« フジ子・ヘミングの手 | トップページ | 東京都現代美術館 「転換期の作法」 »

2006.02.27

新しいタミフル?

日本では最近は大きな被害がでていないけれど、フランスでのとりインフルエンザの被害は日本にもフォアグラの輸入が停止されたこと・・・まぁ、フォアグラなんて、早々食べられるものじゃないけど、要するにとりレバーだな・・・とか、インドネシアでは死者が20人もでたとか、世界的な被害は拡大してきている。

インフルエンザの治療薬として効果があるとされているのがタミフルだが、作るには中華料理でも使う「八角」も必要でその生産量にも左右されたり、作り始めてから製品になるまで2年(だったと思う)もかかるといった問題があって、生産量が限られていた。

植物使わずタミフル合成に成功 東大グループ.

 抗インフルエンザ薬のタミフルを、原料の植物を使わず石油成分から合成することに、東京大薬学系研究科の柴崎正勝教授(医薬品合成化学)らの研究グループが成功した。新型インフルエンザ対策として需要が高まる一方、原料植物の確保が難しいことから世界的な品不足が続いてきたタミフルの安定供給が期待できそうだという。

 柴崎さんらは、安価で入手しやすい石油から生成する化学物質からタミフルを作った。独自の触媒や有機化学反応を組み合わせ、たどりついた。実用化の研究はこれからだが、少し構造が異なる化合物も合成できることから、タミフルが効かなくなった耐性ウイルスに対する新薬開発につながる可能性もある。

「石油から」と聞くとなんだか怖い気もするけれど、現実には普段使っている薬にも石油から作られている材料が使われていても不思議はないから大丈夫なのかなぁ・・・

|

« フジ子・ヘミングの手 | トップページ | 東京都現代美術館 「転換期の作法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/8857214

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいタミフル?:

« フジ子・ヘミングの手 | トップページ | 東京都現代美術館 「転換期の作法」 »