« まずいかも | トップページ | 試験の後 »

2005.10.26

モナリザと記念撮影

 先日、松岡美術館へ行って、写真撮影が禁止されていないのを知って狂喜したばかりだというのに、今日はこんなニュースを見て複雑な気分。

モナリザ「禁写」1カ月、観光客と警備係の攻防続く.

 パリのルーブル美術館が混雑防止を理由に、9月14日から人気絵画の写真・ビデオ撮影を禁じ、観光客を戸惑わせている。「モナリザの前でVサインするために何千キロも旅してきた人々」(パリジャン紙)が簡単にあきらめるはずもなく、警備係との駆け引きが続いている。

 撮影禁止となったのはイタリア、フランス、スペインの絵画を展示するドノン翼1階全部と、ルイ15世の王冠などが並ぶアポロンの間。名画の前は記念撮影の人であふれるのが常だったが、「落ち着いて鑑賞できない」との苦情を受けて館内規則を改定した。

要するに、今までは写真もビデオもOKだったのだ。
かつて、ルーブル美術館へ行ったときにも「フラッシュ禁止」の表示を見て、何と恵まれた国だろうとすごくうらやましかったのを思い出した。

日本ではほとんどの美術館で写真撮影が禁止されている。
フラッシュを禁止するのは分かるけれど、写真撮影を禁止するのはどういう理由なんだろう?
フラッシュを使わずに写真を撮っても絵がいたむといった理由があるのか、単にここにあるように「落ち着いて鑑賞できない」からなのだろうか?

確かに混んだ美術館で写真を取り捲っているのはいただけないけれど、そうでなければ別にいいのではないかという気がする。特に自分の気に入った時間を思い出すのにはやっぱり一枚写真が欲しい。
はがきになっていれば買えばいいことだけど、必ずしも欲しいものが欲しい角度で取られたはがきになっているとは限らない。
特に彫刻などは見る角度が大事だから、やっぱり自分でとりたいなぁ・・・

いつかまたルーブルにいける日が来たとしてもモナリザと記念撮影できないのは残念かもしれないけど・・・

 一番人気のモナリザのわきには「撮影禁止」の掲示。カメラや携帯電話を向ければ、専属の警備係2人から「ノー・フォト・プリーズ(撮らないで)!」の声が飛ぶ。目を盗んで写せても、これまでのような記念写真は難しくなった。

 ガイド本の陰でカメラを操作したり、連れが係員の注意を引くスキに狙ったりと、攻守双方にストレスが募る。「盗撮」の機をうかがう人が多いせいか、滞留時間はむしろ延びた印象さえある。 


さすがフランス\∥^O^∥/

|

« まずいかも | トップページ | 試験の後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/6645547

この記事へのトラックバック一覧です: モナリザと記念撮影:

« まずいかも | トップページ | 試験の後 »