« 現在のポートレイト展 | トップページ | その後のパキスタン »

2006.01.08

雪の天徳寺

日本海側では記録的な豪雪だといわれているし、東京でも「今夜は雪」とか「明日は雪」という予報が出たりしていた今年の寒さの中で、今年最初のお墓参りをしてきた。

車が千葉に入ってから日陰にちらほらと白いものが見え始める。最初は「霜」と思っていたのだが、千葉の奥に入っていくにつれてその白い部分が増えてくる。
しばらく進むうちに東京には影も形もなかった雪が残っているのだと気がついてきた。

千葉は暖かいから雪は降らない、あるいは降ってもすぐに消えると思い込んでいたのだが、樹木葬の天徳寺に近づくにつれて雪がひどくなる・・・・

幹線道路から天徳寺につながる細い道に入った途端、あっちにもこっちにも雪。

Entrance of Tempe

門のところには雪がないけれど、この門からは急なカーブの多いのぼりになっている・・・写真にも見えるように門からはいいってすぐのカーブのところの雪がしっかり残っているのだ。

東京には雪がなく、まったく予想もしていなかったので、車のタイヤはノーマル・・この坂で滑ってしまって先へ勧めなくなってしまった。

あわてて住職さんに電話をして(ありがとうございましたm∥_ _∥m)、車を置いておく場所を教えてもらう。

仕方なく、もうちょっと手前の空き地に車を置いて歩いたのだが、やっぱりこの坂のところはすべるのだ・・・∥^O^∥

Front of Temple

天徳寺の正面には雪がないけれど、よく見るとそこにもここにも雪が残っている。(これは帰りだったけれど)屋根から雪が落ちるときには「どーん」と音がしてお寺全体が揺れるほど。

Winter Memorial Park Winter Memorial Park

やはり予想通り、樹木葬地にはまだいっぱい雪が残っていた。千葉では雪も少ないし、積もらないとも聞いているから、こういう写真は珍しいのかも。

Cat of Temple
かわいそうだったのはこの墓守猫のランちゃん。この写真は雪のないところに来てほっとしているのだが、住職家族は出かけていて誰もいない上に、一生懸命に樹木葬地までついてきてくれたのはいいけれど、何しろ足の下はなれない雪。

雪の上に座ると冷たい、雪の上に立つと冷たいから、なでてもらいたいのだが、みんなが雪の上に立っているものだから、雪の上に来るとぶるぶるとおしりが震えるほど寒いのだ。

それでも墓守猫の面子にかけても、お墓参りにきている人たちの面倒を見なくてはならないと思っているのだろうか、樹木葬地にいる間はそばから離れようともしなかった。

あとで、本堂の階段のところでみんなで日向ぼっこしたときにはすごく満足そうだったけれど、今日のお墓参りはランちゃんにとってはちょっときつかったかも。

樹木葬地とランちゃんの動画こちら
から。
(中身はないけど・・・)

|

« 現在のポートレイト展 | トップページ | その後のパキスタン »

コメント

Cosさんランちゃんと天徳寺の動画ありがとうございました!腎不全って天徳寺のHPに載っていたので心配していたんですけどランちゃん元気そうで安心しました。

ランちゃんて健気で律儀で墓守猫としてのお仕事もきっちりこなして、そして甘えん坊で可愛いですよね。

投稿: らら | 2006.01.08 23:48

天徳寺・・・いつか行ってみたいなぁ。
お寺好きなんですよね~。
気持ちが落ち着きます。
いつかお寺めぐりするのが夢です☆(←こういうこと言ってると年寄りくさいと言われます・・・)

投稿: akiko | 2006.01.09 21:51

>ららさん

「働く動物」のなかに猫は出てこないのでしょうけれど、間違いなくランちゃんは働く動物ですよね。

昨日は住職が不在でいつも以上に日と恋しかったんでしょうか、ものすごく甘えてきました。

雪の上でなでて欲しいけど、雪は冷たいし腹ばいになりたいのになれないし・・・という感じでした。

>akikoさん、
天徳寺はわざわざ見に行くような立派なお寺じゃなくて、すぐそばに洗濯物が干してあるようなお寺です。

首都圏で唯一樹木葬という方法で亡くなった方の埋葬をしてくださるところです。

樹木葬は一ノ関の祥雲寺が一番最初ですし、一番規模も大きくやっているところです。
Cosのうちもそちらも考えたのですが、あまりに遠いことと冬は雪が多いので天徳寺にしました。

一ノ関出身の友達は「ついでにCosもこっちに来ればいい」などと言ってましたが∥^O^∥

投稿: Cos | 2006.01.10 00:21

有名所のお寺もいいですが、小さなお寺とか天徳寺のようなお寺をまわるのも心が落ち着く気がします。
どうしても有名所のお寺には人が多くてだめです・・・。
一ノ関ですか?結構身近な所にあるものですね。でも釜石から一ノ関は意外に遠いんです・・・。

投稿: akiko | 2006.01.11 18:30

確かに、こういうお寺のほうが落ち着いた感じかも。

住職さんはここが人の行き交う開かれたお寺になって欲しいとも考えていらっしゃるようです。

そういう住職さんの考え方が、どこかお寺の雰囲気にも出ているかも。

投稿: Cos | 2006.01.11 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/8065192

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の天徳寺:

« 現在のポートレイト展 | トップページ | その後のパキスタン »