« 雪の中の散歩 | トップページ | 博士の愛した数式(BlogPet) »

2006.01.25

BSEの危険

もしかしたらアメリカって言う国は交通事故よりも危険が少なければどんな危険があってもかまわないと思っているのだろうか?

「危険性は交通事故より低い」 BSEで米いらだち.

米国側は会合後の記者会見で、牛海綿状脳症(BSE)の危険性を「車でスーパーに買い物に行って事故に遭う確率の方がよほど高い。その事実を日本の消費者に伝えたい」(ペン農務次官)と指摘。厳しい日本の輸入基準へ不満をあらわにしたが、背骨混入を見逃した原因について明確な説明はなかった。

 会合には日本の外務、農水、厚生労働3省の局長級と、米国側のペン次官、ランバート農務次官代理らが出席した。

 日本側は、BSEの原因物質が蓄積しやすい背骨が除去されていなかった原因の究明と再発防止を改めて要請。米側は、背骨が混入していたのは「孤立した事例だ」と述べ、「国際的な商業経験を持たない検査官が駐在した処理場で起きたミスであり、経験豊富な検査官がいるほかの処理場には問題は波及しない」との見方を強調した。

「危険」ということについてだけ言えば、たとえば米軍基地の近くの町で軍人に暴行を受ける確率は自動車事故にあう確率よりも小さいから別にかまわないというのと同じレベルのような気がする。

犯人は軍の中の常識をわきまえないごく一部でありそれ以外の常識をわきまえた軍人については問題がない。

なぜ、犯人がそうした犯行に及んだのかについてはまったく言及せずに、再発防止策の取りまとめについて今後も調査していく。(あくまで調査するだけであって、調査した結果については報告するとは言ってない)

っていう感じ?

|

« 雪の中の散歩 | トップページ | 博士の愛した数式(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/8327290

この記事へのトラックバック一覧です: BSEの危険:

» ペン農務次官の発言 [気ままなViola!]
 ニュースで見たのですが、アメリカのペン農務次官が、日本のアメリカ産牛肉再度の禁止に不満を表して言った言葉に、唖然としてしまいました。全く信じられませんが、BSE感染の確率は交通事故より低い、問題にならないですって。食の安全に対する認識がこの程度なんです。日米が何とか合意に達したその条件を無視しておいて、この発言。さすがアメリカですね、なんでもありですか。このインチキ野郎!と殴... [続きを読む]

受信: 2006.01.25 09:25

» BSEを巡って米農務次官が失言 [じブんログ]
アメリカが特定危険部位の脊柱が付いた牛肉を輸出したため、日本は再び禁輸措置を出した。それを巡り、農務次官がアメリカから来日したのだが、記者会見でツッコミ所満載の発言をした。 「BSEのリスクは交通事故よりも低い」 とか 「BSE感染牛は、日本は22頭だがアメリカ..... [続きを読む]

受信: 2006.01.25 09:38

« 雪の中の散歩 | トップページ | 博士の愛した数式(BlogPet) »