« 国立博物館 秋の庭園公開 | トップページ | 教育の成果はこんなもの »

2005.11.16

バーティミアス

友だちがおもしろいよと言っていたので思わず買ってしまったのがこの本。

0786852550The Amulet of Samarkand (Bartimaeus Trilogy, 1)
Jonathan Stroud

Disney Pr (Juv Pap) 2004-05-22
売り上げランキング : 50,665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

英語で460ページもあるうえに児童書だというのに英語がかなり難しくて、なかなか読み進まなかったのだがやっとあと30ページぐらいになった\∥^O^∥/

が、終わりのほうに来るとどきどきしながら読むのにCosの力では細かいところがよくわからない・・・・
状況がよくわからなかったりするので、昨日本屋さんによったついでにそこだけ目を通してみた。

がーん・・・・

ぜんぜんイメージが違う。
知りたかったシーンのイメージじゃなくて、本全体を通じてのイメージがあまりに違っていて知りたかった部分よりもその違いにショックを受けてしまった。

Cosの持っているイメージとしては主人公の一人である少年は悪ガキというよりは幼いうちから悲しい人生を送ってきている少年の怒りという感じがしていたのだ。
もちろん、同じニュアンスがあるのかもしれないけれど・・・・

まぁ、同じ日本語の本を読んでも受ける印象は人によって違うのだから、翻訳者の印象がそうだったということだけなんだろうけれど・・・

|

« 国立博物館 秋の庭園公開 | トップページ | 教育の成果はこんなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/7138003

この記事へのトラックバック一覧です: バーティミアス:

« 国立博物館 秋の庭園公開 | トップページ | 教育の成果はこんなもの »