げつけて消火するというもの)があったりして、本当に火が消えるのかどうか疑問だったりもするけれど、かつてはこんな風にして消火していたんだろうし、今の消防だって、後になってみれば「こんなもので」と思うんだろうな、などと思いながら展示を見て歩いた。


Img_0465
5階からは外に出ることができてそこには消防ヘリコプターが展示してある。ヘリコプターに乗るチャンスなんてめったにないからちょっと乗ってみるのにはいいかもしれない。

ただし、このあたりでは5階ぐらいだとちっとも高い気がしないのが残念かも。

10階には無料休憩室があって、飲食ができる。
と言っても小さな博物館だから、飲み物の自動販売機はあるけれど、食べるものを売っているわけではないから、何か食べたかったら消防博物館の隣のスーパーで買ってくるのがいいかもしれない。

Img_0464

さすがに10階からの眺めはそれなりに面白い。周りには結構高いビルがあるけれど、そんなに邪魔はしていないし、西のほうを見ると道の正面に新宿御苑が見えてその向こうにはDOCOMOビル。
まっすぐ新宿御苑に伸びている道はトンネルになって御苑の下を抜けて新宿に出られる。

何しろ、小さな博物館ということで日曜だというのにほとんど人もいなくて、のんびりと楽しめる場所だった。
(ちょっと他に行くところがあったので、そんなにはのんびりできなかったのだが・・・)


|

« 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡 | トップページ | 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/9853769

この記事へのトラックバック一覧です: 消防博物館:

« 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡 | トップページ | 【樹木葬】mixiの方へ業務連絡(BlogPet) »