« 難しい? | トップページ | 深夜料金 »

2005.05.09

等比数列の和

等比数列の和の公式のところで、高1でやっていた循環小数を分数に直す計算を紹介。

最初は「循環小数」が何のことだか忘れている生徒も多かったけれど、話をしているうちに思い出したらしく 「10倍してずらすことで、よくわからない点々で書いてある部分をなくしてわかりやすい形にするんだったよねえ」 といってから、 「循環小数は10倍したり100倍したりして考えたけれど、等比数列では同じことをr倍して考える」 と話したら、かつてないほどすっきりわかったようだった。

等差数列の和ではGauss少年、等比数列の和は循環小数。次は何を使おうか?

|

« 難しい? | トップページ | 深夜料金 »

コメント

せんせい!わかりませーん(泣;
じゅんかんしょうすう???
とうひすうれつ???
純燗小吸う・逃避数列ー!

投稿: わに庭 | 2005.05.11 16:13

循環小数というのは
0.33333333333333333333・・・
とか
0.1212121212121212121212・・・
みたいに小数のところに同じ数字が繰り返しどこまでもどこまでも現れるような数字です。

循環小数といえば
昔の電卓は
1÷3で0・3333333と答えが出て、
それに再び×3とすると答えが
0.999999とでたものだけど、
最近の電卓はちゃんと1に戻るんですよ。

等比数列って言うのは数字が並んでいて、並び方の規則が何倍かずつになっている時にその数字の列を等比数列といいます。

「1枚が2枚、
2枚が4枚、
4枚が8枚
・・・・・・」も等比数列です\∥^O^∥/

投稿: Cos | 2005.05.12 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/4060608

この記事へのトラックバック一覧です: 等比数列の和:

« 難しい? | トップページ | 深夜料金 »