« 世界中につながるblog | トップページ | これで今まで商売してきたのか・・・ »

2005.11.28

倒産の恐れ

 今ニュースを読んでいたら、つい昨日「106%で買い戻す、なんとかなる、まったくもんだいなくやれる」と言っていたヒューザーだが、

リンク: asahi.com: ヒューザー、説明一転「倒産の恐れ」 住民は猛反発�-�マンション耐震強度偽装.

 耐震強度偽装問題で、部屋を買い戻す方針を表明したヒューザー(東京都千代田区)の幹部社員が27日、マンションの購入者に対し、「買い戻した場合、会社が存続する限りは住宅ローンを肩代わりするが、資金繰りが日々悪化し、12月末にも倒産の恐れがある」などと説明会で話した。購入者たちは反発し、買い戻し計画を白紙に戻すよう求めた。補償は本当にきちんとなされるのか、購入者たちの不安が募る。

 ヒューザーは前日の26日、(1)全部屋を購入価格の106%にあたる価格で買い戻す(2)購入価格のうち自己資金分は3カ月後に返還(3)ローンの分は同社が肩代わりする――などとする方針を示したばかりだった。

「建て直し」「補修」「買い戻し」・・・・言うことが二転三転してきたわけだが、どう見てもその場しのぎの発言を社長が繰り返して来たとしか思えない。

悪く見れば
「とりあえず最初の6%だけ払ってあとは倒産すればいい」と考えていたとも見ようによっては見えてくる。
そういう会社だから「マンション耐震強度偽装」なんていうことが平気でできたわけなんだろうけれど、こういういいかげんさが通用してしまう建築業会と言うのも怖いかもしれない。

今話題になっているもうひとつの建築会社「木村建設」は社員を破産に向けてということで東京事務所の責任者を含めて全員解雇したしなんともやり方がずさんだと思うのはCosだけだろうか。

|

« 世界中につながるblog | トップページ | これで今まで商売してきたのか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/7357547

この記事へのトラックバック一覧です: 倒産の恐れ:

« 世界中につながるblog | トップページ | これで今まで商売してきたのか・・・ »