« 同級生 | トップページ | 川村記念美術館、国立歴史民俗博物館(佐倉)(BlogPet) »

2005.06.13

川村記念美術館、国立歴史民俗博物館(佐倉)

以前、美術館コミュで見かけた川村記念美術館。千葉県佐倉にあるというのだが、Cosの家からはかなり遠いので、いく勇気がなかなかでなかった。

佐倉には国立歴史民俗博物館があって、以前から一度は行ってみたいと思っていたのだが、「どうしてもいきたい」というほどでないこともあって、何年もいかずじまいになっていた。

6月に入ってこの一週間はいつもに比べれば時間の余裕があったので、覚悟を決めて両方に行ってみることにした。

それにしても、遠い。

Enterance of National Museum of Japanese History,

歴史民族博物館は以前に関西で見た民族博物館が世界の民族を対象にしているのに対してここでは日本に限定した民族博物館。
縄文文化のころからの歴史の中での人々の暮らしなどに焦点を当てているという感じだろうか。
去年、江戸博物館に行ってきたところだったし、古代以外はあまり新鮮味を感じなかった。もちろん、面白くないわけではないけれど2時間半もかけていくほどのところではないなぁという印象だった。
ただ、ここは大阪の万博公園の民族博物館のように公園の中にあって、東京の博物館ではめったにないような自然の中の博物館といったところ。のんびりと一日を過ごすにはとてもいいかも。
入り口から見るとこんな風に公園の中にあって、博物館だけで足が痛くなってなければ公園で遊ぶのもいいかも。
Park of National Museum of Japanese History入り口から公演を見たところ。

Cosはせっかくきたのだからといったんは駅に戻って駅から出ている無料のバスに乗って、川村記念美術館にも行くことにしていたので公園の散策はできなかったのだが、きっともうこないことを思うとちょっと残念だったかも。


Kawamura Memorial Museum of Art

川村記念美術館は大日本インキの敷地内にある美術館。ここも公園があって、企業の中ではあるけれど、自由に散策ができるようになっている。
企業の美術館ということで、そんなに大きなものでもないだろうし、あまり期待もしていなかったのだが、美術館自体も森の中に建つ白い館という感じで自然の中に溶け込んだゆったりとした建物。

美術館側から池を見たところ。「あそぶ」というよりも静かに「散策する」という雰囲気
Park of Dainipponn ink


落ち着いた静かな雰囲気でちょっと基本的な雰囲気がつい先日行った庭園美術館にもちょっと似ているかも。

ちょうど企画展として「ハンス・アルプ展」をやっていた。美術館は美術館として建てられたのだろう。どの部屋もゆったりとしたつくりで空間を贅沢に使っていた。

一回は常設展。常設展といってもいつも同じものを展示しているわけではなく、1000点余りにも及ぶ収蔵品のうち数十点を交代で展示しているのだともいう。常設展には余り期待していなかったのだが,確かに世界的な有名は絵はないのかもしれない(あるかどうかはCosにはわからないのだが・・・)けれど、本当にいい絵がいくつも展示してあった。その中でも見た途端にそばを離れられなくなったのが、ピカソの一枚の絵。少女の肖像画なのだが、横を向いたその顔は(どこか漫画の美少女にも似た)写実的な書き方なのに、上半身はピカソ独特の抽象さ。そのミスマッチがすごい緊張感をもたらしている。まっすぐにその緊張感に向かい合うのは、真剣に勉強なり何なりに取り組んでいる生徒のその真剣さに向かい合っているのともつながるような気がしてくる。

ゆったりと美術を楽しむ空間の中で、そこだけが緊張を要求しているという感じだろうか。本当にいい絵だった。この絵を見るだけでも2時間半かけてきただけの甲斐があった。

この絵をもう一度見るためだけにまたここに来たいかもしれない。

「ハンス・アルプ展」面白かった。柔らかな人体を思わせるような抽象的な彫刻など、そこにはほんわかとした世界が広がっていた。

ただ・・・PovRayで立体作るときにBlobというのがあるのだが、ちょっとそんな感じだったりもしたり、幾何学模様があったりして、Cosも作ってみたいと思わせないでもなかった(もちろん、Cosにできるとは思わないけど)

ここは何とかして時間を作ってもう一度行ってみたい・・・・

|

« 同級生 | トップページ | 川村記念美術館、国立歴史民俗博物館(佐倉)(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/4532669

この記事へのトラックバック一覧です: 川村記念美術館、国立歴史民俗博物館(佐倉):

» 心やすらぐ「ハンス・アルプ展」 [単身赴任 杜の都STYLE]
ハンス・アルプの多彩な創造力に感動です。 [続きを読む]

受信: 2005.06.17 23:38

« 同級生 | トップページ | 川村記念美術館、国立歴史民俗博物館(佐倉)(BlogPet) »