« 過去問はやっておこう? | トップページ | (樹木葬13) 2月の墓参り »

2005.02.14

みんなでやればこわくない

 「ひとりだけ」だったらどうなったんだろう?

<入試集団遅刻>中学生22人が担当教諭の勘違いで 和歌山

 14日に行われた和歌山市の県立和歌山商高の推薦入試で、同市立東中の生徒22人が、担当教諭が試験時間を別の高校と勘違いしたため全員遅刻した。午前9時の集合時間に来なかったため、同高が中学に連絡して分かった。22人は他の受験生と別室で、1時間40分遅れの午前11時から受験した。
 県教委によると、同日午後から入試を行う別の高校が8日、試験時間の確認のために各中学へ送ったファクスを、教諭が県立和歌山商高のものと思い込んだらしい。教諭は9日、22人に「試験は午後から」とプリントで伝えたという。同高は、遅刻による点数の配慮が必要かどうか検討する。

受験した生徒たちは「午後から」と思い込んでいたわけだから、精神的にかなり動揺して受験に望んだんだろうなぁ
物理的には問題がなくても、この精神的な動揺というのが曲者で、解けるはずの問題も解けなくなったりする。
「点数の配慮」が何を意味するのか今ひとつはっきりしないけれど、かわいそうだなぁ

それにしても最近、午後からの入試というのが増えてきているのだろうか。
まだCosの周りではほとんどみられないけれど、中学入試ではそういうところもあるという話も聞いている。

まぁ、公立の推薦入試では午前と午後で別な学校を受けるわけには行かないだろうけれど。

|

« 過去問はやっておこう? | トップページ | (樹木葬13) 2月の墓参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/2929784

この記事へのトラックバック一覧です: みんなでやればこわくない:

« 過去問はやっておこう? | トップページ | (樹木葬13) 2月の墓参り »