« 試してみよう | トップページ | 英会話、3年分まとめて? »

2005.11.01

秋の集い(樹木葬)

 樹木葬の天徳寺からほど近い御宿は伊勢海老で有名なところ。前回お墓参りに行ったときには御宿の海岸で、イセエビのバーベキューをしたけれど、今回は樹木葬の集いで「柿もぎとイセエビ」

 イセエビに惹かれたというわけではないだろうけれど、今回は100人近くの人が集まった。10月のはじめのお墓参りの時にももう60人もいたから多いだろうとは思っていたけれど、すごいなぁとびっくり。

が、どうも今回はCosたちの予約がちゃんとできてなかったみたいで、リストに名前がなかった・・・∥;_;∥
Cosたちだけではなく、何人かの人たちがリストからもれていた・・・これがあとであわてる結果になってしまうのだが・・・

 まずは近くの農家まで柿もぎに出かける。距離は遠くないし、仲良しの女の子と手をつないでお散歩。

kaki

柿ばたけにつくと農家の方が柿の説明をしてくれる。今年の柿のできはあまりよくないらしい。下側のへたとは反対のところが黒く割れてしまっている柿も多い。柿のとり方(と言ってもたいしたことはなかったのだけど)を聞いてからいよいよ柿もぎに。

柿はそんなにとっても食べきれないので、仲良しさんと一緒に「どの柿がいいかなぁ」とのんびり探した。上を未ながら歩いているから、下に落ちている柿を踏んづけて「ぐにゅっ」、何度もびっくりした。

kaki

とった柿は1個60円で買い取る。この写真では分かりにくいけれど、一番大きい柿は果物屋さんで売っている一番大きい柿ぐらいのサイズだから、近所で買う値段に比べればとても安い。しかも、渋柿は無料ということで、山のように渋柿を取っている方もいた。
Cosも「干し柿にしたいなぁ」と思っては見たけれど、とても皮を向いて干して作るといった余裕がないので、横目で見るだけでパス。

とった柿を持って散歩しながら変えるとそろそろお昼ごはん。

せっかくのイセエビだったのに、写真を撮る暇がなかったのが残念。
イセエビの煮物と、野菜の煮物、漬物、イセエビの頭のお味噌汁のお昼ご飯。Cosも配膳を手伝ったのだが、ここで思わぬ事態になってしまった。

Cosたちを含めて何人かの方がリストからもれていたので、その分のイセエビが足りなくなりそうだったのだ。もちろんなかにはキャンセルする方もいたし、数も余分に頼んでおいたのだが、それ以上に人が集まってしまったということだろう。
配膳をしていた人たちははらはらどきどきしながら・・・・最後の一個が最後の一人にわたってみんなほっと安心した。
何しろ、秋の集いは「イセエビ」なのだから。

食事が終わると三々五々解散。

Cosたちはいつものように父のところにお参りをして、ぐるっとその辺を散歩をして帰ったのだが・・・

jumokusouti azumaya 

同じように考える人は少なくなく、それぞれに花を生けたり植えたりする人たちがたくさんいた。(写真に写っている方たちはそのごく一部)
こうやってお参りに来た人が休むための樹木葬地の入り口にできるはずのあずまやも少しずつではあるけれど、形になりつつある。

New Place One of them
左側の写真は、今回やっと認可がおりた新しい樹木葬地。今あるところはもうほとんどいっぱいになって来ているので、これからの方たちはこちらで眠ることになるのだろう。写真の奥の下ったところまでが予定地になっている。

右の写真は「契約者」の木。
天徳寺の後住職の名前が見える。彼もいずれみんなと一緒にここに眠るのだろうか。住職ともなれば立派なお墓に入りそうな気もするのだけれど・・・・

みんなの一員としての住職の姿を見たような気がした。

|

« 試してみよう | トップページ | 英会話、3年分まとめて? »

コメント

その「仲良しさん」の家族です(笑)。
あの日は寺男として忙しく助かりました。ありがとうございました。
「仲良しさん」もCOSさん、COSさんと言って好きになったと言ってましたよ!
「また遊んでね!」が本人からの伝言です。

そう、ボクからも「また遊んでね!」(笑)。

投稿: kyoque | 2005.11.02 20:38

手をつないで歩いているお姿は、なんとも微笑ましく素敵な光景でした。
てっきりCosさんのお子さんだと思っていた
ららでした・・・

投稿: らら | 2005.11.03 11:12

Cosの仲良しさんに、
「Cosこそ遊んで!」とお伝えくださいm∥_ _∥m
お母さんに「Cosさんと手をつないでいきなさい」といわれたらちゃんと最後まで手をしっかりつなぐようないい子だものなぁ\∥^O^∥/

kyoqueさんもまた遊びましょう・・・また寺男をやっていらっしゃるかもしれないけど

>ららさん、
隣の子どもはかわいいと申しまして・・・
∥xx;∥☆\(--メ)
(芝生と子どもを一緒にしちゃいけない・・・)

投稿: Cos | 2005.11.03 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/6829544

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の集い(樹木葬):

» 寺男修行中または寺男入門 [凶区ブログ]
この日曜(30日)、母を「樹木葬」で弔った千葉県の天徳寺にて「第3回樹木葬の集い」が行われ、裏方およびお手伝いもかねて土曜日から寺へ行く。その日は何もしていないのに温泉に連れていかれて、歓待を受ける。温泉はヨードを含んだ天然湯ということで、まるで烏賊墨のように真っ黒であり、最初は吃驚した。湯温が低すぎるのが残念だったが、肌がスベスベする。 気持ち良くなったところで、運転をしないでいいボクだけビールを飲んで気持ち良くなる。 翌日の日曜が「集い」の本番で、ボクは朝から生まれて始めて握った草刈り機で駐車... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 20:46

» 黄昏コラム/二年目の柿 [凶区ブログ]
日本の果物といったらなんだろう? 実りの秋――さまざまな果物が食卓をかざる季節となった。 その中で、栗とか柿とかをみるとホッとする。そしてその果物は日本の里山にとてもよく似合う。 美味だった。適度の歯ごたえと甘味――柿畑で食べた柿もおいしかったが、枝付きで家へ持って帰った柿は、たったひとつですぐ食べてしまったが、日本の里山の風景が閉じ込められたような味がした。 それに、それはなんて美しい姿をしていたことか……。 次郎柿って名前からして男のようだが、秋の里山を日本の風景にする果物だと思ったのだ。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 20:51

« 試してみよう | トップページ | 英会話、3年分まとめて? »