« 今も生きるニルスのふしぎな旅 | トップページ | 銀河の合体(BlogPet) »

2006.05.11

銀河の合体

二つの銀河が接近して合体しつつある。Mt.EGEさん経由で知ったのだけれど、ちょうどこの記事が出た頃は忙しい時期だったからきっと見逃していたんだろうな。
(今も試験前だから忙しいはずだけど、こんな記事に気がついちゃうとどうしても・・・∥^O^∥ )

Gomi_1
この写真はNASAのGalaxies Don Mask of Stars in New Spitzer Imageです。
こちらの記事にはもっと詳しく書いてあって、読んでいると夢が広がっていくのですが・・・元記事は英語なので、Cosの力ではとても翻訳は無理∥^O^∥

記事の内容は・・・銀河は踊る NASAが合体の様子を撮影によれば

 二つの銀河は地球から1億4000万光年離れた場所にあり、約4000万年前に出会った。マスクの「目」の部分が、それぞれの銀河の中心。周囲にみえる多数のビーズ状の明るい部分は、新しい星が続々と生まれている場所だという。

この銀河の中ではどんなことが起こっているんだろう。
この中の星に住んでいると星空はどんな風に見えるんだろう?
人間の人生から比べると悠久の時間にも思える5億年後にこの二つの銀河は合体するのだという・・・・
そのときまでにどんなドラマがあるんだろう?

もしかしたらこの銀河の中に住んでいても、星空の違い以外何もないというほうが正しいのかもしれない。
大きな大きな銀河の中の小さな星の惑星に住んでいる、星の寿命から見たらほんの一瞬しか生きていない人間から見たら・・・

|

« 今も生きるニルスのふしぎな旅 | トップページ | 銀河の合体(BlogPet) »

コメント

星などに詳しくはないですが、星や銀河などは好きです。
写真、すごく神秘的ですね。

5億年後…人類はどうなっているのか誰も分かりませんよね。
本当に私たちの存在って小さいな…と思います。

投稿: akiko | 2006.05.11 20:46

ほんと、
星から見たら、
私たちの一生なんて一瞬にもならないんだろうなぁ

投稿: Cos | 2006.05.14 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/10015374

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河の合体:

« 今も生きるニルスのふしぎな旅 | トップページ | 銀河の合体(BlogPet) »