« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

東京都現代美術館 「転換期の作法」

いただいたチケットがあったので、午後から行ってきました。
(放課後に約束していた生徒がほかの日にしてくれたので\∥^O^∥/)

東京都現代美術館では

転換期の作法 ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術」と
日本画から日本画へ」の二つの企画展が行われている。(どちらも3月26日まで。)

で、最初に見たのがこの「転換期の作法

「転換期」という言葉・・・時の流れを一番感じさせたのは「われらの歌集」
年老いた人たちがポーランドの歌を思い出して(思い出そうとして)口ずさんでもらうインタビュー形式の映像。
「もう思い出せない」、「ちゃんと覚えているけど、2つの単語だけ思い出せない」といいつつ歌って見せる。
ある人は点滴を受けながらの病院のベットで、ある人は(たぶん家族のいる)居間で。

最後近くになって、ポーランドの国歌を覚えているか聞かれると誰もが歌おうとする。中には覚えていない人もいて、家族や隣のベットの人に教えてもらう・・・
「国を出てからもう60年だからね、覚えてないよ」といったような言葉(厳密には違うかもしれないけど)で、この人たちは居間ポーランドにいない人たちなのだと始めて分かる。

あとから解説を見ると、この人たちはイスラエルに移住した人たち、戦争中に最もつらい思いをしたユダヤの人たちだということが分かる。そう思って思い出すと見え方がまた違ってくる。

これは10分ほどの映像作品だったけれど、今回はこうした映像作品が多かった。

10分以内だと割りと見ようという気になるけれど、20分、30分の作品はこういう会場ではなかなか見てみようという気になれなかったのが残念かも。

おかしかったのは受動的作業装置。
スポーツジムにおいてあるような装置が並んでいるのだけれど、ここにあるのは「仕事」用のトレーニングマシン。
携帯のボタンを押す練習をするためにボタン・・それも形態のものと違ってまさに押すためのボタンそのもの・・・が並んでいて親指で押す練習をするのだ。一つ一つのボタンの力が違うので、なかなか思うように押せない。しかも・・・どう見ても一回り大きい。
その隣には「マウスの練習」機がある。つかんで右に左に動かす練習・・・・
これ以外にも面白いし実際にやってみることのできるトレーニングマシンがいくつかあった。重力倍増服は土日には着用体験ができるらしい。

そして惜しかったのが「27m」と題した作品。
ヘッドホンをかけて27mのコースを歩く。
ヘッドホンからはスロバキアの現地の人たちがその通りについての話や思い出などがそばを走る車の音とともに流れてくる。
目を閉じて歩いているとそこにいるかのような気がしてくる、とても不思議な体験だった。

ただ、この27mの距離をヘッドホンから聞こえてくる早さにあわせて歩くことがどうしてもできなかった。ぶらぶらと歩けばいい速さなんだろうけれど、いつもコースを歩き終わってもまだヘッドホンの中は途中までしか規定なかったりするのだ。

しかも、このヘッドホンから流れてくる音はかなりノイズが多くて、音による疑似体験がかなり阻害されてしまっていた。

もう少し工夫してあるとすごくいいものになるような気がするのだが・・・・

全体としては(時間のかかる映像は見てないから全体ではないな)面白かったけれど、その一方でその面白さが解説を読まなくては分からないものも少なくなかった。
なんとなく、解説を必要とする面白さってなんとなく違うような気がするんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.02.27

新しいタミフル?

日本では最近は大きな被害がでていないけれど、フランスでのとりインフルエンザの被害は日本にもフォアグラの輸入が停止されたこと・・・まぁ、フォアグラなんて、早々食べられるものじゃないけど、要するにとりレバーだな・・・とか、インドネシアでは死者が20人もでたとか、世界的な被害は拡大してきている。

インフルエンザの治療薬として効果があるとされているのがタミフルだが、作るには中華料理でも使う「八角」も必要でその生産量にも左右されたり、作り始めてから製品になるまで2年(だったと思う)もかかるといった問題があって、生産量が限られていた。

植物使わずタミフル合成に成功 東大グループ.

 抗インフルエンザ薬のタミフルを、原料の植物を使わず石油成分から合成することに、東京大薬学系研究科の柴崎正勝教授(医薬品合成化学)らの研究グループが成功した。新型インフルエンザ対策として需要が高まる一方、原料植物の確保が難しいことから世界的な品不足が続いてきたタミフルの安定供給が期待できそうだという。

 柴崎さんらは、安価で入手しやすい石油から生成する化学物質からタミフルを作った。独自の触媒や有機化学反応を組み合わせ、たどりついた。実用化の研究はこれからだが、少し構造が異なる化合物も合成できることから、タミフルが効かなくなった耐性ウイルスに対する新薬開発につながる可能性もある。

「石油から」と聞くとなんだか怖い気もするけれど、現実には普段使っている薬にも石油から作られている材料が使われていても不思議はないから大丈夫なのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

フジ子・ヘミングの手

フジ子・ヘミングのことは以前から知ってはいたし、ピアニストなのに美術展をやったりする人なんだという印象はあったけれど、どんな人なのかはよく知らなかった。彼女の得意なのはショパンやリストということだったし、ショパンもリストもどちらも華麗だけれどその華麗さがなんとなく身構えて聞くことを要求しているようで余り好きではないから、「聞いてみたい」と思ったこともなかったのだ。

何の気なしにのぞいてみたGyao(これはOperaでは動作しないから、そうしょっちゅうのぞく訳ではないけれど、時間があるときとか、やりたくないことばかりあるときなどは時々のぞいている)に「羽ばたけフジ子・ヘミング」というドキュメンタリーがあった。

名前を知っている人だし、どんな人なのかなとクリックしてみたのだ。
若くはない人だとは知っていたけれど、こんなに年をとっている人だとは思わなかったから、まずそのことにびっくり。
テレビから伝わってくる音だから音質自体はそんなによくないけれど、年を感じさせないパワフルな演奏。そしてないよりもその手が画面いっぱいに映ったときに「このとしになってこれだけの曲をこんなにすばらしく弾きこなす」手だということに衝撃を受けた。

若くしてその才能を認められていたけれど、両耳の聴力を失って(聴力がまったく今もないかどうかは番組からはわからなかった)35年間のヨーロッパでの沈黙の後、日本に帰ってきてその才能を認められたのだという。

その手は年をとってしまっている手で、とてもこんなふうに弾けるはずがないような手だった。

晩年、手のリウマチで思うように手が使えなかった親戚のピアニストと同じ手をしていたのだ。

その手にはあたかも今まで生きてきた年輪が刻まれているかのようにも見えるのに、そこから生み出される音は年輪の深みを感じさせこそすれ、つかれきった年輪の重みはどこにもなかった。

これだけの年をとって、不遇の人生を送ってきて、今花開いている。

うらやましいといえばもちろんうらやましいのだけれど、それ以上に「お前なんかまだまだ洟垂れ小僧さ、まだまだこれからさ」といわれているかのような気がして、なんとなく元気が出てきてうれしかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.23

フリーのOCR(BlogPet)

きょうはここへ日本語へ保存したかった。
ただsagiとここでsagiはここで数学へ実現♪
またsagiとここへテキストとかダウンロードしたかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sagi」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

3角比の実習

「カクシリキ」を使って3角比の実習をした。

カクシリキというのは角度を測る道具で、同じようなものは以前から知っていたけれど、同僚が沖縄の数教今日の大会で教わってきたフロッピーケースとストローを使って作るもの。
この新しいスタイルのカクシリキを作るのはCosも初めて。

Degree Metor

内側に両面テープで角度の紙を貼って、ケースの上にのぞくためのストローをつけ、5円玉をおもりにして角度を測るのだ。

1時間かけて説明と製作、2時間目に実習をしたのだが、あいにくの雨。
ビルの最上階の窓の高さを調べるという課題を出したのだが・・・・

当初は

How to mesure?

こんな感じで2箇所からの角度とこの2箇所の距離を出させるはずだったのだが、雨のために近づくことができず、結局・・・

How to mesure?

3箇所から仰角を測りこの3箇所の距離を測って求めるというかなり面倒な問題になってしまった・・・∥^O^∥

かといって、晴れた日を使ってもう一時間使ってやるほどの時間の余裕はないしなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

フリーのOCR

ひょんなことことから、ずっと前にダウンロードだけはしてあったフリーのOCRをインストールしてみた。
ダウンロードしたのは去年の暮れか今年の初めだと思うのだが、余り必要性を感じなくて今まで使っていなかったのだ。

何と言っても数学は数式があって、どうやってもOCRで認識できるとは思えないから、TeXするか、画像のままで保存することがほとんど。

かつては画像で保存なんかしたら重くて大変だったけれど、今は特に画像だから重いということもないし、以前は新聞の切り抜き(webだからコピペで済むけど)もテキストデータにして保存していたけれど、今は画像も含めてそのままの形で保存しても、そんなに困らない。

そんなこんなでかつては「必需品」みたいな感じもしたOCRだけれど、今はほとんど必要性を感じていない。

ただ、やっぱり検索することを考えると数学ではなく普通の文章であれば、テキストデータの形のほうが便利かもしれないし、某所でOCRの話が出ていたのを見て
「そういえば持っていたなぁ」と解凍してみたのだ。

使ってみたのは
SmartOCR Lite EditionLite版は無料だけど、性能は予想以上に良かった。


Lite 版と Professional 版の違いについて

基本的には、「大量原稿の一括処理はできず原稿ごとに処理する」ことと「速度優先で文字認識される」ことが Professional 版との大きな違いですが、性能(性能テスト参照)と機能(特徴参照)は市販OCRソフトウェアよりも優れています。OCRに関するほとんどのことをSmartOCR 1.0 Liteで実現できるように設計されています。

と言っているだけのことはあって、少なくともスキャナについていたe-Typistよりはずっとしっかりと認識して誤字もずっと少ない。数式を含んだものはやっぱりだめだけど、日本語としての間違いはほとんどない。

まだ使い始めたばかりだからどの程度の学習をするのかわからないけれど、「またかよ~」と思うほどの誤字はなかったし、普通の日本語の文章であれば気持ちよく使える。

窓の杜の紹介記事を見ると

 「SmartOCR Lite Edition」は、独自のエンジンを搭載したOCRソフト。スキャナー画像やBMP/TIFF/JPEG/PNG/GIF/WMF/EMF形式のファイルから読み取った文字情報をテキスト文字列に変換してTXTファイルとして保存できるほか、元画像のレイアウトや表組みを保持したWord/ExcelファイルやRTF/HTML/CSV/PDF形式でも保存できる。また元画像にテキスト情報を埋め込み、画像を選択してテキストコピーしたり文字列検索ができる“透明テキストつきPDF”としても保存可能。
とのことだがまだ使い方がよくわかってない。 かなりいろいろなことができそうでちょっと楽しみ。

まぁ・・・Wordはめったに使わないから、どっちかって言うとTeXファイルにしてくれるともっといいんだけどなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知求コンサート

母のお供(?)でサントリーホールで行われた「知求アカデミーコンサート」に行ってきた。

お供ととは言ってもCosは仕事があるから遅れて行ったし、帰りは帰りで買うものがあったので、新宿で別れたので一緒に聞いてきたというだけなのだが・・・

これは音楽だけじゃなくて、レンブラントの絵の解説とフルートの演奏のコラボレーション。

レンブラントの絵の解説には遅れていったので途中からだったけれど、今まで気がつかなかったレンブラントの光と影の扱い方がとても印象的だった。

しばらく前に見たラ・トゥールもレンブラントよりもほんのちょっと前の人だから、光と影のコントラストがはやっていた時期なのかもしれない。
一部分だけに光を当てることで、絵の印象がかなり変わる。この光と影に注目するという描き方はこの前見た原美術館のオラファー・エリアソンと共通しているものがあるのかもしれない。

そしてその光の華やかさはフルートの音色にも通じるのかもしれない。

ただ、レンブラントの解説の間は気にならなかったのだけれど、音楽になったとたんに会場にいる子ども、特に後ろの席の子どもが気になり始めた。
しーんとしてフルートとピアノの音だけが流れる会場で子どもなりに静かにして入るのだが、お菓子を静かに食べているのだ。
音が出ないように気を使いながら・・それでも時々小さな音で「かりっ」
お母さんに小声で話しかけようとする・・・
そして極めつけはぷーんと漂ってくる甘いお菓子のにおい。

静かに、甘い刺激なしに音楽を聴きたいと思うと同時に子どもだって精一杯静かにしようとしているんだし、お母さんだって音楽を楽しみたいんだということも分かっているんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

コム・ベトナム

東京立川にあるベトナム料理屋さん。
母のうちで見た今日の読売新聞の家庭欄(?)に
「フォー
代々受け継ぐ家庭の味」
という記事でママの写真入で紹介されていた。
(もちろんしっかりもらって帰ってきたから、あとでスキャナして保存しておこう)

このコム・ベトナム悪徳不動産屋の独り言のPoohpapaさんに「おいしいベトナム料理の店」として紹介してもらったところ。

ベトナムでもレストランをやっていただけのことはあって、本当においしい。

慣れていない味は苦手なCosですら、何度でも行きたくなるような店。
新聞を読んだ途端に行きたくなったけれど・・・う~ん・・・当分いけないだろうなぁ・・・

定番の生春巻きやフォーはもちろん、
揚げ魚をライスペーパーに包んで食べる料理をまた食べたいなぁ・・・

追記-----------
2月16日はblog悪徳不動産屋の独り言は「緊急メインテナンス中」ということでしたが17日には正常に戻っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つもった(BlogPet)

いつも、sagiは
人と人との係わり合いを通じて、どこでそれがひとつになっていったのかという一緒になっている。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sagi」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

買ってみたいきもするライブドア

今話題のライブドアの株、上場停止になるとも言われているけれど、上場停止になるとどうなるのか買ってみたい気がする。

いまはニュースで「悪」の代表みたいないわれ方をしているけれど、有名になる前からのライブドアはそういうイメージではなかった。それでどころか大企業の中でよくやっている会社というイメージが強いのだ。

パソコン通信からインターネットへと世界が広がり始めた頃、プロバイダの接続料は一番最初は従量制。そのあと接続無制限のコースができたりしたけれど、そんな頃にはライブドアはフリーのプロバイダとしてすごくありがたい存在だった。

そのころ電話代のほかに1分十円とかかかった接続料が電話代だけで済むのだ。

@nifty(当時はnifty serveだったはずだけど)に比べると重かったから、実際に使うのはほとんど@niftyだったけれど、出かけているとき(別料金だったような気がする)や当時は@niftyも時としてつながらないこともあったりしたので、ライブドアも会員登録しておいていざと言うときに何回か使ったことがあるような気がする。

使いはしなかったけれど、webスペースも無料だったかな?

そういうありがたい存在としてのライブドアのイメージが強いので、経営には問題があるのかもしれないけれど、個人的なかかわりの中では会社に対しては悪いイメージがほとんどない。

だからちょっとだけ株を買ってみてどうなるのか見てみたいという気もしないではない。

ただし・・・株の買い方は知らないけど∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

寒い!

ちょっと前に引いた風邪がやっと良くなってきて、気をつけていれば風邪であることも忘れるくらいになってきたのに・・・

放課後の教室で楽しく「質問会」という補習をしていた。
生徒たちは結構粘って遅くまでやっていたのだが、質問に答えたり説明したりしているうちに、なんとなく風邪がひどくなってきた。

しゃべっていると咳が出たり、なんとなく寒かったり・・・

でも生徒たちはぜんぜん平気で楽しそうに話しながら問題を解きながら、次から次へと質問が来るので、あんまり気にする余裕がなかった。

それに、学校の暖房というのは集中管理をしている関係もあってか、設定温度は一定なのに寒かったり暑すぎたりすることも多いから、なんとなく寒くてもあきらめるしかないのだ。

時間とともに、すっかり体が冷えてしまっていた。(生徒のひざ掛けを借りたりしたけれど、あれも暖かそうに見えてもぜんぜん暖かくないのもあるんだということがよくわかった)
外が暗くなって、最終下校時間になったので生徒といっしょに、教室の戸締りのためにエアコンのスイッチを見て愕然。

暖房が入っていなかったのだ・・・∥-_-∥
がっくりしながら
「暖房入れてなかったの?」と聞くと
「暖房入れると空気が乾燥するから・・・」

そうだけどさぁ
風邪を引いているのに・・・
風邪がひどくなったらどうするんだいorg

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.02.09

キティの梅祭り(BlogPet)

いつも、sagiは
校長が「キティちゃんのパスネット」と宣伝しながらいろんな人が何枚もかっているのを見て、つい買ってしまった。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sagi」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プラズマで 3次元像

何もない空間にあらわれる・・・それが人の形に輝き動く光だったりしたらホラーの世界になりうるんだろうけれど、そんなことも可能になりそうだ。
空中に3次元像、プラズマで描写 産業技術研など開発.

 何もない空間に、らせんやピラミッドのような立体の3次元像を描くことに、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などが成功し、7日に公開した。従来の3次元像は視差などを利用して立体的に見えるようにしているだけだが、今回の技術は、赤外レーザー光をあてて発光する輝点を実際に立体的に空間配置しており、よりリアルな画像が可能になった。

3D

これを良く見てみるときちんとしたに影(?)が映っていて、いわゆる影のない虚像の幽霊ではなく、そこに存在している実像なのだといことがよくわかる。(まあ、存在しているのはほこりであって、それを光らせているだけだけど)

産総研:プレスリリース 空中に浮かび上がる3次元(3D)映像.
を見るとこの立体だけではなく「SOS」を空中に浮かび上がらせた物も出ている。

原理としてはこのプレスリリースによれば

 本装置は集光レーザー光で焦点近傍の空気をプラズマ化し発光させるものであり、レーザー光の焦点位置を3次元空間中に自由に制御することで空中(3次元空間)に実像としてのドットアレイからなる3次元映像の表示を実現したものである。

ということで、空気をプラズマ化することで(本来はもちろんほこりなんかがあるんだけど)何もない空間に点を作り出す。
ここからどんなものが作り出せるのか、新しい芸術がここからも生まれそうな気がするし、考えてみるだけでも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.08

複雑系

まだまだ読み始めたばかりだし、ちゃんと読んでもいないのでなんともいえないけれど、新しい視野が開けてきているかのような感じのする本がこの本。

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち
M.ミッチェル ワールドロップ Mitchell M. Waldrop 田中 三彦
4102177213


今までだって「複雑系」という言葉は知っていたし、自然科学関連の(思いっきりやさしい)本は何冊も買ってきて少なくとも途中までは読んだけれど、経済などといった自分の関心のない分野はあえて手を出そうとしてこなかった。

この本も買おうと思って買ったわけではなく、最近読んでいるベルガリオン物語がないかと思ってブックオフへいったときに、手に入らなかったベルガリオン物語のかわりに100円で買った本。たぶん、100円でなければ買わなかっただろう。

あるいは100円でも「複雑系入門」なんていう本でも「何だ経済の本か」と思って買わなかっただろう。

「サンタフェ研究所の天才たち」というサブタイトルがいわゆる複雑系とやらにかかわる人たちの話であろうことを示唆してくれたので読んでみようかという気になったのだ。

本質的な複雑系の意味としては知らなかったことはないような気もするけれど、その見方の違い、経済からのアプローチ生物学からのアプローチ物理からのアプローチ・・・人と人との係わり合いを通じて、どこでそれがひとつになっていったのかという話になっている。

難しいことは何も書いてないけれど、かつて外科医と占星術師と床屋が同じだったように、緩やかなつながりを持って世の中のいろいろな現象がつながっていくんだと、今までとちょっと違う見方ができるような気がしてきた。

ちょうど、数学の多様体を考えるときに概念としてはおそらく同じものなのに、取り扱う分野によって代数多様体、微分多様体、位相多様体、解析多様体(用語はこれであっているのかなぁ?)があるのを拡張したような感じなのだろうか。それともまるっきり違う概念なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

つもった

昨夜から東京は雪。
東京と言っても郊外で雪が積もりやすいところに住んでいるから、「都心で2,3cm」といえば我が家では10cmにはなる。

2006020701今朝はこんな感じ。

今日は暖かいそうなので、解けるんじゃないかと期待するけれど、その前にうちの前の道路だけでも雪かきをしなくちゃならないのが憂鬱。

こんなことを書いてないで、雪かきしないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

雪の中の散歩(BlogPet)

たくさん、sagiは、感じ
ここは公園の中でも広くて舗装したかったの♪
sagiは、sagiはシジュウカラ、ヤマガラ、細い望遠レンズと、細い動画とか、よくしたをいし・・鳥たちが、細い望遠レンズとか広いそばとシジュウカラとか双眼鏡とか東京とシジュウカラとか双眼鏡とか東京と言っていないところ
この日見た


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「sagi」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

数学者御用達

数学にかかわりを持っている人のマフラーはこれにきまり。
Moebius Muffler

いぎりすせいかつ:メビウスの輪で紹介されていたMoebius Scarfなのだが、これはどう見てもマフラーかネックウォーマーにしか見えない。メビウスの輪がスカーフ(マフラー)になるなんて考えてもみなかったのだが・・・

半分ひねって端と端を合わせて(普通のメビウスの輪の作り方と一緒)編んであるから端はひとつしかない。

Moebius Muffler

こうやって見ると半分だけねじれているメビウスの輪になっていることがよくわかるだろうか。この半分ねじれているところが身体につけるとすっきりと収まる。
Moebius Muffler
こんな感じかな。

職場でこれを見せたら・・・・
「縦に切り目を入れて二つに切ろうとしてもひとつになることを確かめてみよう」といわれてしまった・・・


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »