« キティの梅祭り | トップページ | 友人に灯油かけ »

2006.01.28

センター試験が不利?

 センター試験に限らずどんな試験でも見たことのある文章や問題が出てくれば受験生にとっては有利になる。数学だって類似の問題を解いたことがあるかどうかの差は大きいけれど、それ以上に見たことのある文章、資料が出題されれば受験生にとってはラッキーの一語に尽きる。

ところが・・・・

センター試験の政経の問題、類似の教科書が「間違い」.

 大学入試センター試験の「政治・経済」の問題に、高校の教科書に載っているものとほぼ同一のグラフが出題されたことが27日わかった。その教科書のグラフ自体が誤っており、教科書通りに解答して不正解になったと受験生が指摘して発覚した。同センターは類似グラフが教科書に使われているかどうか照合しなかったことを認めている。

 この問題は21日に実施された「政治・経済」の第5問の問3。日・米・英各国の国内総生産(GDP)に占める公共投資の比率を表したグラフが、どの国のものか答えさせる内容だった。

 しかし、これとほぼ同じグラフが04年度から使われている実教出版(東京都千代田区)の「高校政治・経済」に載っていた。しかも、米国と英国を逆に取り違えた内容で、文部科学省の教科書検定でも誤りを見過ごしていた。

 センター試験後、受験生や高校教師から同社に「教科書通りに答えて不正解になった」と指摘があった。

教科書のグラフの内容を覚えている受験生がどれぐらいいるか分からないし、教科書の中でどういう扱いをしているのかは分からないけれど、実際問題として「教科書どおりに答えた」人数がどれぐらいいるのか・・・教科書のグラフの国名を覚えているというのはかなり少ないんじゃないかと思うけれど・・・

「あっ、これ教科書にでてた」
「ん?確か教科書では英国(あるいは米国)がこっちだったよなぁ」
政経についてはまったく分からないのでどういう問題だったのか知らないけれど、このグラフのどっちがどの国なのか記憶だけで答えさせる問題だったとは思えない。文章があったり、教科書などにでている(グラフの国名なんかじゃなくて)文章を知った上で答えさせる問題だったのだろうと思うのだがどうだろう?

暗記力を問うだけの問題というわけではないだろうから教科書のグラフの国名が間違っていたからと言ってそれだけで間違いを選んでしまうというほどの問題だったとは思えない。

それにしても・・・・
受験で始めて教科書のミスが分かるというのもひどいかもしれない・・・
この教科書のシェアは12.6%。どういう学校がどういう生徒を対象に使っている教科書かわからないのでなんともいえないけれど、今まで誰も気がつかなかったというのもすごい。

言い換えるとそのグラフに書かれている国名の価値というのは気にするほどのものではないということなんだろうか?

|

« キティの梅祭り | トップページ | 友人に灯油かけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/8374782

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験が不利?:

» 教科書をつついて大学入試センター試験を出す? [時評親爺]
再び出てきた大学入試センター試験の不公平問題である。27日付毎日新聞に依ると、先頃行われた大学入試センター試験の政治経済で出題された問題で、「教科書通りに答えると不正解になる」という事態があったらしい。以下に前掲毎日報道を引用する(文中の太字・下線は筆者による)。 > 文部科学省の27日の発表によれば、実教出版(東京都千代田区)の政治・経済の高校教科書に掲載されて > いたグラフに誤りがあった。類似したグラフが今年の大学入試センター試験で出題され、受験生が同社に > 問い合わせて判明した。... [続きを読む]

受信: 2006.01.28 10:12

» 試験監督をしながら [大学という斜陽産業]
結局、今日の入試の試験監督は、合間ごとにトイレに駆け込むという散々なものだった。 試験監督中、内職をする人もいるみたいだが、勤務先の場合、監督者は大抵まじめに監督していたと思う。というか、配置された人数が全員揃うのは、試験開始後5~10分と試験終了前5~10分だけで... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 21:57

« キティの梅祭り | トップページ | 友人に灯油かけ »