« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.31

携帯を使った授業

Cosのところでは携帯を持っていてもかまわないけれど、校内での使用は禁止されている(ことになっている)。しかし、現実には生徒たちだけでなく、教員も携帯の便利さを知ってしまって携帯なしではすまない人も少なくない。

その携帯を大学の授業で活用したというのがこれ。

ケータイで大教室の授業を変える

 大学の大教室での授業は、教員からの一方的な情報提供で、学生の参加意識や学習意欲に配慮されることは少ない。大教室で教員と学生のコミュニケーションをつくり、より内容のある授業を実現するため、携帯電話を活用した授業研究が行なわれている。3月30日、東京・駿河台の明治大学で開かれた「情報コミュニケーション学会」で、「携帯電話を活用した大教室の授業改善」の研究発表が行なわれ、授業の実際が紹介された。

一人一人に目が届かない大教室・・・何人ぐらいをさすのかはよくわからないけれど・・・・携帯を使っての授業はちょっと面白そうだ。

 川島助教授は、自身の授業で、「アンケート」「出欠確認」「小テスト」「意見・質問」の機能を活用している。アンケートは携帯電話のサイトに質問を上げ、授業中の必要なタイミングで学生に答えさせる。学生は画面で答え、送信する。結果はすぐに表示される。川島助教授は「憲法の学習では、改憲と護憲のどちらを支持するかという問いと、憲法の条文を読んだことがあるかという問いのように2つのアンケートを行なう。すると条文を読んでいないのに、憲法について論じている、という自分について学生が気付く。2つのアンケート結果を対比して、無意識の部分を抽出して、問題点を深めることが出来る」と、方法のひとつを紹介した。

このアンケート・・・これはテレビの番組でボタンを押してアンケートをとるのと基本的には同じやり方。
携帯のサイトに質問を上げなくても、いいような気がするのだが、どうなのだろう??
携帯の画面に問題が出るというのがどの程度大事なのかなぁ?
と思ったりもしたけれど、的確な問題のところに回答を送るためにはそのアドレスが自動的に登録されないとだめだからということだろうか。

ただし、こういう形で記号選択をさせるといった形での小テストなどは可能だし、送信元のアドレスが残るから、それを生徒の資料として取っておくことも可能。
つまり紙で行う普通の小テストが簡単に出来て、採点や統計は自動的に出来てしまう・・・・それはいいなぁ・・・・∥xx;∥☆\(--メ)

 独協大学の和田智・助教授は

 講義内容の画面の横に、学生が送信した質問がすぐに掲示される質問箱を設けた。携帯電話を使うことで、質問は普通の授業より少し増えたという。質問箱についての学生の反応は「他の学生の考えを知ることが出来た」「授業理解の助けになった」など肯定的な答えが多かった。一方で、「不便」「通信料金がかかる」といった否定的な答えもあった。教員のITスキルが低いと、授業でシステムを十分活用できないことや、情報モラルについて学生が理解していないと、言い合いが起きたり、無関係な記述が入ったりすることがあることを報告した。

この質問箱はいいなぁ
授業のときの質問は手を挙げなければならないし、話の途中での質問は出来ないけれど、この形なら、質問をいつでもすることが出来て、区切りが付いたところで質問に答えることも出来る。

ただし、「教員のITスキル」を考えるとできる教員は(たとえばCosのところなどでは)ごくわずかだろうし、

「学生の情報モラル」などは相手が高校生だとまったく期待できない。

まあ、いずれにしても「通信料がかかる」様なことは高校では考えられないけれど、コンピュータ室の授業なら同じようなことが出来るかもしれない。

携帯を使うかどうかはともかく、こうしたITを利用して、普段の授業でも生徒との間の十分なコミュニケーションが取れるとお互いに楽になっていいのになぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.29

#111111

もちろんもっと人気のあるサイトではアクセス数は比較にならないほど多いけど、
1がいっぱい並んでいるのはなんだかとてもうれしい。

といいたいところだけれど、Cosが気がついたときには#111137・・・・
通り過ぎちゃった・・・∥-_-∥

誰だったんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

つぐみちゃんはどこ?

友達のblogを見ていたら、他のところのこんな記事が紹介されていた

つぐみ、どこにいるの?:娘を捜しています・・・・


最近は「プチ家出」といって気楽に家を飛び出して1日2日帰らないなんていうのがあったりします。
そういうことが平気で出来るような雰囲気が高校生の間でもあったりするので、家出ということに対する抵抗感が昔ほどないのかもしれません。

11歳の女の子が家出をして・・・・・・保護されない・・・・・・
犯罪に巻き込まれたのかそれともどこかで家出を楽しんでいるのか・・・・・
どう受け止めていいのかよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

小山内裏公園

Cosの家から車ならそう遠くないところにある公園。どうもこの何年かで出来た新しい公園らしい。

Keep Nature

この写真を見るととても東京の住宅地に隣接する公園とは思えない。わざわざ自然を求めて出かけていったような感じのところ。
この写真にははっきりと写ってないけれど、水の中にたっている枯れ木の中には10個以上も鳥の住んでいそうな穴のあいている木もあった。

池の向こう側は自然保護のために立ち入り禁止。他の公園でもあるがままの里山の自然を残そうと立ち入り禁止にした上でメンバーを募って自然のままにするための整備をしたりしている。

Who live here?
いろいろな掲示も整備されていて、これはここに住んでいる生き物たち。
タヌキは学校の近くでも出たという話を聞いたことがあるからびっくりしなかったけれど、野うさぎ、きつね、いたち・・・
もしかしたらCosの住んでいるところはすごく田舎なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切頂二十面体で・・・(BlogPet)

きょうはsagiの数学みたいな関係したかも。


*このエントリは、BlogPetの「sagi」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅の梅

 春休みの初日、母と一緒に青梅まで梅を見に行ってきた。Cosのお友達のところで最近見たじゃりんこのコーヒータイム: 吉野梅郷が気になっていたのだが、ちょうど母と一緒に行くのに手ごろかなと・・・

どうも、この吉野梅郷で一番きれいなのは「梅の公園」らしいということで、まずそこにいってみた。
入ったところは正面の入り口ではなく、ちょうど裏に当たる東側の入り口から。この東側の入り口は正面入り口とちょうど谷を挟んだ反対側という感じになっていて、その谷間が梅林の谷間になっている。

Park of Ume 1

入ったところからもちょっと上って谷を見渡す見晴台のほうまで行ってみると谷一面に満開の梅。これは見事だった。雨上がりのすっきりと澄んだ空気の中で、くっきりと浮かび上がる梅の谷といったところだろうか。

梅林といえば平らな畑(といっていいのかな)しか知らなかったからこんな風に一面に見渡せる梅は初めて。その見事さにしばらく声もでなかった。

ぐるっとたにの周りを回って反対側にきてみるとこんなかんじ

Park of Ume 2

正面の何も生えていない辺りから前の写真をとったのだが・・・こっちから見るとそんなにたいしたことはない。
きっと正面の東側の斜面は最近梅を植えてこれから見事な梅林にして行こうというのだろう。

お昼は・・・実はこの店にしようと決めていたわけではないのだが、ほかに「これぞ」という店がなかったこともあって、これもじゃりんこさんのところに出ていた梅料理の専門店へ。もうちょっとお店があると思っていたのだけれど、思ったほどはなかったし、ここ以外はどこにでもありそうな店ばかりだったのだ。

で食べたのがこれ。

Lunch

それなりにおいしかったのだけれど、何もかもが梅尽くし・・・ここには写っていないご飯もお吸い物も、挙句の果てにはお茶まで梅。食べ終わるころには梅はちょっと食傷気味だったかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.24

切頂二十面体で・・・

このところココログの更新をすっかりサボってしまっていた。
実はこんなものを作って遊んでいたのだ・・・

Math World

これはmixi内の数学関係のところで使うかもしれないので作ってみたもの。
PovRayで切頂二重面体を作ってその上に文字を貼り付けたのだ。

で、遊びで文字だけを変えたのがこれ
Wall base

で調子に乗ってこんなのまで作ってしまった∥^O^∥

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.18

MuPad

先月だったか、ちょっと前にジャストシステムのカルキングJ、数式がかけて、計算が出来て図形集があって、作図が出来るというソフトがでた。

ちょっと惹かれるものを感じたのだが、なんとなく「ジャストシステム」と聞くと重そうでどうしようかなぁといろいろ検索して見つけたのがMuPad.もちろん本格的なものは結構いい値段もするのでとても手が出ないけれど、LIGHT版と言うのがあって、いわゆるアカデミック版みたいな感じで、学生、教職員は無料というおいしいものが出ていたのだ。

何しろCosは「無料」に弱いから、思わず入手することにしたのだが、これがなかなか大変。

なにしろこのLIGHT版は英語のものしかなくて、英語で書かれた購入方法を調べてうんうんいいながらダウンロード(これは簡単だった)して、レジストリキーを手に入れたのだが、このレジストリキーを手に入れるにはMuPadのTAN-Serverというところにいって登録をしてから出ないと手に入らないのだ。

英語のページに登録をするのが怖いCosとしては必死になって文章を読んで、どうやら大丈夫らしい・・・というか回避する方法が見つからなかったので、登録してレジストリキーを手に入れた。

もちろんレジストリキーがなくても30日間は試用期間があるからだいじょうぶなんだけど・・・

というわけで今夜は早速これで遊んでいる。
今のところいろいろな単純な式の計算をやっているだけだけどなかなか前途多難かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

心に広がる数学の世界を ^-^

今日の昼間、パソコン通信のフォーラムのひとつ、教育実践フォーラムが削除された。

パソコン通信によって、Cosの人生もずいぶんと変わった気がする。
物理的にはそんなに変わってないのかもしれないけれど、
壁で一緒に遊んだ友達、
数学の部屋で真剣に話し合った友達、
ここで培ったもの、学んだものはCosの人生にとっては大きい。

そこがなくなってしまった・・・というのはCosにとってのひとつの時代が終わったということにもなるのだろう。

それでも、壁の仲間とは楽しく遊ぶ場所も出来たし、数学の仲間・・・壁の仲間にも含まれるのだが・・・とは「心に広がる数学の世界を ^-^」で、楽しく数楽していける場所を探そう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.03.16

トライ成功\∥^O^∥/

Cosが今までいたパソコン通信のフォーラムは今日削除される(はず)だ。その削除を前にとうとう昨日壁会議室を一杯にすることが出来た・・・・

って、もちろんCosが一杯にしたわけではない。Cosはところどころにぽつんぽつんと書いただけで、ほとんどは友達が書いたものだ。65000番目の発言もそのうちの一人がとったのだ。

学校と家の往復だけをしていると目の前にはそれしか見えなくなって、楽しく遊ぶことを忘れてしまいそうな気がするけれど、こういうことをしてくれる友達が何人もいるから、いつも「楽しく遊ぶ」ことを思い出せる。

Cosにとってパソコン通信のフォーラムでの友達は時には真剣に数学の話をし、時には真剣に思いっきり遊ぶことが出来る貴重な仲間たち、今日でフォーラムは削除されてしまうけれど、ある程度はmixiでこれからも一緒に遊ぶことが出来るかもしれない。

そう思って自分を慰めるけれど、やっぱりさびしい。
どうして閉鎖されてしまうんだろう。
せめてwebフォーラムとして残っていれば、また真剣に出来るチャンスもあっただろうに・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.15

あと500

 パソコン通信のフォーラムの削除が明日に迫った今日、あと500ほどで会議室が満杯になるところまできた。

こうなってくるとわくわくしてくる。
Cosも微力ながらがんばろう∥xx;∥☆\(--メ)

@niftyの会員なら
https://www.nifty.ne.jp/cgi-bin/go?nifty:fkyoikus/
のなかの14番会議室というところでやってます
∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.03.14

あと1700を2日間で・・・

今までCosが参加していたパソコン通信のフォーラムが閉鎖される話は何回かしているが、今そこの壁が爆発している。ある種のトライ状態・・・

この「壁」と聞いてにやりとするのはパソコン通信の経験者だろうし、トライと聞いてわくわくするのはかつて壁の住人だった人だろう。

閉鎖というか削除まであと2日。(他の会議室はとっくにリードオンリーになっているが・・・)

その間に会議室を満杯にしようというのだ。
ほんの3、4人・・・そのうち主力は2人、その二人が本当に一生懸命書いている。他の人たちもがんばっているがその二人にはとてもかなわない。
Cosにいたっては「一応書いてます」程度しか書いてないが最近思わぬところから援軍が現れた。

「はじめまして」という方が何人か来ているのだ。この調子ならあと1700ぐらいはいけるかも・・・・
ちょっとわくわく\∥^O^∥/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.13

花粉マスク

我が家ではCos以外はかなり重症の花粉症でこの季節になると家の外にでるのも嫌がる。
Cosも微妙に花粉らしく、天気予報で「花粉が非常に多い」というときには鼻の奥がむずがゆくなる。
ただし、むずがゆいからたまにくしゃみが出ることもあるけれど、くしゃみが止まらなくなったりつらかったりすることはない。

今年はこんなものを見つけたので、シーズンの始まる前に買ってみた。

実際に使ってみるとこれが非常にいいのだ。普通のマスクでは「なんとなくむずがゆい」という状態がなくなるわけではないけれど、このマスクを使うとむずがゆさがまったく感じられない。
もちろんCosが軽症だからなんともないのかもしれないけれど、他の重症の家族もこのマスクを手放せなくなってしまうほどの効果があった。
どの程度の効果は本人たちからしっかり聞いたわけじゃないからよくわからないけれど、くしゃみが止まる程度には聞いているようだ。
なみだ目には効かないと思うけど・・・

この超立体マスク、15枚入りだけど一応1日1枚の使い捨て。
たぶんこの花粉のひどい状態は数日で治まるんじゃないかと期待しているけれど、他の家族はそのあとも花粉用のマスクが必要になるから、早速買いに行ってみたのだが・・・・・


ない!!

どの薬屋さんに行ってもこの超立体マスクの「花粉用 ふつう」が見つからないのだ。かろうじて見つかったのが「風邪用」と「花粉用 ちょっとおおきめ」だけ。
しかも店には「生産が間に合わない」と書いてあったので、とりあえずは買ってきたけれど、いざなくなってきたら、一番軽症のCosの分が後回しだろうなぁ・・・


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005.03.12

国語力じゃないと思うが・・

中学や高校の一年間の終わりには学年末試験が待っている。

試験があれば、採点をしなくちゃならなくて、
採点をしたらその答案を生徒に返して成績をつけなきゃならない∥-_-∥
(教えるのは好きだけど、この仕事は嫌いだ・・・)

というわけで生徒に答案を返すのだが、久々にクラス全体を叱ることになりそうだ。

いや、成績が悪いというわけでもないし、生徒たちが勉強をしてこなかったわけでもない(と期待したい)が、彼らは問題をちゃんと読んでいないのだ!!

問題文には「二つのものを求めよ」と書いてあるのにあとのほうしか求めようとしない生徒がなんと多いことか・・・
もちろん問題文を
「・・・・・なんとかをもとめよ。またかんとかをもとめよ」
という形ではなく
「(1)なんとかをもとめよ。
(2)かんとかを求めよ。」
とすればそういう生徒がいなくなるのはわかっているが、そうすることで、ますます生徒は問題を詠まなくなるのだ。

もちろん突然このタイプの問題を出したわけではなく、(さすがに数値は違うけど)同じ問題を何回か課題で出題しているから、ちゃんとやっていれば書き落とすことはないはずなのに、普段はちゃんとやる生徒でも見落としていたりするのだ。

「なんとか」がわかっていなければ「かんとか」も解けないはずなので、「なんとか」を落とした生徒は問題を読まなかったために何点かを失っていることになる。

入試でも文章をしっかり読まなかったために解ける問題を落とすことも少なくない。
というわけで来年度は「文章をしっかり読む」習慣をつけさせないといけないなぁ・・・・

来年度、「文章はしっかり読む」「答えが出たら、もう一度問題を読んで、題意にあっているかどうか確認する」ことにも注意しないといけないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

フォーラムもブログ

@niftyのパソコン通信のフォーラムは3月いっぱいで終了するけれど、そこからwebフォーラムに移行しているフォーラムがある。
以前Cosが知っていたwebフォーラムは普通のwebページのような感じでどちらかというと掲示板が集まってフォーラムになっているような感じだったけれど、機能誘っていただいたペットフォーラムはblogになっていた。

@nifty:ペットフォーラム: 今日から本格オープンです。

いままで3つのペットフォーラムをご利用だった方も、新しく訪れてくださった方も、ペットに関しては何でもありのフォーラムになりましたので、どしどしご活用をお願いいたします。

という記事に早速トラックバックをつけてみることにする∥^_^∥

@niftyという会社やそこのいる人たちについては必ずしも快く思ってはいないし、フォーラムのマネージャーというものに関しても中にはとんでもないのもいると思っている。
(あっ、ぺれんてぃさんがとんでもないと思っているわけではありません・・・・とんでもない動物を飼っているとは思っているけど・・・∥xx;∥☆\(--メ))

だが、こうしたところに集まる人たちの力がいまの@niftyを作り上げたんだし、こうした人たちがいるからこそ、
「気に入らない」といいつつ、@niftyを続けているのかもしれない。

@niftyに対する評価はとても低いけれど、そこで出会った人たちがいるからこそ、やめないのかもしれないなぁ・・・


【追記】なぜだかわからないけれど、認証のページからログインできない。
他のところでログインしてから入るとちゃんとは入れるのにどうしてだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.09

フォーラムの終わり

@niftyのパソコン通信のフォーラムが今月いっぱいで終わる。

今までCosが入っていたフォーラムも今は一般会議室はリードオンリーになってもうしばらくするとフォーラム自体がなくなってしまう。

このパソコン通信のフォーラムに入ったことで、物理的にはほとんど変わらないのかもしれないけれど、精神的にはすっかり人生も変わってしまったような気がする。

日本のあちこちの多くの人たちと出会い、今もその方たちとの交流を通じて得るところはとても多い。

今はもうつながりはないし、どこにいらっしゃるのかもわからないけれど、思いもよらぬところで思いもよらぬコメントをいただいてそれまで気づいていなかった多くのことに目を向けることができるようになったりもした。

そのフォーラムがなくなってしまうのはとてもさびしいけれど、実はその寂しさは今に始まったことではない。

パソコン通信のフォーラムに新しい人が入らなくなった頃、webフォーラムというパソコン通信ではなくインターネット上に新しいフォーラムを@niftyが作り始めた。

誰がどう考えてもパソコン通信は先が見えているのだから、フォーラムとして・・・無形のひとつの文化としてのフォーラムを残すためにはwebフォーラムに移行するしか選ぶ道はなかったはずだが、何度となくたずねてはみたが「今のところはその予定はない」と最後まで問答無用で門前払いを食わされ続けた。
動こうとしない運営陣に、なんとかしてフォーラム存続の道を考えようとしない、そういうつもりのない姿勢に寂しさを通り越してむなしさしか残っていない。

そして最後になっても、webフォーラムにする道ではなく、そのまま消滅させることを運営は選んだ。

そうだろうなぁ・・・
そのつもりで門前払いを食わせてきたのだろうと思わずにはいられなかった。

ほとんど動いていない運営陣、利益だけを享受して何もしない人のほうが多かった・・・のに動かそうともせずになすがままに任せてしまったのだ。

そのために今まで培ってきたものがすべて消えてしまう。

特に専門の分野ではかつては実り多い話題がいろいろとかわされてきたけれど、このときのログも個人個人は持つことが出来るけれど、それを使うことは難しい。
「ここを見れば書いてある・・・」フォーラムの中であれば過去のログを引用して話をすることが出来たけれど、もはやそういうことは不可能になる。

たとえ、活性化しなかったとしてもwebフォーラムに移行していれば、webフォーラムの中にログをおくことは出来るから、「同じフォーラム内の発言」ということで今までと同じように使えたはずだが、これからはそういうことも出来なくなる。

これまでにも何度かチャンスはあった。

そのチャンスにことごとく動こうとはしなかった。フォーラムの方針を決める運営陣・・・
ただ単に「web化しても人が増えるとは限らないから」という理由だけで動こうとしなかった運営・・・
彼らだけのフォーラムではなかったのに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウサギのお気に入り(BlogPet)

sagiは、病気しなかったー。


*このエントリは、BlogPetの「sagi」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.03.07

記号の語源

試験の採点をしている合間にいろいろなところで使われている記号の語源はなんだろう?
という話になった。

関数はもちろん英語の関数functionの頭文字だし、直線はlineの頭文字。

変数はなぞであるものを×と書いたからだろうということで一致を見た(正しいかどうか、これはちょっと疑問)

定数に使うはアルファベットの最初から順に使っているのだろうし原点のOは数字の0から出ているのだろう。

で、理由をこじつけられなかったのがとおいたりするときに使うmとn。
比に分けるときにもm:nとおいて書くけれど、これはいったいどこから出てきたんだろう?

はドイツ語で定数konstantかな?

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005.03.05

今夜も雪?

今日は友達と立川の「コムベトナム」へ。

一時は「2月に閉店」と聞いてショックを受けていたけれど、いろいろな事情がうまく働いてこのまま続けることが出来るようになったので、以前から「行きたい」といっていた友達とご飯を食べてきた。

Cosのうちからだと立川にでるよりも新宿にでるほうが簡単だったりするので、あまり行きやすいところにはないのだけれど、「よいしょ」とばかりに行って帰ってくると「やっぱりおいしかったなぁ」

店に入る前にはほとんど振っていなかったのに、帰る頃にはかさなしではちょっと厳しいほどの雨になっていた。今夜遅くにはこのまま雪に変わるらしい・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

雪は降ったけど。

結局降り始めたのは明け方から。
雪の量はたいしたことがなかったけれど、Cosのうちの周りは真っ白。

期待した学校は・・・・といえば平常通りあるし、
うちの前には雪が積もっているから雪かきをしたし・・・
仕事のことを考えるとこれでよかったのだが、
気分的には最悪のパターンだったかも。
∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.03

明日は雪?

なんだか天気予報を見ると今夜は雪がどっと降るらしい。
都心で積雪が5cm、ということはこっちでは10cmから15cmの積雪になって下手をすると学校は休校になる。

しかも、学年末テストの真っ最中。

生徒にとっては雪の休校で試験が一日伸びるからその分勉強できていいのかもしれない。
が、土日に勉強する予定だった教科がもう一日先になるからその分の勉強をどうするのかが大きな問題になってくる・・・・のだそうだ。

「試験が終わるのが一日伸びると遊びの予定が狂う」という生徒、
「とりあえず一日伸びればその分勉強ができる」という生徒、
そして・・・
「採点日が一日減るからどうしよう・・・」というCosをはじめとする教員たち・・
      ∥xx;∥☆\(--メ)

【追記】明日の朝起きて雪がなかったらどうしよう・・・∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

50MBに増えた

 どうやらココログのディスク容量が増えたらしい。

もちろんCosは無料のBasicしか使う気がないから今までは30MB。そのうちおよそ12.5MBを使っていた。それが50MBに増えたのだ。

お知らせココログ: ココログのディスク大容量化について

ココログのディスク大容量化について、ご報告いたします。

 
本件については、極めて重要な問題として、優先度を上げて検討しています。
しかしながら、他社ギガバイト対応の詳細を拝見しておりますと、容量を拡大する代わりに、「 1記事につき最大 1MBまでしかファイルをアップロードできない」「 jpegと gifしかアップロードできない」「 1ヶ月に最大 10MB分の帯域しか使えない」など、様々な制限を課しているところがほとんどです。

実際にはどの制限もCosの場合だと普通はあんまり問題にならないような気がするけどなぁ・・・
ただひとつ他のところで困ったのはimgタグが使えなかったところかな。
数式は画像として扱うから文章中に画像が入れられないと困るのだ。

しかしながら、サービス開始から 1年以上経過した今、既存のディスク容量では足りなくなりつつあるユーザーがいることは、ココログとしても認識しております。これゆえ、本日をもって、既存の最大ディスク容量を増量させていただきます。
新しいディスク容量プランは、以下の通りとなります。


ベーシック
50MB
プラス
100MB
プロ
300M

無料でプロよりも容量の多くて、制限のないところもあるんじゃないかと思うけど・・・・
そういうところは重いのかもしれないけど、重いのはココログでも同じだし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

度と度

図形の問題で途中の式に角度を表す「°」のマーク(90°など)をつけなければいけないかどうかが話題になった。

単なる計算であれば必要がない、
答えには必要である
というのはみんなの一致を見たのだが、途中式でつけなければいけないかどうかは「なくていい」という意見もあってそれに反対する人もいた。

(書いてないと注意するけれど減点をしないというのが結論)

この話の中で
「同じ度でも角度はたせるけれど、温度は足せないよなぁ」

確かに30度と60度をたすことが出来るのは角度だけ。
温度は30度から60度増えて90度になることはあっても温度がたされるのではなく、60度上昇するためのエネルギーが加えられているので温度自体をたしているわけじゃない。

角度なら30度を12個集めることは意味があるけれど
温度なら30度を12個集めることってなんだろう?

同じ呼び方を使う°と℃・・・・本質的にはまったく違うものなのになんだか面白い。
(本来は温度の度は℃とか華氏の°Fとかって書くべきだけど、同じ「度」と読むことが多いのであえて正しくは書かなかった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »